« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

割烹着

Dscf5298お礼代わりの割烹着。
自分用ならタック入れたりポケットにギャザー入れたりしないぜ~

数年前から考えていること。
12月は基本仕事を入れないで家のことするようにしたい。手織りサークルメンバー(=クライアント様たち)にお歳暮代わりに割烹着縫って差し上げたらもちつきに来ていただくときにも使ってもらえるし~ と考えているのですが、毎年毎年ぎりぎりまで仕事して年賀状やら掃除やらで暮れのギリギリまでばたばたしてるので全然無理。
暇なときにこつこつ縫いためるのがいいのかしら。←それも無理


追い込まれて自家用(次男のズボン)

Dscf5293次男用に、総ゴムでそこそこ厚みがある生地で変なプリント付いてなくて2000円ぐらいまでのズボンが欲しいけどそんな都合のいいものは売ってないので縫いました。
この写真だとなんだかよくわかりませんねすみません。

在庫のコーデュロイ2m使い切り。
リブニットのダブルウエスト仕立てにしてみたけど、どうも股上が長かったようで(出腹でずり下がってくるし)ちょっと迷ったけどリブニット部分をなくして、ベルト布にゴム入れしてはかせてます。
しゃがんだときに後ろ股上がもうちょっとあってもいいかなと思うので、パターン修正して早いうちにもう一枚デニムで縫いたいです。

ゆったりよりもストレッチでぴったり目に作った方がずり下がりにくいのかなぁとぼんやり考えてる。
次に用意してるのがストレッチデニムなので、ゆとりも少し削ってみようと思ってる。


針抜きウールジャージ プルオーバー

Dscf5291「年配の方のための」的な本のデザイン指定で縫ったもの。
カットソーでも年配向けはゆったりが基本。

袖口・裾は裾引き始末にしたかったのですが、うまいこと行かなくて断念。ステッチ始末です。
平二本(ふらっとろっく)はスポーティーになっちゃうし。


手織り布 フレンチ袖ベスト

Dscf5288久しぶりの大叔母用。
フレンチ袖と言うほどの長さはないけど、肩先がちょっとあるだけで暖かさは違うらしいので。

特に見所はなし。


裂き織り 羽織りもの&ベスト

Dscf5282義母主催の手織りサークルには今メンバーが6名いるのですが、一人がちょっと違ったことをすると「それいいわね」でちょっとしたブームになるのです。

今は裂き織りが熱い。
あんまり裂き織りが続くから、縫い代処理用に4つ折りのバインダー(5.5mm)買っちゃったよ。

「出来たら二つ、姉の分と私のととれるかしら」と布を預かったん。姉の分優先、でもご本人様にも納得いくものを作って差し上げたい。制約はあるけど何とかしましょうぞ。

まずは姉の分。
「お尻が隠れる丈で、でもあまり長すぎず、ちょっとお袖があると暖かいしいいわよね」
で、ドルマンスリーブ5分袖で裾広がりのシルエットの羽織りものに。衿元はさんざん縫ったあの形。
見返しは別布です。裂き織りだと厚みも出るしね。


Dscf5280ご本人様分は残りでとれるだけの着丈で、肩先もちょっと出して見ました。
ご年配のご婦人には防寒大事。
これも要尺ぎりぎり。見返しは別布、前中心突き合わせで別布の持ち出し付き、ポケットは右のみ。


手織り布 カラフルベスト

Dscf5276手織りをする方はわかると思いますが、経糸を整経して織機にセットすると、始めと終わりに織れない部分が出来るのです。そのロス部分の経糸をつないだものを緯糸にして織った布、味わいがあってなかなか良いです。

布がおもしろいので形はシンプルに。


裂き織り(浴衣地) ベスト

Dscf5264要尺ぎりぎり。
小さい方のだから何とかなった感じ。
ポケットは片方しかとれなかったし、見返しは色目のあう別の着物地を使用。前中心重ねる分なくて、前中心突き合わせで別生地の持ち出しつけてます。


裂き織りの時は反物全部切っちゃうんじゃなくて、見返し用に袖1枚分ぐらい生地のまんまで残しておいてくれたら助かるんだけどなぁ。


裂き織り 羽織りもの(ちびフード衿)

Dscf5247クライアント様より細かいデザインの指定有り。

「長めの丈でね、これからの時期にぱっと上に羽織るようなので、お袖は半袖ぐらいでええんやけど、衿をね、ちびこいフードになってるようなデザインにしたいの」
「フードはかぶれなくていいねん」
「前から見たらちっちゃい衿みたいな感じで、後ろに回ったらちっちゃいフードが付いてるようなの」
「衿ぐりはぎゅっと詰まった感じがいいわ」

久しぶりにドレーピングで衿作りましたよ。

預かった生地も途中から色目ががらっと変わっていて、「この紫のところ好きちゃうから見えへんところにして」とか「ポケット絶対つけてね」とかいろいろと制約があって、なかなか大変でおました。

生地端をそのまま前端になるように軽く仕立てて見ました。衿(フード)は身頃続き。後ろ衿ぐりのみ見返しつけてフード付けの縫い代処理してます。スナップボタン留め。

*納品後、「スナップの開け閉めに力がいるしスナップの開け閉めで布が傷みそう。ボタン止めに変えてほしい」とのことで、黒無地の帆布(薄手)で見返し作ってループ挟み込んでトグルボタン止めにしました。

Dscf5251衿元アップ。
衿は結構うまくできたと思う。
パターンの都合上、肩線は前に寄せてます。
後ろ身頃に気に入らない紫を配置(笑)


手織り布でベスト2

Dscf5245これは10年以上前にいったんゴムスカートに仕立てて納品したものをほどいて仕立て直したもの。
フレンチスリーブのブラウスとセットで縫ったけど、スカートはほとんどはかなくなったので、ってことでベストにリフォームです。
とれるだけぎりぎり大きいサイズで作ったけど、クライアント様にはまだ小さかったご様子・・・でもこれがいっぱいいっぱいです。


手織り布でベスト

Dscf5242大きなチェック柄のベスト。
お預かりした布では要尺が厳しかったので、後ろ身頃と見返しは黒無地のインドコットンを使ってます。

(有型再利用)

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ