« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

思い出のくまちゃん完成

くまちゃん試行錯誤中くまちゃん進行状況の続きです。

Dscf4832じゃーん。やっと完成しました。
一昨日作った5号がベース、でも鼻の刺繍で失敗してやり直したら、刺繍糸の摩擦による色移りがあって、首から上だけ取り直しorz直しついでに顔の輪郭もちょっと修整して、前より可愛くなったような気がします(自己満足)

が、自分がいくら満足しようが、クライアント様が満足しなければ意味がない。
スナップ写真数枚とfaxによるやりとり数回でここまでたどり着いたけれど、正直写真のくまちゃんとは「違う」んですよね・・・そして、実物と写真に撮ったくまちゃんも「違う」。
これはもうクライアント様に確認するしかない、と写メ送ってみたらものすごいハイテンションの電話がかかってきたので、お世辞や社交辞令でなく本当に喜んでくれてると思って大丈夫かな・・・本当のクライアント様は9歳の女の子。お母様は「そっくりです!娘も喜びます!」って言ってくれたけど、はたして娘ちゃんが実物届いたときにどんな顔をするか。うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ不安・・・

これからくまちゃんは大船渡市へ旅立ちます。
喜んでもらえるといいな。

くまちゃん進行状況

まちゃん試行錯誤中の続きです。

試作を作ったあと。
顔と手足を3㎜毛足のボアに変更したら、身頃のボア(毛足1cm)との差がありすぎて嫌だなと思って、このまま進めるか身頃の生地をもうちょっと捜すか。迷いつつあちこち彷徨ってたらネットショップで良さそうな生地を見つけたのでサンプル取り寄せて届いてガッカリして1週間が過ぎた。
このまま進めるしかないのかなと思い始めた矢先、雑貨屋さんで売ってた膝掛けコレ使えそう!さっそく購入、そしたらボアも毛足3mmの取り寄せなくちゃ!で、生地が届くまでさらに10日が過ぎた。
しかし生地が届いたときはイベントに向けてヒイコラ言ってた時期なので、箱も開けずに放置して1週間が過ぎた。

昨日からやっとくまちゃん縫ってます。が、私が馬鹿だから何遍縫い直すねん!てな進行具合。
まず3週間前、とにかく作ってみた(1号)そしたら設定身長より大きかったので縮小して作ってみた(2号)小さくなったら毛足の長さが気になったので素材集め直してまた縫ってみた(3号)のが昨日のこと。
(この1~3号は頭・ボディ・手足のパーツをつくってピンで留めて全体のバランスを確認しただけなので、きちんと仕上げはしてません)
昨日縫った3号、ボディに使った生地がびよんびよんに伸びすぎて、綿詰めたら横伸びした分縦が短くなってしまったので裏側に芯貼って取り直し。手足のニット地も試作のボーダー天竺からスムース地に変えたら、柔らかすぎてペレットのつぶつぶが表面にボコボコ浮いてしまう・・・ので、コレも芯貼って取り直すことに。そして肝心のボアですが毛足が短くなった分痩せて小さく見えるので、パターンをまた微妙に拡大して取り直し、本日4号作成。


Dscf48224号(写真左)、パーツ縫い合わせてみたら等身のバランスが変だったorzので、さらに修整して5号(写真右)を縫ってるところ。これを最終形にしたい。
耳付けて目鼻付けて、パーツ縫い合わせて、あとは身頃に水玉縫いつけたり衿と袖口にレース付けたり頭に葉っぱ付けたり作業がありますが、まあここまできたら大丈夫かな。
続きはまた明日。

ミシン周りがものすごいことになってますが見て見ぬふりだ。今日は寝る。


クラフトパークフェスタ

今年も行ってきましたクラフトパークフェスタ。
一番の目的はリアル師匠にお会いすることなのですが、師匠の作ったバッグも楽しみで今年もいそいそと次男をお供に出かけてきました。

お目当てのバッグはサイズ感とかポケット仕様とかが私の使い方と合わなくて、でも柄は好きだしどうしようとグズグズ迷っていたら、師匠が「自分で縫いなさい」とプリントした布を譲って下さることになりました。ひゃっほー!楽しみに待ってます!

Dscf4819師匠の隣のテーブルに、手作りの万華鏡を販売してらっしゃる方がいて「自分で作ることも出来ますよ」ってんで、せっかくなので次男がチャレンジ。
過去に工作キットで万華鏡を作ったことはあるのですが、ミラーの組み方(角度)や素材が違うとこんなにも違うのか!ってぐらい素敵なのが出来てかあちゃん大満足。あ、次男が作ったというよりはほとんど作って下さるのを正面で眺めてて、中に入れるビーズ素材を選んだだけだったりします。

販売している物も色々見せていただいたのですが、3Dに模様が浮き上がって見える物があってびっくり。こんなの初めて見た!
「これどういう仕組みになってるんですか?」って思わず尋ねたら、「企業秘密です」そりゃそうだよね。ま、聞いたところで真似も出来ないんですけどね。
欲しいなー買おうかなーって迷ったけど、買わずに帰ってきてちょっと後悔。来年も出店するっておっしゃってたので、来年は買うつもりです。

帰りは泊まり勤務明けのオットに迎えに来てもらって、車でらくらく(爆睡)帰宅。
来年こそは体験講座何か受けたいなー


イベント結果報告

昨年に引き続き、写真も撮らずに終わってしまった・・・。

このイベントに参加するのは4回目。次男もお世話になった子育て支援センターのイベントなので、まあ半ボランティアみたいなモノ。儲けのことはあまり考えてないとはいえ、売り上げは過去最低のいちまんにせんよんひゃくえんでちょっとばかりさみしくなった(ついったの方は計算ミスで、1000円多く書いてしまいました)まあ縫おうと思っていた物の3分の1ぐらいしか縫えなかったしな。来年は暇な時期にボチボチ縫い貯めるとしよう。

畳へり70巻目(縦接ぎ大きめ)

Dscf4804御新規様の依頼。62巻目をご覧になって、「こんな感じで、ひとまわり大きくして」というご注文でした。

出来上がり寸法 W45×H30×D15

バッグ本体 78センチカット(縫い代込み)×11枚
        35センチカット×2枚(サイド)
バッグ口見返し 48センチカット×2枚
ファスナー台布 33センチカット×2枚


手織り布でペプラムJK(改)

Dscf4806
「お尻が隠れるぐらいの丈のはおりものでデザインは任せるわ」というご依頼。
小柄でおしゃれな方なので、無難にまとめるよりはちょっと変わった感じにしたいと思って、過去に縫ったペプラムジャケットのパターンから修整。

元々のパターンはミセスのスタイルブックのバックナンバーから描いたものですが、作ってみたらどうも思ってたのと違う感じになったのね。裾のひらひらを活かすには身頃がもっとタイトでないと!で、分量感を押さえつつ着丈を伸ばし、背の高い9号のパターンを背の低い7号パターンにグレーディングでもなく補正でもなく「改変」しました。
正直、袖のバランスがイマイチ。腕が入ればまあ落ち着いたかな。でも同じ形縫うなら次回修整します。

畳へり69巻目(ショルダーバッグ)

Dscf4796
商品まんまコピーなので詳細は控えます。

畳へり68巻目(でっかいトート)

これまで縫った畳へりバッグのオーダーおよびイベント品の、実に4分の1はこのクライアント様がらみであり最初に畳へりのオーダー持ってきて下さった方がいるのですが、仮に鈴さんとしておきます。

鈴さん(仮名)はちょっと前に畳屋さんと仲良くなって、その畳屋さんからヘリを分けてもらって私にオーダー頼むようになっているのですが、その畳屋のご主人に何か縫ってくれないかということでこんなの縫いました。

Dscf4783サンプル帳とか書類とかドカッとはいる大きさでしっかりしたバッグ。縫い代1センチの横接ぎ&ヘリ中央にも1センチのタックとってみました。


俺様メモ
出来上がり寸法 W43×D13×H34
バッグ本体 サイド 60センチカット(縫い代込み)×16枚
バッグ本体 底部分 60センチカット×3枚
バッグ口見返し
ファスナー台布 42センチカット×2


畳へり67巻目(横接ぎトート+コサージュ改)

Dscf4789
59巻目の出来上がり見て「同じの作って」オーダーなんですが、一巻きで収まるように持ち手の仕様を変更して外ポケットを無くしてコサージュを小さめ1個に変更。
装飾ものはやっぱり苦手。

畳へり66巻目(ぐるぐる5角形バッグ6)

Dscf4785
36巻目とまるでおんなじ。バッグ裏地が違うだけです。
「コレと同じの」のオーダーは楽だけどつまらんわ。

くまちゃん試行錯誤中

Dscf4792完成報告ばっかりじゃなくて、たまには進行状況も書いてみよう。

ただ今、数枚の写真からくまちゃんを再現するという難易度の高いお仕事中。
実はコレ東日本大震災の被災地からの依頼でして、「津波で流されてしまったたいせつなおもいでのくまちゃん」の再現なのですよ。
ついったーでもチラッと書いたけど、春にボランティアで被災地の高校の応援団にハチマキ縫ったのね。それの仲介をしてくれた方から8月末だったかな、「テディベアって縫えませんか?」って電話があって、それがちょうどウェルカムベア縫った直後だったもんだから出来ませんとも言えなくて、でもあまりにも難易度高いので断るつもりだったのに、依頼者ご本人様と電話でお話しすることになって、結局断れなくて引き受けてしまったのですよ。

あちこち素材探して、いろいろ諦めて、なんとか材料揃ったのでとりあえず試作から。
だいたいの身長を聞いていたので、ウェルカムベアのパターンを縮小コピーして頭とボディを作ってみる。組んでみてバランス見て、ボディを短くシルエットを雫型に修整。バランスを見ながら手足をつけてみたら、設定身長より大きくなってしまったので、補正パターンをさらに縮小コピーして再組み立て。小さくなると縫いにくい。
そして用意したアクリルボアの毛足の長さが気になる・・・6mmのを取り寄せたけど、これだったら3mmの方が良かったな。連休明けに発注するか・・・

まあだいたいの方向性は決まったので、なんとかなると思いたい。
生地を最小単位で取り寄せてもたくさん余るので、何かおソロの生地で小物を作って差し上げるつもり。


久しぶりに本業(手織り布でベスト)

Dscf4778もう何枚縫ったかわからないぐらい縫ったデザインなので、全体像は略。
縦糸と横糸を、それぞれ2本ごとに色を変えて織ると千鳥柄になるのです。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ