« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年総括

これを書くために去年の総括を見直してきた。

進歩がない(汗)
毎日縫ってないし安請け合いしてるし断れないし納期の読みも甘いし。自分のなかで決めた納期も守れなかったし。

えーと、今年全般振り返ると、ムラのある年だったなぁと。
縫うときはものすごく縫ってるけど、かろうじて1枚だけ、って月もあるし。もうちょっとまんべんなく、それでもクライアント様あってのお仕事だから、手の空いているときには自分や家族のものを縫いたいな。

今年は5月にMe-Made-May’13に参加したのが自分のなかでの大きな出来事。縫うことと着ること、自分のなかでつながったような気がする。うまく表現できないけど。

ブログ記事には書いてないけど、お直しの仕事がわりと多くて、ほどくことが平気になったというか何とも思わなくなったというか、苦手意識はなくなったな。なめらか目打ち(クロバー)の効果もあると思う。

時間の使い方がへたくそすぎ。特に今年は午前中の時間をだらだらと無駄にすごしてしまうことが多かった。もうちょっと効率よく仕事を進められるように、仕事の段取りを組んでいきたい。縫い始めると家事が滞るのも問題。作業の切りにいいところまで、じゃなくて、時間で区切った方がいいのかもしれない。

夏休み以降はブログの更新も途絶えてしまってすみません。ケータイで写真撮ってツイッターにアップしたらなんかそれで納得してしまっている部分もあるような気がする。昨日一昨日でだいぶ埋めたけど、12月分のブログ記事は年明けに書きます・・・

そんなこんなでこの総括も年が明けてから書いている始末。
みなさま見捨てないでね。
来年もダーリンミシンをどうぞご贔屓にー

ベストの残り布で帽子

Img_2793_4
写真左上:SPACEハンチング(52センチ)
写真右上:NYハンチング COMPACT(55センチ)
写真左下:Handsomeハンチング(60センチ)
モデルはチンアナゴくん(*^m^)

元々はクライアント様の息子さんにベストを縫って、残り布で息子の子供たち(孫)1歳4歳男児に何か、ってことでハンチングタイプの帽子を縫ったんだけど、まだ生地が残っててね。クライアント様に相談したら、その息子さんが帽子が大好きで常に帽子をかぶっているとおっしゃるのでそれならばと、さらに違った形のハンチングで親子3人お揃いにしてみました。
久しぶりに帽子縫って楽しかったわ~


手織り布で紳士ベスト

Img_2782これで年内のベストノルマは終了。
やっぱり見所は特にありません。
珍しく生地が多めに用意されていて、残った生地で4歳1歳男児の何か(おまかせ)縫って欲しいってことだったので、たくさん残るように見返しと袖ぐり始末は別布を使用。


手織り布でプルオーバー(チュニック)

Img_2774写真ではシルエットがうまく出ないなー。
Aラインのチュニックなんだけど、生地がしっかりしてるのでパンと開いた形になっちゃった。
細身のパンツやレギンスと合わせると可愛いなと思う。


手織り布で紳士ベスト

Img_2771先月からベストばっかり縫ってる気がする。
さらに年内にあと1枚縫わなくちゃです。

有り型だし見所は特になし。


裂き織りでベスト2着

Img_2749留袖をほどいて切って織った生地。柄の部分をどう使うかがポイントなんだけど、前身頃の上半分バージョンと下半分バージョンで仕立てて見ました。
個人的には上半分バージョンの方が好み。

上半分バージョンには黒い部分でパッチポケット、下半分バージョンは柄行きの邪魔にならないようにシームポケットを付けました。


手織り布でじか裁ちコート2

Img_2739こないだ縫ったじか裁ちコートと手法は一緒。
「前は突き合わせにして、フリンジにしたい」というご希望。かなり太い糸で織られた分厚い生地で、縫いしろ始末に難儀しました。

何をどう間違えたのか、袖付けの切り込みを入れすぎて、しょうがないので小さいマチを作る形でリカバリー。
多少の失敗にも動じなくなってきました。失敗しないのが一番なんだけど。
じか裁ちはもっと慎重に取り組まないとダメだ。

これも前回と同様、要尺きっちりしか用意されてなくて、あああと20センチあればポケットついたのに・・・と残念無念。
前回のより生地幅が狭かったので、袖の長さは接いであります。

Img_2744フリンジ部分アップ。横地に裁ったウールニットをたたきつけてます。
糸が太いのでほぐしやすかったわー


キルティング小物(スマホケース)

Img_2737ここのところ小物づいていて、ちょっとコツをつかんだような気がしてきてる。
(たぶん気のせい)

水筒ケースとバチケースを縫った残りで、スマホケース。依頼されたのは一つなんだけど、仕上がり直前にサイズが小さいことが判明して、新たに大きくして縫ったのが写真右側、せっかくなので仕様を簡単にして仕上げておまけとして差し上げたのが写真左側。
本依頼品にはショルダーひももセット(おまけにはナシ)。
もともと中学生の娘のための依頼で、おまけはお母さんが使ってくれたらいいやと思ってたけど、高校生の姉のスマホにピッタリサイズだったらしく、ケンカにならずに結果オーライだったみたい。ショルダーひもは姉に取られたとか。

縫ったものそれぞれ見てもらえればおわかりでしょうが、生地の縦方向に大きくボーダー状に柄が配置されていて、どこを使えば無駄なく裁断できるか柄行きが可愛くなるか、けっこう頭を使いました。せーので裁断じゃなくて、一点一点パターン描いて裁断していったのでなおさら。

あと写真はありませんが、ボタンあきの小さなポーチと、生地幅いっぱいの正方形の敷物的なもの(の周囲バイヤス始末)も縫いました。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ