« 自由な曲線のストール | トップページ | たまねぎ工房 Heather/ヘザー(後ろ下がりプルオーバー) »

たまねぎ工房Origa/オリガ(入学式対策)

Dscf5397たまねぎ工房
Origa/オリガ(ノーカラージャケット)

入学式前日に何とか出来た(汗)着用後なのでシワシワすまん。
9号ボディに着せてはいますが、もちろん9号ではなくて42(JPN13)から着丈カットとと袖丈は7分袖までカット。肩幅が心配だったのでシーチングで組み立てて着てみたけど、袖山にダーツが入って肩の丸みを出しているのでそこはOK。反身体補正といかり肩補正、バストのゆとりを少々追加してダーツ位置をやや上げた。

シーチングの段階で、前身頃にダーツを入れるかパネルラインで切りかえ入れるか、要はウエストを絞るかどうか迷ったんだけど、時間もないしそのままGO!

身頃のパターン補正のあと、裏地パターンも同様に操作しようとして気がついた。この裏地パターン、ゆとり分の操作してるよね・・・手順書にキセ分の指示ないし。
しまったなー表地パターン切り刻む前に裏地パターンと重ねてチェックしておけば良かったなーもう一回出力して切り貼りするのはやだなー

というわけで、裏地パターンは表地補正パターンから自作。たぶん大丈夫だと思う。裏やし。
裏はこんな感じ。
Dscf5391身頃裏はルシアンのコットンプリント。袖裏は滑りのいいキュプラ。縫い代始末は4つ折りバインダー(5.5mm)が大活躍。バインダー始末のために裏地にコットンを選んだと言っても過言ではない。縫製指示は後ろ中心と見返し端のみくるんで始末だったけど、バインダー出したついでなので脇線もバインダーで始末。裏もすっきり♪

縫製は簡単でした。縫い始めたら半日で出来るぐらい。
指示はなかったけど袖山に裄綿入れてます。
前中心突き合わせで、一番上とバストラインあたりとウエストラインあたりの3カ所にスプリングホックつけてます。

スカートはとにかく簡単にできるものを、ってことで、ミセスのスタイルブック(2013春号)からヨーク切りかえ前後2枚のセミタイト(ベンツ不要)をチョイス。スケジュール的に仮縫い無理だったので、お直しが楽なように後ろ中心接ぎのファスナー開きに変更。身頃縫い上がってはいてみたら、何を間違ったのかぶかぶかで、両脇でトータル6センチ詰めた。想定内だったので泣いてないよ!(負け惜しみ)


Dscf5399生地アップ。
インドコットンみたいな、フォーマル感の薄い生地。ちょっと光沢のある縞でなんとか取り繕った感じ。
2mのカットクロスを買ったんやけど、広げてみたら生地傷がいっぱいあって裁断に苦労しました。


« 自由な曲線のストール | トップページ | たまねぎ工房 Heather/ヘザー(後ろ下がりプルオーバー) »

コメント

さすがたなともさん!
お急ぎで作ったなんて欠片も思えないほどすんばらしい出来栄え(*´д`*)ハァハァ

★蜜柑さま

ありがと!俺がんばった!
息子らのそれぞれの入学式で2回着用しただけで
あとはタンスの肥やしになりそうw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/57264643

この記事へのトラックバック一覧です: たまねぎ工房Origa/オリガ(入学式対策):

« 自由な曲線のストール | トップページ | たまねぎ工房 Heather/ヘザー(後ろ下がりプルオーバー) »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ