« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

ファッションリフォームたなか

最近お直しが多くて、ほどくことに抵抗が薄くなってきました。
というわけでタンスの肥やしをリフォーム。

Dscf5421

ボディに着せてるとよくわからないでしょうが、正方形の身頃に細い袖が付いたような形で、細いパンツと合わせたらカワイイかなと思って買ったんだけど、恐ろしいほど似合わなかったのです。
なんていうか、樽みたいになった(;´д`)トホホ… 太ってるから太って見えるのは仕方ないけど、ちょっとないわーそれはないわー ってぐらい太って見えたのですヨヨヨヨヨ

なので無難な形にリフォーム。大きいものを小さくするのは楽勝♪
元々は脇シームポケット(袋布は身頃貼り付け)が付いてたんだけど、面倒なので再現無し。30分ぐらいで出来たわ。もっと早くすれば良かった。


手織り布でAラインチュニック(やや小さく)&ベスト

Dscf5411_2
先日縫ったこれが評判良くて、別のクライアント様2名からオーダー有り。久々のヒット作♪
サイズが違うので同型では縫えず、1.5サイズ分ぐらい小さくグレーディングして着丈も短く修正。柄の流れを壊したくなかったので、ポケットは脇シームポケットに変更。

Dscf5415左の布の残りでベスト。残りなので身頃もポケットもツギハギ。見返しも別生地です。

右の布の残りでもベスト頼まれてるんやけど、ちょっと少ないのでデザインをどうするか検討中。

飽きもせずよこしまな女

Dscf5409この手のボーダーシャツだいすき。
巷でいくらでも売ってるけど、衿ぐりの明き具合とか着丈袖丈の微妙なバランスが気に入らなくて、やっぱり自分が縫うのがハズレがなくて良いのです。
この手のボーダー、売ってる生地は白地のところがオフ白とかアイボリーとか薄ベージュに近いものがほとんどで、クリアカラーが似合う私としてはぜひ白ベースのボーダーを出していただきたいと切に願います。

パターンは自作。
気に入った既製品からパターン取って微調整してあります。


たまねぎ工房 Peridot/ペリドット(プルオーバーフーディ)

Dscf5404たまねぎ工房
Peridot/ペリドット(プルオーバーフーディ)

残念。似合わない(´・ω・`)ショボーン
とりあえず試作的だし、と、手持ちの生地(NGカラー)で縫ったのが敗因か。袖口と身頃裾はリブの方がいいかもしんない。
サイズ感はまあ良し。カンガルーポケットが横に広くて、ウエストの横幅を強調してる気がするのよな・・・
次縫うときはそこら辺を補正。7分袖ならもう少し短く。

たまねぎ工房 Edelweiss /エーデルワイス(V ネックセーター)

Dscf5407たまねぎ工房
Edelweiss /エーデルワイス(V ネックセーター)

各方面で評価の高いエーデルワイス、縫ってみました。
これいいわー 良い生地探してまた縫うわー


たまねぎ工房 Heather/ヘザー(後ろ下がりプルオーバー)

Dscf5400たまねぎ工房
Heather/ヘザー(後ろ下がりプルオーバー)

重ね着前提なので中にシャツ(ユニクロ)着せてみた。
ぷかっとしたシルエットと後ろ下がりのラインがカワイイ。

可愛いんだけど、私が着ると衿ぐりの丸いカットと肩落ちでにじみ出る割烹着感・・・色のせいかなぁ。次作るときはVネックにすることにしよう。

一枚で着るのはちょっと難しいかな。(私のタイプ的に)
透ける素材で、インナーにタンクトップ合わせて着るようなの縫ってみたい。

たまねぎ工房Origa/オリガ(入学式対策)

Dscf5397たまねぎ工房
Origa/オリガ(ノーカラージャケット)

入学式前日に何とか出来た(汗)着用後なのでシワシワすまん。
9号ボディに着せてはいますが、もちろん9号ではなくて42(JPN13)から着丈カットとと袖丈は7分袖までカット。肩幅が心配だったのでシーチングで組み立てて着てみたけど、袖山にダーツが入って肩の丸みを出しているのでそこはOK。反身体補正といかり肩補正、バストのゆとりを少々追加してダーツ位置をやや上げた。

シーチングの段階で、前身頃にダーツを入れるかパネルラインで切りかえ入れるか、要はウエストを絞るかどうか迷ったんだけど、時間もないしそのままGO!

身頃のパターン補正のあと、裏地パターンも同様に操作しようとして気がついた。この裏地パターン、ゆとり分の操作してるよね・・・手順書にキセ分の指示ないし。
しまったなー表地パターン切り刻む前に裏地パターンと重ねてチェックしておけば良かったなーもう一回出力して切り貼りするのはやだなー

というわけで、裏地パターンは表地補正パターンから自作。たぶん大丈夫だと思う。裏やし。
裏はこんな感じ。
Dscf5391身頃裏はルシアンのコットンプリント。袖裏は滑りのいいキュプラ。縫い代始末は4つ折りバインダー(5.5mm)が大活躍。バインダー始末のために裏地にコットンを選んだと言っても過言ではない。縫製指示は後ろ中心と見返し端のみくるんで始末だったけど、バインダー出したついでなので脇線もバインダーで始末。裏もすっきり♪

縫製は簡単でした。縫い始めたら半日で出来るぐらい。
指示はなかったけど袖山に裄綿入れてます。
前中心突き合わせで、一番上とバストラインあたりとウエストラインあたりの3カ所にスプリングホックつけてます。

スカートはとにかく簡単にできるものを、ってことで、ミセスのスタイルブック(2013春号)からヨーク切りかえ前後2枚のセミタイト(ベンツ不要)をチョイス。スケジュール的に仮縫い無理だったので、お直しが楽なように後ろ中心接ぎのファスナー開きに変更。身頃縫い上がってはいてみたら、何を間違ったのかぶかぶかで、両脇でトータル6センチ詰めた。想定内だったので泣いてないよ!(負け惜しみ)


Dscf5399生地アップ。
インドコットンみたいな、フォーマル感の薄い生地。ちょっと光沢のある縞でなんとか取り繕った感じ。
2mのカットクロスを買ったんやけど、広げてみたら生地傷がいっぱいあって裁断に苦労しました。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ