ソフトハット

Cimg5031帽子縫うのは久しぶり。
え~ いつも何かとお世話になっている、義母のお友達(爺さん)にってことで。生地は義母の手織りです。
サイドクラウンの上端をカーブさせることで、トップをへこませた形です。ブリムに固めの芯を使ったんやけど、微妙に波打ってしまった。うーん、へたくそだ。

パターンは 「文化ファッション大系 ファッション工芸講座〈1〉帽子 基礎編」を参考にしました。

ベーシックな形からアレンジタイプまで、一通り載ってます。実物大型紙はついていません。
文化出版局からの紹介文は
歴史から作り方まで、どの解説にも写真や図解を多用して、初めて学ぶ人にも帽子の基本がわかるテキスト。難しかったパターンの引き方も、2分の1の作図でやさしく解説。
とあります。
ワタクシ的には大変お薦めの本なのですが、価格が高いからねー。縫製やパターンのレベル・求める情報などは人それぞれなので、興味のある方は一度大型書店などでご覧になってみてください。

07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ

表袖を縫いつけたあとは、ひたすらまつり縫い。
縫い残してあった袖口・身頃裾・裏地袖山をひたすらちくちく。

Cimg4062チャイナボタンは自作。写真の本が安くて(280円)わかりやすいです。

雄鶏社 きっかけ本
アジアンノットのアクセサリー

これを身頃にまつりつけたら完成~ なのですが・・・
私いつも、上前にループ・下前にボタンをつけていたのですが、どうやら本場のチャイナドレスでは上に乗っかる方に釈迦ボタン・下側にループみたいなんですね。
(香港で買ったチャイナドレスの作り方の本で確認しました)
今までのやり方を踏襲すべきか、気づいた以上は修正すべきか、悩んでます。
ああ~ どないしょ~

以下、紐入り共布ループの簡単な作り方など紹介

続きを読む "07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ" »

最近買った本など

ここのところ放置ですみません。

縫い物もしていないわけではないのですが、学校に提出するぞうきんだったりコップと歯ブラシを持って行くための巾着袋だったり、世界に発信するような代物ではないのですよ。ま、普段の仕事もそんな価値があるのかといわれればそれまでなんですが(爆)

なので、最近買った本など。

毎度おなじみミセスのスタイルブック最新号。(文化出版局)
春夏物はすぐに縫えそうな気がして、これいいなこんなんもいいなと脳内ソーイング炸裂。
いったいいくつかたちになるのか。



「平岩夏野の自由な着方ができる服たち―平面から立体に変わるとき」(文化出版局)

本屋で見かけて、面白そうだからつい買ってしまいました。
手織り布を縫うのに、何かヒントになるかなーと思って&洋服はこうじゃないと!という私の凝り固まった概念を打ち砕くのに役立ちそうだったので。実物大パターンを使って何か縫うというよりは、アイディア欲しさの参考資料です。


「かぎ針編みアンダリアのぼうしとバッグ」(日本ヴォーグ社)

あら残念、画像がないわ。
去年アンダリヤで編んだ帽子が思いのほか良かったので、今年も編んでみようかなと思って。編み物は編み図の通りにしか編めない永遠の初心者なのです。

07/03/09 原型からワンピース(試作)

Tシャツを縫うのも飽きてきたので、先日作った原型からワンピースを縫ってみようかな。急ぎの仕事もないし。

入卒用の服のデザインはまだ決まってないけど、プレーンなワンピースの形を作っておけばそこからデザイン展開できるしね。あくまでも試作なのでシーチングで作成。

参考資料

先日の、「ミセスのスタイルブック2005初夏号」にも同じ様なワンピースは載ってるんだけど、何となくこっちを選択。こっちの方がスカートの裾幅が少し広いの。

とりあえず、書いてあるとおりにパターンを作る。身頃はすんなり書き上がったけど、袖の製図がややこしい~ 肘から袖口にダーツの入ったいわゆる1枚半袖なんやけど、なにやら同寸記号がいっぱいでどこを優先させればいいのかわかりづらいのだ。
それでもなんとか書き上げてみれば、袖幅狭っ。私のこのたぷたぷの二の腕にこの寸法はかなりキビシイのではないか?う~んと考えて、袖幅が広くなるように修正。イセが増えるけどおさまるかなぁ?

紙の上で考えていても何も解決しない。とにかく縫ってみる。
地直ししたシーチングにパターンを写し取り、適当に縫い代をつけてカット。ミシンでざっと縫ってみる。
袖のイセ、やっぱり多すぎるなぁ・・・ところどころギャザーのようになりながらもとにかく形にする。

着てみる。(着用写真省略)
なんかモッサリorz いやいや落ち込んでる場合じゃない、何が悪いのかちゃんと見極めるのだ。

バストのゆとりはOK。もう少し少なくしても良いぐらい。身頃のゆとりの割に袖のゆとりが少ない。袖底もう少し下げても良いかな。袖底下げる分袖幅で増やすか。袖イセ多すぎ。山と巾を微妙削るが巾は削りすぎないように。袖丈はOK。肘の位置もう少し高く(ダーツ止まり上げる)。ウエストもう少し絞ってメリハリつけた方がよさそう。ウエストのポイントは少し上げた方が良いか。前後とも、ウエストダーツが長すぎ。ダーツ止まり(下)を上げよう。ウエストは絞っても中ヒップのゆとりは削らないようにライン注意。スカート丈やや短くして軽さを出したい。

とまあこんな感じで修正しようかな。
これでモッサリ感が軽減したら、着用写真の掲載も考えましょう。

ミセスのスタイルブック2007春号


表紙写真を著作権等気にすることなく載せたいというだけの理由で、アマゾンのアフェリエイト契約してみました。
こんなんで小銭稼げるわけないし。つーかそんなつもりもないし。
毎号買っているミセスのスタイルブックですが、隅から隅まで目を通しているのですが、実際本を参考に何か縫うのかというとむにゃむにゃ・・・

【買い物メモ】ミセスのスタイルブック2006盛夏号

060609msbこれ縫いたいなー こんなのも素敵だなー と、妄想を繰り広げるだけの道具になってます。
毎号買ってはいるけど、役に立っているのか言うと・・・うはは。
でも、あとで役に立つこと多いのよね。

【買い物メモ】ミセスのスタイルブック2006初夏号

Ms
中身の確認もせずに毎号買ってます。
自分の服も縫いたいなー

バックナンバーも処分していかないと、本棚が大変なことに・・・

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ