« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

出産祝いその3(お尻ふきケースとおむつポーチ)

Img_2611ベビー用品世界から10年離れている間にいろいろと便利な物が出てるのねー。

ウェットシートの袋に直接付けられる、貼ってはがせるフタ・Bitatto(ビタット)をラミネートの生地に貼り付けてます。
貼ってはがせるフタなので、もちろんラミネートからもはがれます。まあ汚れたり割れたりしたら適当に新しいの付けてもらえばいいかと思って、ボンドやカシメで固定するのはやめました。フタカバー的な布も無し。
好みがわからないので2パターンの柄で大小縫ってみたけど、どちらも微妙に外している気がします・・・

Bitattoはトイザらスで買いました。おしりふき売り場にどっさり置いてありました。
ベビー用品関連だけじゃなくて、ウエットシートは掃除用でもたくさん出てるからもっと宣伝すればいいのにと思いましたよ。

Img_2613で、ナーシングカバーとおしりふきポーチをお届けして、黒猫水玉柄の方をチョイスしたので、そちらの柄でおむつポーチも作成。

形はPeachmadeさんの無料パターン
いろいろ迷ったあげくにBitattoの穴あけて、外からおしりふきが出せるようにしたった。
これが使いやすいかどうかはわからない。まあとりあえず使ってもらって、あかんかったらまた縫うし。


出産祝いその2(ナーシングカバー)

Img_2604
出産祝いその1を渡したときにお話聞いてみたら、あふれんばかりに母乳が出る・授乳ケープ欲しいと言うので縫いました。
私が授乳していた12年前はこんなの無かったわー。
フォロワーさんに「授乳ケープがオススメ」って教えてもらって、いろいろ検索して勉強して、こんなん出来ました。
授乳しながら赤ちゃんの顔が見られるように、胸元にはワイヤー(テクノロート)が入ってます。1本ではちょっと細い感じだったので、筒に縫った布をステッチで二部屋にわけて1本ずつ通したものを差し込む形で入れてあります。

Img_2607巾着縫うかくるっと丸めてまとめるタブ付けるかどうしようか考えたけど、結局シュシュ的なものを縫って丸めて止める形に。好きにたたんで丸めて止めてくれ給へ。


出産祝いその1

Img_2598
オットのいとこに赤ちゃん誕生~ で、お祝いはもちろん現金なのですが、せっかくなのでおまけを縫いました。
息子らがベビーの時に便利に使っていた形。夏は一枚で、寒い時期はお腹の出ない肌着として重宝したのよー。
首が据わって、お座りが出来るようになったら前あきじゃなくてかぶりに、袖付けもラグラン切りかえにして、サイズアップしながらたくさん縫って着せたわー。ああ懐かしい。
当時は金属のリングスナップ付けたけど、いまはおうちでもプラスチックスナップ付けられるプライヤーがあるのね。初めて使ったけどいいわコレ。簡単で失敗無し。スナップがもうちょっと安く買えたらいいのにな。

プリントのパイル地はこれまた便利に使っていた足つきおくるみぬおうとおもってたんだけど、生地とパターン広げてみたら全然足りなかったのでバスローブ縫ってみました。パターンは長男1歳半の時に縫ってやったコートから。ラグラン切り替えのパターンで作ったけど並べてみたらどうやっても入らなかったので普通の袖付けに戻した。
前あきはスナップテープ。サイズ的には2歳半ぐらいまでは着られそう。

フォロワーさんにいろいろ聞いて、授乳ケープ(ナーシングカバー)がいいよ!って教えてもらったけど、おっぱい出てないと使うこと無いので本人に確認してから縫う。(生地は用意した)

着物ほどいて総裏パンツ(ミセス)

Img_2590
普通、着物地の幅は36センチ~38センチぐらいあるんだけど、この生地、ほどいて洗ったら30センチほどに縮んでしまったそうで、なのでどこか見えるところに接ぎ目を作らねばならぬ。
パターンと生地を並べて接ぎ位置を決める。我ながらわりと上手いことおさまったと思う。
着物に使っていた裏地も使えたら、って一緒に預かったけど、アイロンかけてみたら静電気がひどくて使えねー!で、手持ちのキュプラ使用。
ベルトは後ろ脇ゴム入り。みせすみせすー

夏のワンピース(あっぱっぱ的な)

Img_2595
「こんな形にして欲しいねん」って預かったのは薄いコットンジャージのゆったりワンピ。渡された生地はバッグ縫うような綿麻混のプリント。

うーん。

とにかく条件を確認。
「すぽっとかぶって着られるワンピース」「一枚で着られる」「キャップスリーブ」「前にポケット二つ・後ろに一つ」

キャップスリーブのワンピ、ってことでもうIrisしか思いつかない。Irisベースで補正して作りたいんだけどたまねぎ工房のパターンは商用不可。そこで店長に相談して、「クライアントさまが買ったパターンを私が縫製する」という解釈で、パターンを購入して縫いました。

自分用に縫ったワンピを、ファスナーを開けずに着られるか確認して、なんとかOK。後ろダーツを省くのでもうちょっと楽に着られるはず。クライアントさまは9号だけど大きめサイズをチョイスしておく。後ろのデザインは無し。衿ぐりが大きく開いているので明きが無くても大丈夫そうだけど、一応涙明きを作っておく。

2パターンの布を預かったので、とりあえず1枚作成、OKもらってもう一枚作成。
雑貨作るような布だったのでどうなることかと思ったけど、けっこう可愛くなったわ-。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ