ふらっとろっく 縫い終わりの始末

私はいつもこうやってます。ご利用は自己責任で。

Img_1776
縫い終わり、筒に縫っている場合。
3センチ~5センチ重ね縫いして、針を上げ、押さえも上げる。

Img_1777
針糸を手前に引いてゆるめる。押さえが上がっていないと糸調子皿が開かないので、必ず押さえを上げてから糸を引いてください。
(ちょっと多めかな、ぐらい)


Img_1779
布をそのまま向こう側に引き出します。(このために上糸のゆるみが必要)
ちょっと力がいります。ちょっとだけ。


Img_1781
上糸2本をカット。身頃の際で切っても大丈夫です。もちろん手前でも。


Img_1782
そのまま身頃を引くと、糸端は勝手に裏側に引き込まれます。

Img_1783
上糸の長さに揃えて下糸もカットすると、あとの作業が楽です。
あとは裏側で3本まとめて一結びして、糸端を縫い代の中通してカットしてます、

縫いはじめの糸については、鎖編みが編み始めからほどけないのと一緒で、際でカットしても大丈夫だと思います。たぶん。重ね縫いもするし。

もっといい方法があれば教えてください~


08/09/01 雑巾の縫い方

本日新学期スタート。小学生の息子に雑巾2枚持たせました。
最近は買う人も多いでしょうが、私は縫います。なんか負けたような気がして、買うのはイヤ~

雑巾の基本は使い古しのタオルなのですが、学校に提出して積まれると、買ったもの=新品との差が歴然と出て、なんかやっぱり負けた気分になるので・・・頂き物の「○○商店」とか「○○株式会社」などの社名入り粗品タオルを使用。

「雑巾の縫い方」で検索するといろいろ出てきますが、やっぱり4つ折りが多いみたいですね。
タオル4つ折りにすると厚みも出るので、家庭用ミシンだとかなり縫いにくいのですが、以下のサイトでうまい縫い方が紹介されてました。
<参考>
USAKOの洋裁工房内の記事 雑巾の縫い方

ですが、分厚いと乾きにくいし、小学生には絞りにくいかなと思って、学校提出用の雑巾はフェイスタオルを半分に切って二つ折りで縫ってます。
半分に切ったところの切り口を折り込んで、三つ折りの端と重ねて縫っているのですが、今回いろいろ調べたところ、タオル端(短い辺)の三つ折りステッチをほどいて切り口を包んで
しまうというやり方もあるようです。端が薄く仕上がるのがよいですね。

ここらへんは好みで決めれば良いかな。

さて、縫い方。


続きを読む "08/09/01 雑巾の縫い方" »

08/03/05 裏地裁断&縫製

Cimg4308やり方は人それぞれだと思いますが、裏地の裁断に関しては「ロータリーカッター」を激しくオススメ。
裏地はパーツごとに粗裁ちして、軽く地の目を整えながら空アイロンをかけ、生地幅を二つ折りにして折り山もびっちりおさえてしまいます。カッターマットの上に縦横地の目を通して乗せ(カッターマットに方眼が書いてあるとラクチン)縫い代付きのパターンを置いて文鎮で押さえ、ロータリーカッターでカットします。
右利きの方は、基本右回りで。(パターンが左、切り落とす側が右になるように)
あ、はさみの時は基本左回りね。(生地の持ち上がり=ズレが少なくなるように)

粗裁ちをすると生地ロスが大きくなるのですが、扱いがグンと楽になります。ちょんと切り込みを入れて、裂いて地の目を通してください。

Cimg4309裏地にノッチを入れるときは、釦ノミを使ってます。はさみだとほんの少しでも刃先で生地が持ち上がって微妙にずれるのよ。深く入れすぎたり短すぎてわからなくなったりするし。釦ノミいいよー。

それにしても凄い錆。専門学校に入ったときのセットだから、かれこれ24年ものか。久しぶりに研ぐかな~

ボチボチ縫いかけて、裏地は服の形になりました。表地はポケット縫っただけ。
明日どーんと縫うで~

見返し裾にキセを入れる

以前にも出来上がり写真だけ載せたことのある「見返し裾にキセを入れる」その方法をご紹介します。

続きを読む "見返し裾にキセを入れる" »

どんでんの話

どんでん・どんでん返しといえば、歌舞伎の舞台転換や瞬間的な逆転劇を想像される方も多いでしょうが、ここでは洋裁における「どんでん」の話。表身頃と裏身頃の、周囲ぐるりを縫ってひっくり返すアレです。

何年か前に、当時管理していたBBSでアンケートを取りました。その時の回答がものすごく参考になったので、俺様メモも兼ねてここに転記します。雑談部分は省いてます。
(一応仮名にしておきますが、転記されちゃ困る~って方はご連絡ください)

総裏のジャケットを縫う皆様に質問。
どんでんの返し口はどこに作ってます?どの部分を手まつりで仕上げてます?
ちなみに私は、袖口および裾での表地・裏地の縫い合わせはミシンで、身頃裾は袖ぐりから引っ張り出してまつり縫い。袖ぐりは手まつりで仕上げてます。
(その後いろいろ思うところあって、今は裏地袖ぐりもミシン縫いです。返し口は身頃裾。)

以下お答えくださった方々の代表的なご意見。(2004年11月当時)


 

続きを読む "どんでんの話" »

07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ

表袖を縫いつけたあとは、ひたすらまつり縫い。
縫い残してあった袖口・身頃裾・裏地袖山をひたすらちくちく。

Cimg4062チャイナボタンは自作。写真の本が安くて(280円)わかりやすいです。

雄鶏社 きっかけ本
アジアンノットのアクセサリー

これを身頃にまつりつけたら完成~ なのですが・・・
私いつも、上前にループ・下前にボタンをつけていたのですが、どうやら本場のチャイナドレスでは上に乗っかる方に釈迦ボタン・下側にループみたいなんですね。
(香港で買ったチャイナドレスの作り方の本で確認しました)
今までのやり方を踏襲すべきか、気づいた以上は修正すべきか、悩んでます。
ああ~ どないしょ~

以下、紐入り共布ループの簡単な作り方など紹介

続きを読む "07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ" »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ