高密度織物縫製対策・糸を変えてみる

今回、保育所の下駄箱カバーを縫うにあたって起きた縫製トラブルのまとめです。
高密度織物縫製対策・針を変えてみるもお読み下さい。

実際のところブツはもう納品も済んでいるので、今更こんなこと検証してもなーと思いつつ、手元にまだ3m50cmほど残った生地もあるわけだし、もうちょっとがんばってみるか。

今回の注目テーマは糸。
私が本番で使った糸はフジックスのふぁじい淡色用透過性ミシン糸50番水色系。まあレジロンと同じタイプだと思ってくれてOKです。
なんでこの糸にしたかというと、
・シャッペスパン#60よりも質感が素材に合っていた
・ある程度の伸びがあるので、パッカリングも起こりにくいと考えた(推測)
・滑りが良いので生地の通りも良いかと思った(推測)
・糸色が合っていた

エイジさんとのやりとりの中で、繊維の突き出し対策として
・新しい針を使う
・針は極力細く、先の鋭利なもの
・糸も極力細く、シリコンも塗布する

という風に教えていただいたのですが、糸に関してはそこまでする必要は無いだろう、というかシリコンオイル持ってないしなー ナイロン糸だから滑りは良いし、あんまり細い糸だと強度に問題があるからなー と、糸の見直し&工夫はしなかったのです。いや、実際はシャッペスパン#60からふぁじい淡色用透過性ミシン糸50番に替えたことで、繊維の突き出しはほんの少しマシになったのですね。それで納得してしまったわけ。

でも、縫いサンプルをいろいろ作っていきながら、突き出しもさることながら、糸調子が安定しないこともずっと気になっていたのです。パッカリング防止にと糸調子をゆるめていたのですが、どうしても上糸がプツプツと裏面に残る状態で、でも下糸はきついわけでなくゆるゆると生地から浮いており、糸締まりの悪い状態。仕方なく上糸の糸調子を強めるのですが、締めても締めてもきれいに縫えない。そのうち縫い縮みも出てくるし。

それでもあれこれいじっているうちに思い出した。針が細いということは、針が貫通して出来る針穴(=ミシン糸が通る穴)が小さい→下糸が引き上げられにくくなり、糸調子が乱れる。デニムにステッチをかけたときもそうやったやんか。針を太くしたら裏側がきれいになった、そうだそうだ。
針幹の細いDB×1NSの8番に対して、滑りの良いレジロンタイプとは言えども50番では太いのではないか。

そして実験。
ミシン糸を、手持ちの中で一番細いと思われるシャッペスパン#90に替えてみました。針はDB×1NSの8番。

結果。(クリックでものすごく大きくなります)
060624mihon
#90,美しいではないか!写真では大きな違いはわかりにくいかも知れないけれど、繊維の突き出しも多少は残るが触ってもプツプツはほとんど気にならない。針穴の状態もさることながら、裏面の縫い目、右二つが斜めに走っているのに比べて、#90で縫った方は縫い目も整っている。
え~ 糸だったの!?糸が問題だったの!?

でも#90じゃ弱いと思うんだよ・・・決して「薄物」ではないからね、この生地。
斯くして、「細くて強い糸」を探してネットの海をふらふら。

そしたら、各社から新合繊対応というくくりでいろいろ出ているのですよ。情報として知っていたはずなんだけど、いざというときに役立たない私の記憶力・・・・それはさておき、有名どころで言うと・フジックス「フィット」 ・モリリンダイヤフェザー「ユウゴ」 ・グンゼ「ファイン・ミュー」「ポリエステル」 などなど。
いずれも共通するのはスパン(短繊維)ではなくフィラメント(長繊維)であること。そして工業用3000m巻きからしかないこと・・・家庭洋裁にはちと厳しいサイズ。試し縫いのために買うのもためらわれるし。
家庭用だと、フジックスが出している「ファイン」が同じくフジックスの出しているフィットと同じタイプのようだけど#50しかないのよね。糸の太さを見ると、#60の方が良さそうなんだな。
それとオゼキ株式会社のミロマルチ。クライ・ムキさんがおすすめしている、ロック糸としても使える細くて強い糸らしいけど、店頭で売ってるのみたことないよ。ロック糸として使うには単価が高いし。興味がないから気がつかなかっただけで、実は身近なところに置いているのかなぁ。

各社それぞれの糸の比較表。数値はそれぞれのメーカーサイトの記載値およびカタログ記載の数値。
(クリックで大きくなります)
060624hyou
今回初めて知ったけど、糸の太さの単位ってデニールからデシテックス(dtex)になっているのね。へーへーへー。
そして、糸に表示されている番手と実際の太さって比例しているわけではないのね。

表にある「繊度」ってのが糸の太さだと思ってもらっていいんだけど、これは糸(繊維)の長さと重さから割り出した数値なので、素材の比重が変わると太さを比べる基準にはならないわけで。だからナイロン糸のふぁじいだけはこの数値を鵜呑みにして比べて良いものかどうかという気はします。厳密に言うと、ほかのポリエステル糸も加工の仕方で微妙な差はあるんだろうけど、まあ一応の目安ってことで。
引張強度(強力)の方も、メーカーによって単位が違うのですが、いろいろ調べまくってCNの数値の約2%増しがgfの数値になる(それぞれの計算方法&単位の意味は不明)ということで、2%ぐらいなら対して気にすることもないだろうと。
空欄の部分は資料に記載されていなかったので想像するしかないんだけど、どれもそうそうかけ離れた数字でないだろうと想像します。
この表を見ると、シャッペ#60よりもふぁじい#50の方が細い。フィット#60はシャッペ#90よりもさらに細いけど、糸の強さはさして変わらない。フィット#50だとふぁじい#50と太さ・強さともあまり変わらない。ユウゴ#60はその構成から見て、フィット#60とほぼ同一と思っても良いかな。グンゼポリエステル#60も良さそうだけど、ミロマルチと太さも強さもあまり変わらない感じ。

というわけで。
細くて強くて入手しやすく後々困らない(在庫・収納)という点で、選ぶとしたらミロマルチかな。わざわざ取り寄せるつもりもないので、見かけたら買ってきて試してみます。
ファイン#50でもシリコン塗布すればきれいに縫えたりするのかなぁ。そのうちシリコーンオイルと供給器も買ってみるか。
もしかしたら糸を替えればミシン針も9号でも大丈夫なのかも。

高密度織物縫製対策・針を変えてみる

今回、保育所の下駄箱カバーを縫うにあたって起きた縫製トラブルのまとめです。

まずは素材を見ていただきましょう。(クリックで大きくなります)
060622sozai
具体的に言うと、第一織物さんのDICROS(ディクロス)という生地です。
マイクロ糸を使用した超高密度織物(メーカー記載)で、コーティングなどによる防水ではなく織り糸の密度を上げることで防水する仕様。高級な傘やレインコートの素材を思い浮かべてくださればよいかと。
写真の通り、超撥水・防水生地です。

で、試し縫いをしたところ、表から見ると美しいのですが裏面にブツブツと織り糸が飛び出し、場所によっては飛び出した織り糸がほぐれたように見えていました。地糸切れか・・・
ここで針を細くし、ニット用に替えてみたのですが(DB×1KN 9番)様子はあまり変わらない。
手持ちの中で一番細い8番に替えてみて、うーん、少しマシになったか。

下駄箱正面からの雨風を防ぐのが最大の目的で、縫い目からの浸水はそれほど気にすることもないだろうと、1枚は縫ってみたのですがやはり納得いかないので、いつもお世話になっている島田ミシン商会のエイジさんメールで相談してみました。

「何か一つの要素だけでトラブルが起きているとは限らないが、、主原因が針にあると仮定するなら、このケースではNSタイプ(パッカリング防止・新合繊用針)をおすすめする」
「生地密度が高く、伸縮はないのですから、ボールポイントにするメリットは考えにくい」

という回答。そういわれてよくよく見れば、糸が切れていると言うよりは糸引け・(裏面への)突き出しが問題の様な気がしてきた・・・でも細かすぎてよく見えない(爆)

ともかく、エイジさんおすすめのDB×1NSの8番と、NSタイプにコーティングを施したDB×1NS ASU9番(化繊用スーパー表面処理タイプ・生地への抵抗値を軽減する効果がある)を注文。

届いてさっそく試し縫い。(クリックで大きくなります)
060622mihon
繊維の突き出しがわかりやすいように、一部糸をほどいてみました。針が細くなると、あきらかに裏面への突き出しがマシになります(無くならないけど)

DB×1 の9番で縫った物と、この中では一番細いDB×1NSの8番で縫った物とを比べてみればその差は一目瞭然。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622mihondai_1

裏面の突き出しが見えやすいようにもう一枚。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622tukidasi
縫い目を山にして折ってみました。繊維の突き出し具合がわかるでしょうか?この写真を見ると、やっぱり地糸切れも起こしてるような気がするなぁ・・・

ついでに、普通の8番とNSタイプの8番を比較。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622hari
肉眼でもわかるくらい、NSの方があきらかに細く、針先も鋭いです。

NSタイプのASU9番(化繊用スーパー表面処理タイプ)は9番ということもありますが、見た目に太い感じ。裏面への突き出しも、生地抵抗軽減の効果が見えなかったので今回はパス。

とりあえず、針幹が一番細いDB×1NSの8番を使うことにしました。
これでも裏面への繊維の突き出しを完全には抑えられないのですが、一番マシってことで。

エイジさんとのやりとりの中で、
・シリコン塗布
・針穴の状態
というヒントも戴きましたが、これについてはまた後日。

*追記*
参考までに、ミシン針の情報を。
オルガン針株式会社 新製品情報
http://www.organ-needles.com/japan/product/index.html
pdfファイルで、NSタイプの針のカタログが見られます。

関連記事
高密度織物縫製対策・糸を変えてみる

リベット&打ち具 レポートその3

・リベット取り付け失敗 その原因と対策
・リベット&打ち具 レポートその2
の続きになります。お読みでない方はそちらを先にご覧ください。


打ち具の加工にチャレンジ。
修正するのはimochoco製(現行のオリジナル品ではなく、CITRON JEANS製と同型のものからえぐりを修正したもの・現在は販売されていません)のほう。
えぐりを浅くするために、高さを削ります。

道具は・・・・砥石。粗砥でok。
打ち具を握った右手をひたすらに往復。
こんなもので削れるんかいなーと疑心暗鬼だったのですが、結構何とかなるもんだ。
Kakou1
比べてみると、結構削っています。何度か試し打ちをしつつ、ここに来るまで30分ほどか。

削っては打ち、削っては打ち、様子を見ながら完璧ではないけれどこれならまあ許せるかという妥協点に到達。
これ以上高さを削ると、キャップがはまらなくなってしまうのだ(えぐりの穴がすり鉢状のため)。中を削る道具は残念ながら持ってないからねー。
Kakou2
ちょっと山高の丸になるけど、変に尖るわけでもなく、触ったときに手に引っかかりを感じることもなく。
ま、しばらくはこれで行きましょう。

今回、屋外で作業をしていたのですが、試し打ちの際にいつも使っている台(メタルプレート)を使わずにコンクリートの上でがんがん打ったら裏面傷だらけ(!)
Kakou3
こりゃイカンと思って、そこらに落ちてた1センチ厚の板を下敷きにして打ったら、板が激しくへこむ&脚の皿部分が脚に押されて山型に変形。
専用のメタルプレート等、必ず使った方が良いですよ~


CITRON JEANS製のリベット打ち具をお持ちで、これを読んで自分でもやってみようと思ったお方へ。
単純に高さを削るだけでは無理です。ルーター等でえぐりの形を修正しないと、そのままでは先が尖った形になります&穴が小さくなってキャップがはまらなくなると思われます。どっちかっつーと削るよりも隙間を埋める方向で考えた方がよさそう。
ともかく、加工はくれぐれも自己責任で。

リベット&打ち具 レポートその2

リベット取り付け失敗 その原因と対策の続きになります。お読みでない方はそちらを先にご覧ください。

先日の記事で検証したリベット&打ち具はCITRON JEANSで購入したものです。今日、imochocoパターンSHOPに注文していたものが届いたので、さっそくレポート。

まず打ち具を比較。
Imo1_3
外観はほぼ同一ですが、えぐりの部分はimochoco製の方が大きくて少し浅い感じ。CITRON製のように穴の奥がとがった感じもありません。これは期待できるかも?

そしてリベット。
Imo2_1
キャップの形はほぼ同じ。CITRON製のほうがやや山が高いか。爪(脚)は材質・形状ともに違っています。imochoco製のほうが先がとがっていて、ハンマーで打ったときの手応えも硬かったです。

さっそく打ってみましょう。CITRONのリベットにimochocoの打ち具を使用。
Imo3
・・・・やっぱり尖るのね。でもCITRON製の打ち具を使ったときよりは、出っ張り具合がちょっとマシのような気もする。

imochocoセットで。
Imo4
ん~~~~~~~~~ 変形はするけど、形状的には全体が持ち上がった感じになったかな。たまたまかもしれないが。先をつぶしてから打ち付けたらずいぶん見やすくなった。
ただし、爪(脚)の材質が硬いので、かなり力を入れて叩かないとうまくつきません。それこそ金床の上ででかいハンマー振り下ろさないと。
それと、私が購入したリベットは「丸無地・ヴィンテージコラードブルー」というやつなんですが、打ち具で叩くとキャップの天辺が打ち具とこすれるのか、ブルーがはげちゃうんですよ。写真でもわかるかな?気になる方は色加工してあるものは避けた方が良いかも。
とまあこんな感じ。

で、imochocoパターンショップさんに問い合わせたところ、やはり私と同じように考えていて、打ち具は店主様自らが加工を施したものだそうです。ベースはCITRON製と同じものだろうという話。
それでもやっぱり満足できなくて、店主様いまオリジナルの打ち具を制作中・近日発売・・・・正直、そっちが欲しかった(爆)注文のタイミングが悪かったなー
まあ、この打ち具も工夫次第でじゅうぶん使えるわけだし。と、むりやり自分を納得させてみる。
どなたか、オリジナルの打ち具のレポートよろしく~

今回買った、imochoco製の打ち具、えぐりが浅くなるようにちょっと削ってみようかと画策中。
平行に高さを削るぐらいなら、うちの道具でも何とかなるかなーと思って。
いろいろやってみてだめだったら、オリジナルを買うとしよう・・・・

---------------------
追記
4/14オリジナル打ち具の販売を開始されてます。
・・・・レポートは無駄だった(がっくり)

リベット取り付け失敗 その原因と対策

まずは状況を見てください
(各写真をクリックすると大きくなります)
Cj1

リベットのキャップ部分が変形しています。
爪(脚)に押し上げられてとがった状態になり、ひどいものではキャップが破れてしまったものもありました。

検証。息子の粘土で、打ち具の形状を確認してみました。
Cj2
写真ではわかりにくいと思いますが、キャップ部分の丸みよりも打ち具のえぐり部分の方が深いです。つまり
Cj3
こういう感じで、失敗に至ったのかなーと推測。

というわけで、対策。
Cj4
爪(脚)の先を、先にハンマーで叩いて平らにしてから取り付けてみました。

結果。
Cj5
ん~ これでなんとか見られるようになったか。微妙に膨らんでるような気もするが。

でも、この「頭をつぶす」やり方も、何度かトライしてちょうど良い叩き具合を会得してからでないと、やっぱり同じように失敗してしまいがち。逆に叩きすぎてキャップがはまらなくなったり、かしめられなくなる危険性もあり。
打ち具を修正するのがベストなんだけど・・・ さすがに金属加工はねぇ。何でも作るたなか家でもちょっと無理。隙間を埋めるにしてもある程度の堅さは必要やし。
義母のお友達で、こういうのやってくれそうな工場があるにはあるんやけど、さすがにそこまではなー。

別のネットショップで、違う打ち具とリベットのセットを見つけたので注文してみました。
届いたらまた検証してレポートします。


関連記事:リベット&打ち具 レポートその2

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ