« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

自由な曲線のストール

Dscf5382
平岩夏野の自由な着方ができる服たち―平面から立体に変わるときより。

手織りの布をつないで、腕を通すところ2つ穴あけただけ。周囲は3つ折り。

義母の友人、横浜のNさんに。義母がこの週末に会いに行くそうで、手土産代わりに縫いました。
縫ったはいいけど、着こなしはけっこう難しいかも(汗)
自分が羽織ってみて、鏡の前であれこれあれこれ、ボディに着せてみてあれこあれこれ、試行錯誤したけど難しいわーコレ。雰囲気勝負みたいな感じで、いいのか悪いのかよくわからなくなってきた。
左の写真は二つ折りの状態なのですが、見てわかるとおり左右で裾のラインが違うのですね。これが良かったのか悪かったのか、そもそもこの丈(幅?)で良かったのか悪かったのか。自由な曲線のストールだから自由でいいのだと無理矢理思うことにしようかな、っと。

なんかいろいろとごめんなさい。
私はやっぱりきちんと形を取った服が好きだ-。


とりあえず、身体にまとった状態はこんな感じで。
Dscf5376
バリエーションがあるようなみんな同じなような(汗)


たまねぎ工房 Cassini/カッシーニ(ショールカラーカーディガン)

Dscf5384
次男の入学式用にと縫ってみた。それなりにちゃんとして見えるよね?
本当はテーラードジャケット縫うつもりで、紺色のポンチも用意はしてあるんだけど、どうも間に合う気がしないので。
ドスコイ系故に、売っているものでは何ともならないのですよ。
胸回りはともかく、出腹がね・・・
もしかしたらテーラード縫えるかもしれないけど、たぶんきっと絶対に間に合わないので、押さえとして縫ってみました。
ボトムは、これまた押さえとして買ってあるユニクロパンツ(黒)を合わせようかと。ボタンダウンシャツもユニクロで購入済み。(袖丈直し必須)

カッシーニはLサイズ(!)から着丈と袖丈それぞれ3センチカット。バランスで、ボタンの数減らしてます。ポケット追加。
着せてみたら、袖丈もうちょっとカットしても良さそうだけど、袖口リブなのでまあそのままでもいいかってところ。
左胸に何かワッペンつけようかどうしようか迷ってる。胸ポケットも。

今回、ボタンホールのときに芯糸入れてみたの、なかなかいい感じなので、時間のあるときに検証記事まとめたい。


Dscf5385
実はボタンはバラバラ。昔会社で、古いサンプル帳から外して持って帰ってきたやつです。


総裏パンツ(有型)

Dscf5370前にも縫った有り型なんだけど、前回、納品したあとに「ウエストがゆるい」ってお直しで戻ってきて、脇コンシールファスナーをほどいて詰めたという辛い記憶がありましてな・・・

今回は本番の生地で仮縫いをして、これでばっちり!と思っていたのに、やっぱりウエストゆるくて戻ってきた。

うわああああああああああん!crying

ヨークは裏表とも全面芯で、上端下端には伸び止めテープも貼ってる。ただし、どちらも生地の風合いを殺さない、ソフトなストレッチ系のものだからなぁ。
裏地のまつりをほどき、ヨークの落としミシンをほどき、ファスナーを外し、両脇を詰めてファスナー付け直して、さらにウエストラインに薄いゴム仕込んだった。

同じ生地のベスト↓と一緒に納品したのに、本日やっと再納品のめどが立った。

次頼まれたら、普通のウエストベルト・前ファスナー開き・脇ゴムにするぞ!


総裏Aラインベスト(有型)ふたたび

Dscf5368お仕事いただいたのは去年なのに、今になってやっと出来た。お待たせして大変申し訳ない。

ベストはこれと同型。もう一枚、一重仕立てのもの縫った時もそうだったんだけど、なぜか胸の切り替えの飾りポケットがパターンに記載されて無くて、ブログの完成写真を見ながらバランス見てつけた。だから3枚並べたら飾りポケットの大きさも位置もバラバラのはず・・・
ついでに言うとボタン位置もパターン記載が無くて、これもバランス見て位置決めしたから3つとも微妙に違うはず。
ああ、恥ずかしい。

生地は薄手のウールだと思い込んでいたんだけど、いざ縫う段になってウールじゃなくてポリエステル系のストレッチ(ポリウレタン混)だと気がついた。
ごまかしのきかない、仕立て映えのしない生地でした・・・

さをり織りで小物いろいろ(次男卒業記念品)

Dscf5371次男の織った布で、次男がお世話になった先生方にこれまでのお礼を品を縫うのを、ずっと前から決めていたのにギリギリにならないと出来なくて、卒業式の前々日の午後から一気に縫った。

反物全部使ってとれるだけ、手提げ6個とファスナーポーチ2個。
本当なら全部同じものが良かったんだけど、どうしてもB5サイズが入る大きさはキープしたかったので、中途半端なことになってしまった。
たまたま教員6名と介助員2名だったので、そういう分け方でもいいかと思ったんだけど、お世話になった度合いには差があるし。こちらで選んで「何で私がポーチなの」みたいなことになってもなぁ・・・いろいろ考えて、一番ものを言いやすい支援学級担任に一任したった(丸投げ)
先生方好きなの選んでください。

先生方、ケンカすることもなく平和的に解決した模様(当たり前)
大変喜んでいただけました。

これだけ縫うのに、デニム地も裏地(綿プリント)もバッグ用の芯もファスナーもミシン糸も、何もかも家にあるものでまかなえた俺の在庫スゲエ


Dscf5375
ステッチは濃いピンク

手織り布でプルオーバーシャツ(紳士物)その2

Dscf5365
去年縫って差し上げたのをたいそう気に入ってくださって、同型でリピート。
脱ぎ着がちょっとばかり窮屈だとおっしゃるので、身幅を微妙に出して袖底を微妙に下げてみた。
ボタンバランスが気になったので1個追加してみた。
袖口が狭いような気がしたので微妙に広げた。

去年はいいと思って縫ったはずなのになぁ。

たまねぎ工房 Gerbera /ガーベラ(ゴムウエストフレアースカート)

Dscf5358たまねぎ工房
Gerbera /ガーベラ(ゴムウエストフレアースカート)

時間もないしとにかく簡単に縫えて見栄えのするものを!
で、日頃縁のない合繊プリントを探して探して、がんばってこんな感じ。
見慣れないのでいいのか悪いのかよくわからない・・・でも卒業式にはコレを着るのだ。

縫製は簡単なようで難しかったです。特にベルト付け。
ゴムを伸ばしながらっていうのが難しい。ウエストラインがそろわない。
ゴムベルトじゃなくて共布ベルトにゴム通す方が気持ち的に楽かなぁという気もしました。
裏だしいいや!と見逃したけど、裏地の裾線もよじれてるし、うーん、点数をつけるなら45点。
そして最近太ったし、と思ってサイズを選んだけど、ちょっと大きかったかもー

でも久しぶりに揺れるスカートはいてちょっといい気分♪

ケチケチ主婦のリフォーム(卒業式対策)

この3月、長男次男ともに卒業式があり、はてさて何を着ていこうかと。
縫うつもりでいたんですけどね、1月に入院したことで予定がずいぶん狂ってしまって(言い訳)
3年前、長男の卒業式&入学式に着たワンピースは、6年前に次男の卒園式&小学校入学式に合わせて作ったもので(これ)、なんかもう見飽きたなぁ。

そういえば黒のスーツ(既製品)があるので、スカートだけ何か華やかなプリントで縫ってあわせようか?(たまねぎ工房のガーベラを思い浮かべながら)と思いついてタンスから引っ張り出してきてみたら、なんか古くさい・・・やっぱり10年前のシルエットじゃダメだ。

えーと、肩幅削って肩パッド薄くして着丈も袖も短くして白い付け衿とカフスでもつけたら何とかなるんじゃね?

というわけでがんばってみました。

Dscf5349

なんとかなった!(左:びふぉー 右:あふたー)
白い衿をつけたのは、黒が全然似合わないからです。ついでに言うと詰まった衿も似合わないのですが、元の中途半端な開衿はもっと似合わないので(じゃあ何で買ったんだ?・・・10年前は見る目がなかった&間に合わせでよく吟味せず買ったから)

このままちょっとアクセサリーつけるだけでも、と思ったけど、タイトスカートもあんまり似合わないんだよ(じゃあ何で買った?)動きにくいし、ちょっと華やかさに欠けるよなー。

で、やっぱりプリントのスカート縫います。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ