« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

手織り布でAラインJKその2

Dscf4542こないだ縫ったジャケットを納品したときに「いやーん、それいいわぁ。私も同じのにしてー。私のサイズでな。丈はもうちょっと長い方がいいわー」という依頼があったので、クライアント様のサイズにグレーディングしつつ気になっていた衿の収まりなど修整して作成。うん、他人様のパターンそのままよりやっぱり自分なりに修正かけたほうが(前回のも修整はしたんだけどね・・・)しっくり来るわ。
この生地、縦糸を整経したあとに部分的に紐でくくって染める「縦糸絣染め」なんですが、くくり方が甘かったのかはたまた元の糸色と染料との相性か、あんまりよくわからない感じ。身頃の、部分的に濃い赤のところが元の色です。
一番上の釦ホールは切替利用(ラクチン)2・3番目は二十数年ぶりの玉縁釦ホール。あんまり出来がよろしくないのでアップで見せたりはしませんよ。
箱ポケットは一重用の、裁ち目が出ない方法で。前回縫ったのもそうやけど、会社勤めの頃に縫った縫製サンプルが手元に残っていたので手順はバッチリでした。


本日のイベント結果報告

まーたデジカメ忘れていったので写真は無し。

今回は折り込みチラシに「畳へりのバッグ」と書かれてしまったので、とりあえず手元にあるヘリを縫い尽くす勢い(でも尻すぼみ)で、4日半で9点縫って、在庫の5点と合わせて出品。あとはこれまでの在庫の布小物を一部値下げして販売。
今日のイベントは手作り品販売だけでなく、心と体の健康に関する講演会とかゴスペルコンサートなども予定されていたのですが、日本がこんな状況なのでそちらは急遽中止の運びに。じゃあ物品販売はいいのかよ!って気持ちにもなりますが、この日のために準備してきたって事も考慮してくれたっぽい。

売り上げは・・・具体的な数字は伏せますが、自分的にはウハウハ寄り。もちろん売れ残ってるけどね!

畳へり47巻目(縦接ぎハンドバック)

Dscf4539これも実は残りヘリ(5m強)をいっぱいいっぱいに使って作成した物。多分2巻きで3つ目、とかいう感じだと思うけど便宜上47巻目としておきます。結構小さめ。
ワックスコードの細い持ち手は15年物の在庫。やっと使えてスッキリ。

俺様メモ
バッグ本体 50センチカット×9枚
バッグ口見返し 32センチカット×1枚(巾を半分にカット)
持ち手付け布・サイドのタブ等

出来上がり
バッグ口寸 29センチ
サイド高さ 19センチ
底面 9×33センチ


畳へり46巻目(横接ぎトートタイプ)

Dscf4537開封済みでちょびっと使ったあとのへりで作成。なのでメーター数を確認してとれるだけギリギリの大きさで作りました。これもきっちり使いきり。

俺様メモ(寸法は縫い代込み)
バッグ本体 45センチカット×15枚
バック口見返し 45センチカット×2枚

出来上がり 
バッグ口寸42センチ 
高さ27センチ 
底マチ巾10センチ


畳へり45巻目(ぐるぐる5角形バッグ3)

Dscf452722巻目36巻目とおんなじ形。
持ち手のチョイスにいつも悩む・・・・


畳へり44巻目(横接ぎ手提げタイプ)

Dscf4529本当はこの形のショルダーバッグとしていったん仕上げたけど、どうもこのヘリの質感・色合いとデザイン(カジュアル感)があわなくて気持ち悪いので、ショルダー紐外して手提げタイプに変更しました。うん、この方がいい。
でもお好みでショルダー紐も付けられるように両サイドにちっちゃいDカンつけてます。

残りヘリを組み合わせて斜めがけショルダーバッグ

Dscf453135巻目27巻目22巻目の残りをきっちり使い切り。スッキリ。
形は27巻目と同様。肩紐の長さを調節できるようにしようと思って、移動カンと角カン買ってきたのにサイズ間違えてたという・・・・orz しょうがないので固定長さで作成。(110センチ)


残りヘリでポシェット×2

Dscf4534これも残りヘリで作成。形・サイズは31巻目の縦接ぎタイプとおんなじ。
中途半端な残り物をほぼ使い切ってスッキリー


残りヘリでハンドバッグ×2

Dscf4526中途半端に残った畳へりを何かに使えないものか。というわけで、小さめのがまぐちバッグを作ってみた。
ヘリにギャザー寄せてぐるぐると叩きつけたら、なんかゴージャスなパーティーバッグ風になっちゃったわ!
買ってくれる人いるかちら・・・


手織り布でAラインJK

Dscf4517_2ウール地なので早く縫わないと~ と焦って縫いました。が、寒の戻りもあるので今シーズン中に何度か袖を通せるかな。
パターンはミセスのスタイルブック2008年秋冬号66ページより。囲み製図そのままのつもりで描き始めて、どうもバランスが良くないような気がして、自分なりに修整しつつ作成。ジャケットにしては(いつも縫っているものより)袖ぐりも小さくてかなりコンパクトな感じ。裾まわりに余裕がある分余計にそう思うのかな。
クライアント様はかなり小柄な7~9号あたりの方なので大丈夫だと思います。

生地は先月縫ったマオカラージャケットの縦糸共通・横糸違いの生地。縦糸を整経したあと絣に染めてあり、色合いの変化が面白い生地でした。マオカラージャケットの残り生地で帽子も縫ったけど面倒なので写真省略。気が向いたらあとでupします。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ