はさみ研ぎに出しました

タイトルの通り、はさみを研ぎに出しました。
お店は持ち込みできる近さで評判の良さそうなところをネットで探して決めました。

打刃物工房   源利平  山東

Dscf5051出したのはこの3丁。先週の金曜にお店に持ち込んで、今日配達されてきました。

上の裁ちばさみは専門学校入学の時にセットで買わされたもの。セット購入だったので値段はわからないけどあんまりいいものじゃないと思います。12~3年前に一度だけ研ぎに出したことがあるのですが(スーパーに車で出張してくるような店)、あんまり良くなったという印象はないです。下の、新しい裁ちばさみを買ってからはセカンド扱いで、厚手の布を切るときに使ってました。最近さびが目立ってきたのと、要のねじが緩んで布を噛むようになってきたのが気になって、研ぎに出したいなと。

下の裁ちばさみは15年ぐらい前に買った庄三郎のステンレスタイプ24センチ。現状、特に切れ味に不満はないけれど、何度か落としたことがあるのと、いちど刃先でシルクピンをかるく噛んでしまったことがあって、よーく見ると小さな刃こぼれがあるの。

真ん中のはクラフト用のはさみ。アルスコーポレーションのクラフトチョキ。5年ぐらい前に手作りフェアーで買ったのん。切れ味良くて愛用してたんやけど、次男が勝手に使ったあと全然切れなくなって、ものは試しに持ち込んだら「研げますよ」って言ってくれたのでお願いしました。

一番状態の悪かった裁ちばさみのビフォーアフター。
Dscf5047
ご覧の通りぴっかぴか。
気持ち、厚物用に調整してもらいました。しばらくこれ使って、そのうちもうちょっといいはさみ買うつもりで~
ほかの2本もいい感じで仕上がってました。
はさみと一緒に、お手入れ用の油を入れてくれてました。発送しましたメールにお手入れ方法の記載有り。親切です。

研ぎ賃は元のはさみの状態にもよるのですが、今回は上から1600円、600円、1200円ということでした。返送用の送料が350円(エコ配利用)、しめて3750円なり。満足です。

難を言えば・・・
はさみは刃先を新聞紙でくるまれて、さらに全体を新聞紙で包んで返送されてきたのですが、真ん中のクラフトチョキ、新聞のインクが移ったのか砥石の粉がついたのか黄色いボディが全体に黒ずんで戻ってきました。そこがちょっと残念。
切れ味は素晴らしいほどによみがえってたんですけどねー。


お店で良いはさみ見せてもらって、物欲がむくむくわいてちょっと困ってます。


回転三巻ラッパ使用レポ

Dscf4490買っちゃいました!回転三巻ラッパ。
購入先は安藤ミシン商会楽天店

商品はこちらの4mm巾。
先日のミシンショーで実際使わせてもらって、ものすごくよかったので、かなり高かったけど思い切って買っちゃいました。
複雑そうに見えるけど、ミシンへの取り付けは大きめのネジひとつでOK。あとは試し縫いして巻き具(?)の位置を微調整すれば良いのです。

今回は写真大きめ&多めで行きます。
本当は動画がアップできれば一番いいんですけどねー。

続きを読む "回転三巻ラッパ使用レポ" »

別付けミシンライト(老眼対策)

最近老眼傾向にあって、どうも黒や紺の生地を扱うのが辛くなってきました。特に夜は。
私の愛用ミシン、TL-82には内蔵のランプが付いて無くて、別付けのライトをミシン本体背面から短いアームでつけているのですね。(写真参照

このライトがくせ者でね・・・・
購入当時は「ふつうの電球」が付いていたのですよ。若いときは別に手元の明るさなんて気にしなくても昼間は天井蛍光灯だけで問題なかったし、あえてつけないということもありました。電球独特のオレンジっぽい色合いが好きじゃなくてね。夜は別。電球とはいえつけた方が見やすい。でも電球だから傘が熱くなるのね。課題に追われて縫い物をしていたある夏の日の夜、この電球越しになにかを取ろうとしてノースリーブの二の腕内側をこの電球の傘にじゅっ・・・・ぎゃーーーーーーーーっ!みるみるふくらむ直径3センチの水ぶくれ。そんなこともありました。

その後しばらく縫い物をしない時期があって、結婚して子供が生まれてまたボチボチ縫うようになって、電球はより明るい「電球型蛍光灯」になりました。替えた直後は感動的な明るさでした。

でも、もうそれでも物足りなくなってしまいました(涙)縫うだけならまだなんとかなっても、それをほどく羽目になったときのつらさといったら・・・


Dscf4432それで、最近別付けのLEDミシンライトがある事に気がついて、一通り逡巡したあげくに買っちゃったわけです。
購入先は楽天のミシン屋さん(シモムラミシン)商品はこちら
基本的に工業用ミシンにつけるように出来てるので、コンセント用のプラグじゃなくてスイッチの所に接続するようにY字端子がついてるのん。オプションでプラグつけてもらったけど、写真を見ればおわかりのようにかなりザッパーな出来上がりで、この写真を撮ったあとオット(電気工事士免許有り)が美しく直してくれました。

Dscf4458ミシンにつけたらこんな感じ。TL-82の頭部は鋳物なのでマグネットでぺたっとくっつきます。背後からアームを回して手元を照らすようにしました。
でもね、LEDってピンポイントでその場所が明るくなるので、元々ついていたライトの代わりになるほどの力はなかった・・・これひとつでじゅうぶんって訳にはいかなかったのだ。ちょっと当てがはずれた・・・
それでも併用することで針落ち位置がずいぶん見やすくなって、夜の濃色縫いもずいぶん楽になったわ!でも時々、左手がライトに当たるんだよね・・・
そして、元々のコードの長さが短いです。普通にプラグでコンセントにさすなら(位置にもよりますが)延長コード必須です。

そして先日行ったミシンショーでもっと都合のいい素敵なライト発見!
Dscf4461_2見てこの小ささ!この小ささで針落ち位置の真上につけられるから邪魔にならない、LEDの玉数は3つしかないけど、ほぼ真上からピンポイントで針落ち位置を照らすから、これまでのライト併用でじゅうぶん明るい。しまったこれがあるのを知っていたらあれ買わなかったのに(爆)しかもこっちの方が安い(ミシンショー価格で3000円でした)
いろいろ迷ったけど、ココでしか買えなさそうだったので買いました・・・

Dscf4463ミシンに取り付けたらこんな感じ。手元スッキリ♪

ただ、これもやっぱり工業用ミシンにつけること前提なので、このコードの先にはジャックが付いていてセットのスイッチボックスに差し込み、スイッチボックスからのコード(短い)の先はY字端子です。プラグと延長コード必須。
私はスイッチ付きの延長コードにして、上のライトと手元ライトを一緒につけたり消したり出来るようにしました。

ライトの頭部は裏側に弱めのマグネット。開発段階で強力マグネットをつけたこともあるけれど、取り外しの際に外しにくいとどうしてもコードを引っ張る→断線しやすいということで、あえて弱めにしてあるとか。縫ってるとき、何かの拍子で手や布が当たるとずれます。その程度の接着力。

購入先はこちら。サイトはないみたいです。
株式会社 富栄商会
大阪府守口市梶町1丁目57-7
E-mail tomie@chorus.ocn.ne.jp
Tel (06)6904-7035
Fax (06)6904-7088

あ、最初に買ったLEDライトは別宅の工業用ミシンにつけてもらいました。決して無駄にはしてませんよ。

畳へり26巻目(シャーリングバッグ)とクラフトグローブ

出来上がりは21巻目と色も形もおんなじなので、写真は省略します。

Dscf4140ちょっと前に買った新兵器、クラフトグローブ(クロバー)。なんでこんなの買ったかというと、がまぐち作っているときに紙紐押し込むのにハメネン使ってて勢い余って左手指をザックリ→流血というのが何度かあったから。軍手とかホームセンターで扱ってる作業用の手袋とかも検討したんやけど、指3本分だけってのが良さそうと思ったのと、革だからなじむし丈夫かなと思って。
SMLの3サイズあって、パッケージ外側に指を当ててサイズを選ぶ目安が書いてあるんですね。ワタクシ手が小さめなので、SとMの丁度中間あたりで、どちらを選ぶか迷って迷って、きっと伸びるだろうからとSを選んだのですが・・・・私、手が小さくて指は短いけど決して細くはないのよね(爆)Mにしておけば良かったかかも~ でもフィット感はばっちりだ。

そして何故畳へりの記事にこんなものを紹介しているのか。前回(21巻目)の縫製時、ギャザー寄せで糸を引っ張るのに指に巻き付けて引っ張り続けたもんだから痛くて痛くて、擦れて水ぶくれが出来たのですよ。今回このグローブをした指に糸を巻き付けて引っ張ったら全然痛くなーい!今回はギャザー寄せやすいように糸調子もあからさまに上下差をつけたし、糸引っ張るのも痛くないし、まあ手間は手間やけど前回みたいにもう2度とやりたくない程大変、って事はなかったです。でもこの形のオーダーはもう受けません。


シャッペスパンサンプル帳

Cimg3805定番のミシン糸、シャッペスパンのサンプル帳を買いました。
糸を買うのに、生地を持って行って乗せてみるのがベストなんやけど、いちいち生地持ち歩いてらんないってのと、店によってはサンプル帳が無くてビニール巻いた糸駒乗せるしかない店もあるし、家で色番決めてメモして買いに行くのが一番楽なのよ。
数年前に入手して便利に使っていたのですが、その後シャッペの色数が増えたので、このたび新調。だって、200色が300色になってんのよ~
Cimg3806上が今回買った300色。下がこれまで使っていた200色。
だいたい各色系統まんべんなく増えた感じです。

ただ、300色の中から選んでも、300色すべて取り扱っているお店がね・・・車に乗って、北に40分走るか南に25分走るか。田舎は辛いわ~

購入店:cotton field
ふちどりテープと、芯地を買うついでに注文しました

七彩 FairLady(9A)(17AB)

Body勤め人時代からの愛用ボディ。
退職後、会社で体型の見直しがあり、それに伴って従来のボディを処分することになり、その時に格安で譲ってもらいました(1997年)。
他社のものと比べ、腰骨や肩胛骨のあたりが張っていて(実際の人の体型に近いということ)ものづくりの面から言えば「使いにくい」、できあがった物は「着やすい」という、なんともめんどくさいヤツです。

2003年にはLサイズも仲間入り。首のところに13(size)と書いてありますが、実はJIS規格17ABなのです。
首を前に倒した会社別注品です。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ