« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

着物地でフレンチ袖ブラウス

Img_2618
ほどいた着物の、たぶん片身頃だけ渡されて「これで何かかぶって着るブラウスにして。デザインはおまかせで」というご依頼。
こういう「あるだけでなんとか」系のご依頼、ほんまに多いです・・・

派手柄だし普通に前後中心で接いでシンプルなブラウスにしても良かったんだけど、ちょっと凝ったことがしたくなって肩線と脇線裾にシャーリング寄せました。

デザイン(ディテール)は本から拝借。
「涼を着る―素肌に優しい布で作る服」(柴田由美子・著)のa.スラブローンのシャーリングブラウスからいただいたけど、ベースのパターンは自分で描いたような気がする。実物大パターンの何が気に入らなかったのかもわからない。
(すみません、記憶が曖昧なのです。縫ったのは8月だけどこの記事書いてるのは12月29日なので。現物ももう手元にないし)
なんかいろいろとすみません。

Img_2623
肩線はゴムを仕込んだような記憶が。脇の裾はスリットを作って共布バイヤスひも(中縫い)を通したような(曖昧)


久しぶりにリンクも貼ってみよう。でも絶版みたい。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ