« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

追い込まれて自家用

Dscf5239明日からの次男修学旅行用のパジャマ。
もちろん既製品でもいいんだけど、裏毛の在庫いっぱいあるし-。


着物地チュニック2

Dscf5232こないだ縫ったのと同じ形、でもサイズは背の低い9号相当にグレーディングしてます。

黒くてよく見えないだろうけどパッチポケットあり。


裂き織りプルオーバー

Dscf5226型紙なしのじか裁ちソーイングなのですが、何を間違えたのか袖&上身頃パーツが予定より五センチ着丈方向に長いことに涙あきを作ったあとに気がついた。
下端を平行にカットすれば簡単なのだけれど、縫い手順の都合上、下端は生地端(耳)でなくてはならぬ。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ。
仕方なくせっかく仕上げた涙あきをほどいて、切り込み位置をややずらして何とか納めた。

最近、失敗してもあまり動じない自分がいる。

着物地チュニック

Dscf5222初めてのクライアント様のものを縫うのは毎回どきどきです。
一応、私が縫ったものを見た上での依頼なのでまあ大丈夫なはずなのですが、それでもやっぱり納品の時は緊張します。

着物をほどいた生地で、重ね着用のチュニック。「この形で」と囲み製図の載った雑誌を渡されたのですが、Lサイズにグレーディングするついでに身頃バランスをいじってます。だってせっかく切り替えがあるのにダーツ処理しないなんてもったいない。

脇シームポケットあり。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ