« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

くまちゃん2 たたき台から試作まで

昨年10月に、東日本大震災被災者の方からのご依頼で「津波で流された思い出のくまちゃん」再現のお仕事をしました。
(詳細はこちら
こちらのお仕事(ボランティア)は、「ねがいごと、100こ。プロジェクト」の仲介で受けた物だったのですが、昨年暮れにまた「もう一つお願いできませんか」と連絡がありまして、難しいとわかっていたけどまた引き受けてしまいました。だって、こんなめんどくさいこと、私以外やる人いないよきっと。前回なんとかなったから、今回もなんとかなるんじゃないかなー、いや、なんとかなるよきっと!

前回のくまちゃんは「手足がしましま」とか「ぶどうのモチーフ」とかわかりやすい特徴があったので、ある意味似せやすいというかパーツで捉えられるというか、素材の手配が一番大変で、素材が手配できればなんとかなる感じでした。が、今回は特にこれといった特徴のない、電話で説明のできない、言語化できないくまちゃんで・・・・素材の手配はわりと楽だったのですが、カタチ命!なのでこれまた大変。

とりあえずたたき台を作ってみて、そこからどんどん修整していく流れで進めることにしました。
Dscf4953あっちこっちの資料から寄せ集めて、フリースでいったん頭と胴を縫ってみたんだけど、想定してる素材より伸びるから、、綿詰めたらどんどんふくらむし訳わからなくなって、やっぱり基本はシーチングだ!でシーチングでたたき台作成。
自分で作っておいてナンやけど、なんか怖い物が出来上がってしまったw目鼻はフリクションペンでぐりぐり書いて、不細工顔になったらアイロンで消して、何度か書き直してます。
それはさておき。
毛足がない分痩せて見えるにしても、もうちょっと肉付き良くしたいよな。ずんぐりむっくり感を出すのに、頭をもうちょっと大きくして、手足を少し太くして、胴を長く足を短くパターン補正。
シーチングじゃわからないし、とりあえず全然違うけど手持ちのボア(不良在庫)で一度作ってみようか。そしたらさぁ・・・

Dscf4955なんかものすごく気持ちの悪い物ができてしまった。orz
まるで別人、ならぬ別熊。
こんなんじゃない、こんなんじゃないことだけは確か。
えーと、頭の大きさと手足の太さは元に戻して、目玉ボタンは支給品だけどひとまわり小さくして、鼻パーツも小さく、そして本生産用に近い生地でもっぺん縫ってみないとなにがなんだかわからない。

心折れて、この日はこれで作業終了。

翌日、目玉ボタンと鼻パーツを買いに行って、本番に近い生地で再チャレンジ。


Dscf4966あらやだかわいい♪(自画自賛)

わかりにくい写真と聞き取り調査から「私が思うイメージ」通りにはなりました。でも依頼主さまのイメージ通りかどうかが一番大切なのです。

こればっかりは見てもらうしかないので、正面・横・後ろ姿と座り姿の写真撮って、依頼主さまに送付しました。
本物送りつけても良いのですが、「せっかく縫ってもらったので(思ってるのと違うけど)これで良いです」とかになっても困るので。

真っ暗闇の中から手探り状態で作り始めたけど、ゴールが見えてきましたよ。


次男のパジャマ

Dscf4944見どころナッシングなのですが、備忘録なのでユルシテbearing

次男のパジャマを新調するのは3シーズンぶりのはず。
今着てるパジャマは市販品140サイズでピチピチのパツパツのつんつるてん、カットソーだからなんとか着てるという代物で、昨シーズンからナントカせねばと思ってたの、やあっっっっっっっっっっっと縫った。
これでやっと、ボロいの処分できる・・・

そしてこういう義務感満載の縫い物はたのしくなかったです。
もっと楽しい生地とかデザインにすれば良かった(でも在庫削減優先)

きのこリュック

Dscf4938きのこ好きのムスメちゃんを持つ友人のオーダー。
パターンはパターンレーベル ファスナーリュック[plz-23]Mサイズ。
考えるのが面倒だったので、おすすめのファスナーセットも購入。だから付属品の色あわせが微妙なのはユルシテーsweat01

とにかく「キノコ柄で」ってことで、ネットショップで捜した物をいくつか提示した物の中から選ばれたのがこの毒々しいリアルキノコ柄。白ベースの生地で作ると汚れが気になるので(私が)勝手にカラー帆布で切りかえてやったぜ。
思った以上に柄ゆきが大きくて、いかにきのこを配置するかのバランスで悩みました。ポケットのきのこ位置、もうちょっと上の方が良かったなぁ(後の祭り)
オックスプリントなんだけど結構柔らかくて、切り替えのカラー帆布との差がありすぎるなと思ったのでバッグ用の硬い芯を貼ったらパリッとしすぎたsadめっちゃ縫いにくくなってしまったけどなんとか形になって良かったわん。

てな感じで、正直出来はあんまりよろしくないのです。お仕立て代は交渉の余地有りよん。

Dscf4942裏地もキノコsmile


2012年初縫い(たまねぎ工房ウィルマ)

本当の初縫いは頼まれ物のプルオーバー巾出しなのですが、お見せするような物でもないので。

Dscf4934暖かい部屋着としても人気が高い、たまねぎ工房のウィルマ
もらい物の裏起毛で、試作も兼ねて部屋着として作成。とりあえずはパターン通りに、チビなので袖丈のみカットしました。バランスでいうと着丈も長いのですが、そのほうが暖かいのでそこは無問題。
見ての通りでっかいチェック柄で、柄あわせを「基本は左右対称」と思って裁断して縫って、出来上がりを着用するとどう見ても真ん中で分断されて逆に巾を感じてしまうという逆効果。縦の白ラインをどっちかにずらせば良かったと後の祭り絶賛開催中です。
普段の既製服などの感覚で、袖丈4センチカットしたけど、親指穴を使うと手を挙げたときにちょっと突っ張る感じ。もう1~2センチ戻してもいいかもしんない。腕は短いけど肩幅あるもんな・・・

パジャマとして着るにはボトムも用意せねば!ですが、ユニクロセールの誘惑に負けたのでトップスのみ。しばらく着てみてサイズ感着用感を確認して、もう一枚ぐらい縫いたい。そのつもりでボトムは2本買ってきたしcatface

ところでロックミシンの調子が悪いのがいやな感じ。目飛びの頻度が高いのよね。段差はもちろん、なんでもないところで目飛びする。
掃除して、針変えてみよう。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ