« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

畳へり 94巻目(横長トート)

Img_2849


畳へり 93巻目(ラメトート)

Img_2847


裏起毛カーディガン(没)

Img_2845身頃縫い合わせて袖付けて服の形になったところでウキウキはおってみたら、目眩がするほど似合わなくて投げ捨ててやろうかと思った。
でも思い直してとりあえず見返しもつけて服の形に仕上げて、友達に押しつけた。ボタンホールは自分でしてくれたまえ。

何が似合わないかというと、まずサイズが小さかった。有り型からの展開だから大丈夫だと思ったんだけど、生地の厚みと伸びの小ささとが相まって、2サイズ小さいぐらいの出来上がり。さらにこの大きいランダムな水玉が、私が着ると非常にモッサリするんだよ・・・
たとえサイズがOKでも、部屋着にするのもはばかられるモッサリ具合に目眩がしそうでした。

いろいろと勉強になりました。


レオタード久しぶり

Img_2841前に縫ったレオタードのサイズアップ。
生地巾に同じ柄が3パネル入ってて、それを2丈分購入してらしたので全部で6パネル3着分の布があるわけで、今回このサイズで2着縫って(1着はお友達の分)めでたく使い切り。


手織り布でシャツジャケット

Img_2834最近は新規でパターンを描くより、前に縫ったものをベースに修正してパターン作成ってのが多いです。
これもそのパターン、ベースはずいぶん前に縫ったものでブログ記事もあるはずなんだけど探しきれなかった。見つけたらまた追記します。

元パターンから衿の形を修正、クライアントさまに合わせて袖丈追加・背中の丸みカット、袖口タックだったのをギャザーに、袖をたくし上げやすいようにカフスの内側にゴム仕込んでみました。
衿とカフスは緯糸色違いのところで裁断。


手織り布(千鳥柄)でかぶりチュニック

Img_2826ベースはこないだ縫ったコレで、着丈カット・裾巾さらにカット・袖丈はとれるだけ長く、とのご依頼。前後中心接ぎで、脇線に地の目通してます。

平織りなんだけど、経糸をセットするときに2本ずつ色を交互に入れて、緯糸も2回通すごとに色を変えて織ると千鳥柄になるのです。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ