« 手織り布でマオカラージャケット | トップページ | またそれか!のベスト »

2011大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル

Dscf4455オットの運転で行ってきました!
2011大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル。大阪は南港のインテックス大阪3号館。一部屋なのでまあそんなにたいした規模ではないけれど、いろいろみたい物見られるかなと期待して。
今日の希望は
・JUKIの職業用ミシンの新しいの見たい
・JUKIエクシードのボタンホール見たい
・回転三巻ラッパ見たい
・Tシャツくん見たい
・トルネイオ動かしてみたい
さあ、どこまで希望が叶えられるか。

無駄に長文なので時間のあるマニアさんだけ見てくれたらいいよ。


Dscf4468入場してすぐのブースで配っていたサンプル品。
(株)ミズホケミカルの「アタリペア」(アタリ・テカリ修整剤)と「パッカトール」(パッカリング修正剤)。
アタリ・テカリを取る物は見たことあるけど(アタテカトールとか)パッカリング修正剤は始めて見た。サンプルとはいえ結構気前のいい分量で。一度使ってみようと思います。

株式会社卓輝工業所のブース、こちらはSUISEIの押さえがねやラッパがたくさん展示されてました。回転三巻ラッパのことを尋ねたら実演を見せてくれてさらに「ちょっと縫ってみます?」って縫わせてもらった♪ラッパスゲェ~楽しい~欲しい~「いくらですか?」って聞いたら「セットで13900円です」うーん、今日は無理。ネットで安いの探す。中古でもいい。端3つ折り始末の仕事大量にもらってるからそのうちぜったい買う。カタログももらっちゃった。

JUKIのブース、家庭用ばかり集めた一角に新しい職業用ミシン&エクシードキルトスペシャルがドーンとおいてある。職業用、ちょっと踏ませてもらったけど意外と音が大きい気がした。フットコントローラーで糸切り、工業用みたいにかかと側に強く踏み込むんやけど結構難しい。工業用みたいに踏み板が大きければ足を前後にずらして置いてたとえば右のつま先側分で縫い進めて、左足つま先側で踏み込んで糸切り、って感じで使えるけど右足ひとつじゃなー。足を固定したままかかと踏み込むのはちょっと大変でした。
JUKIの担当さんといま使っているミシンの話になって、「TL-82です」って言ったら「それはすごい。とてもいいミシンですよ。中古でも欲しがってるミシンやさんいっぱいいてます」て褒めてもらった♪とてもうれちい。これからも大事に使うのら。

Dscf4470そして噂のエクシードのボタンホール。写真クリックで大きくなります。ボタンホール専用のでかいプレートを使って縫うのです。プレートに差し込みジャックが付いてて、押さえを外してプレートをセットしたらジャックをミシン本体の差し込み口に差し込めば準備完了。プレートの後ろ側にボタンをセットしたら、ちょうどいい大きさのボタンホールが出来るようになってます。プレートを使った場合の最大ボタンサイズはおおよそ3センチ。写真上のがその最大値のホールです。手動だとそれより大きくも出来ると担当さんは言ってました(でも未確認)
写真左下からスタートして、左側をジグザグで縫い上がって右に移動、右を直線縫いで右下端まで進んで下側の返し縫い、その後直線縫いをまたぐようにジグザグで縫い上がって上端を返し縫い&止め縫いでフィニッシュ。
鳩目ホールも同様。鳩目の○の途中からスタート(!)ジグザグで縫い上がって右側を直線縫いで降りてきて、スタート位置とつながったところでジグザグで縫い上がって上端を返し縫い&止め縫いでフィニッシュ。
私最近のミシン事情に疎いのでよくわからないのですが、最近の家庭用ミシンのホールはこういう順に縫うことになってるの?
たしかに左右同方向に縫うことで縫い目ピッチが揃いやすいという利点はあるけど、右側に直線縫いの「芯」が入るので太糸だと左右に違いが出そうだな、と思った。あと、よーく見ると○がきれいにつながってないのがね。ぱっと見は確かにきれいやけど、「ものすごくきれい」とは言えないかなー。でも、左右のジグザグの間隔(切り込むところ)の巾を変えられるのはスゴイと思う。
エクシードのスタンダード、ドレスメイク、キルトスペシャルと見たけど、ホールのために買うならスタンダードでじゅうぶんかな。(って、JUKIの担当さんも言ってた)

ナオモトのブースでQ~ing見た。じゅういちまんえん。欲しい。担当さんがハンカチにアイロンかけさせてくれた。ペダルを踏むとゴオオオオオオオと吸い込まれる蒸気。うっとり。でも買えない。

ジャノメのブースは家庭用と職業用のみ。メインに打ち出しているのはお高い刺繍ミシンで、トルネイオは棚に飾られてた。ちょっと触らせてくれとは言えない雰囲気。ちぇっ。

Tシャツくん見たくて太陽精機のブースにも行ってみたけど、インクジェットだの昇華型プリントだのばっかりで、シルクスクリーンプリントのサンプルはなかったです。がっかり。

Dscf4466買い物いろいろ。
株式会社富栄商会でチャコペンとLEDライト購入。ライトに関しては別記事で。
チャコペン、普段使ってる紫色の勝手に消えるというアレ、消えていると見せかけてアルカリに触れるとまた復活するんだって!(実演で見せてもらった)今日買ったこれはスチームでも熱でも消えるヤツ。冷えても復活しない、消失タイプ。
袖山株式会社で45センチの方眼定規とストラップつきメジャー。
購入。袖山さんのこの定規(45センチ)はお勤め時代からの愛用品。ある程度の厚みがあって、端っこからゼロスタートでなくて(使っているうちに削れてくるから)っていうのがなかなか無いのですよ。使い込むと裏の目盛りが消えてしまうので、使い始める前に裏側にスキマ無くびっちりメンディングテープを貼るのだ。私が使っていた頃と違うのは、目盛りと反対側にカッティング用の金属がついてることかな。1800円でした。
メジャーは普段持ち歩き用に。持ってると何かと便利なんだけど、何故かすぐになくしてしまうので。

残反(ハギレ)も格安で売ってたけど、たいして良い物無かった。嬉しいような残念なような。

まだ抜け落ちていることもあるような気もするけど、とりあえずこんな感じ。
思い出したらまた書き足します。

« 手織り布でマオカラージャケット | トップページ | またそれか!のベスト »

コメント

こんばんは~
うちの会社の先輩(!)も二人連れで行かれました
御存じ、「出無精」の私は行きませんでした
前みたいに”直帰”とかさせてもらえない職場です

Q~ingって、ともこさん会社にいたころなかったけ?
機種がよくなってるんだろうけど。。。
でも、バキュームは欲しいよね~
ラッパも欲しいです。。。でも使いこなせなさそう

ちなみにボタンホールは私の家庭用と同じ縫い方だと思いますよ
厚手のものには使ったことがないけど、そこそこきれいにかかります
メインはシュプール使うので家庭用はホール用にのみ使用
同じころに買ったけど、使う頻度は全然違います

★ちゃんかさん

放置ですみません・・・
直帰させてもらえたとしても、南港はちょっと不便すぎますよね。
ついでにあちこち寄れるわけでもないし。
Q~ingは発売からもう20年ぐらい経つそうです。
説明して下さったナオモトの営業さんが「うちの奥さんもつかってるで!
ええで!アイロン掛け楽しいなるで!買うて!」と猛プッシュでした。
置き場所とお金があればね・・・

うちの家庭用(ジグザグ)もほとんどボタンホール専用機になってます。
飾りステッチ何種類もあるけど、使いませんよねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/50905197

この記事へのトラックバック一覧です: 2011大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル:

« 手織り布でマオカラージャケット | トップページ | またそれか!のベスト »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ