« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

姪っ子入学セット

Dscf4395表地2種類だけ支給されて、裏地とか副資材は私の持ち出し。プリキュアの生地は姪っ子本人が「これ!」って選んだものだから、すでにテレビ放送が終了していて次の日曜から新シリーズが始まることがわかっていてもとりあえず形にしました。使ってくれるかな・・・
象のエルマーは義母が気に入って買った物。こっちは柄合わせも必要ないし手持ちの生地で切替付けたりしたので大きい巾着袋も余分にできた。
基本給食だからお弁当袋は必要ないとは思いつつ、まあ遠足の時にでも使ってくれたら。

これ縫いながら、なんか腕落ちたなーと思った。いかんなぁ。


先週の仕事その2・裂き織りベスト

Dscf4380まーたその形か!ってやつなので、胸元だけ。パターンは初縫いのベストその2の使い回し。


先週の仕事その1・さをり織りストールベスト

Dscf4367
生地幅いっぱい×160センチぐらいの布に袖ぐり穴あけただけのベスト。自分で縫っておいてなんですが、なんだかなァな出来上がり。端を垂らして着るときと重ねて着るときのバランスがね・・・もうちょっと長くてもよかったかなぁ。
一応、前端と袖ぐりにちっちゃいボタンとループ付けてあります。でも自分でバランス見ながらショールピンとかで止めて着る方がぜったいいいと思う。
まだパターン的には(って、袖ぐりの位置と形のことやけど)改良の余地有りです。

喪服3点セット

Dscf4354でも写真はジャケットだけ。パンツもスカートも見どころ無いんだよう。

クライアント様は義母のおともだち、去年の夏に喪服をオーダーしてくれて、11月にはウールのパンツもオーダーいただいた方。今回またお仕事くださったと言うことは、気に入っていただけたと思っていいのよね?

デザインは夏物の使い回し、袖を長袖にして着丈をやや短めにして前裾のライン変更、パッチポケットをフラップ付きの片玉縁にして、クライアント様の希望でウエストの絞りを強くしてます。パンツもパターン使い回し、前作のウエストがゆるかったと言うことで、ゴムの仕上がり寸法短く修正。スカートも夏物から蹴回しを多めに展開して、着丈は85センチのロング丈に。

ふくらみのあるウールジョーゼットで、仕立て映えのする良い生地でしたが、ふくらみのある分アイロン圧でクッキリ跡がつくので作業に気を遣いました。
納期が厳しかったのでスカートは後回しにするつもりでしたが、がんばったら出来たわ!今日納品して明日着用(爆)正味1週間で3点縫ったわけやけど、集中したら5日ぐらいで出来たかも。相変わらず休憩が多いです。

あ~やれやれ。大物がいっこ済んだので今日はゆっくり寝られそう。
さあ次は何縫うか。


喪服ジャケットにフラップポケット

Dscf4339昨年のうちにもらっていたオーダー、喪服3点セット。納期は今週末。とりあえず3点のうち2点(ジャケット&パンツ)だけでも縫い上げたい。

まずはジャケットから。フラップ付き片玉縁ポケット・・・ここが一番のヤマ。ここさえ終われば、ここさえ終われば~!って、ここまで縫ったらぷしゅ~と気が抜けた(爆)黒いのは、夜縫えないしね・・・いや、ミシンまわりは明るくしてるので縫うのは縫えるんやけど、ほどくハメになったときに辛いし、アイロン台は天井蛍光灯の明るさだけなので、割アイロンはいいけど中縫いをひっくり返して整えるのが非常に辛い。←実は昼間でもちょっと厳しかった

明日、日中に服の形にしたいです。
次のヤマは衿付けやな。

ケチケチビフォーアフター

年末の大掃除の際、長いこと袖を通してない服を処分しようかどうしようか迷ったあげくに「そうだ!リフォームすりゃいいんじゃね?」と残して置いたカーディガン2着に着手。

えーと、確か結婚する前に買った服だから、かれこれ15年程か。ニットのカーディガンなんですが、2着とも裾や袖口は編み出しなんやけど、衿ぐり肩線脇線袖ぐり袖山袖下を減らし目増やし目で形作ってるんじゃなくて、所謂「カット&ソー」だったのですよ。それならうちにあるミシンで十分対応できるじゃん?どうせ着てない服なんだから失敗したら胸張って捨てりゃいーんだし。

で、まず1着目。匠の技をご覧あれ~(笑)
Dscf4326
なんということでしょう!もっさりしたカーディガンがすっきりしたシルエットに生まれ変わりました!なんてね(笑)
なにがもっさりって、肩の落ち具合と袖の太さ、そして袖口のゴム編みパフり分。元々袖丈が長かったの、身幅肩幅をドーンと削って袖底上げて袖山高く袖幅狭くしたら袖丈ピッタリになったわ。
ただ、写真にも写っていますが3番目のボタンのところに汚れが・・・これから洗っても落ちないだろうなぁ。でもケチだから捨てられない。とりあえず今シーズン来シーズンぐらいおうちで着てから処分するつもりで。

はい次行ってみよー。
Dscf4328
妙におっさんぽいシルエットのカーディガン。身幅がゆったりしてるわりに袖幅は細くてバランスが悪い。いったん袖を外して身頃のシルエットを整えて袖を付け直そうかとも考えたけど、柄がうるさいというかなんというか、身頃と袖が続くと巾を感じるし。いっそベストにしようかも思ったけど、袖ぐりの始末でもっさりしそうやし肩先ちょっとある方が可愛いかも、で袖ちょん切っちゃった。インにシャツを合わせて、ガウチョパンツとかはいたら結構良いんじゃないかな、と思うんですがどうでしょう。
そしてちょん切った袖の残り、これでなにか小物とか部分使いに・・・いやいやいやそんなことしねーよ!で、ゴミ箱にポイ。←めずらしく思い切りがよい

死蔵品が使えるようになったってだけで、物は減ってないんだよな・・・・
次の段階として、どうしようもない物は思い切って捨てる方向で。ケチだから難しいわー

たまねぎ工房 Rebecca/レベッカ(ストール風ジャケット)

Dscf4325たまねぎ工房
Rebecca/レベッカ(ストール風ジャケット)

実はパターンやさんでパターン買うの初めて。おもしろい形だなと思いつつ、これは自分で再現できなさそうだし、比較的安価だし、ちょうどバーゲンになっていたこともあって昨年暮れに購入しました。
基本的に他人の書いたパターンをそのまま使うことはないのですが、これに関しては縫って形にしてみないとわからないので、とりあえずパターンそのままで縫ってみました。

生地はブークレーフリース。10年ぐらい前に元同僚から送られてきた、元勤め先のサンプル用生地の残り物。パーソナルカラー的にも似合わないとされる色で、ウール混なのであちこちに虫食い被害もあるし(たくさんあったので何とか虫食い穴を避けて裁断)まあ試作のつもりで飾りボタンなし肩章なしで作成。

縫った人ならわかると思うけど、この袖。そう付くか~!貼り合わせたパターンを見てたぶんこう縫うだろうという予想を裏切られましたわ。普通の服ばっかり作っていた私には思いつかない合わせ方。how to見ながら縫ったのに2回も間違えたし(爆)
それにしても凄いなー 私がデザイナーさんからこの絵型もらったとして、絶対にこんなパターンは作れないわ。もっと無難な、普通の袖付けにしかならないし出来ない。袖下にマチつけるぐらいしか思いつかない。これ思いついたのデザイナーさんかなパタンナーさんかな?

縫ってみて感想。
この生地なら衿の見返しいらんかったなー。軽く一重で充分なボリューム。後ろ丈もうちょっと欲しい感じやけどパターン的に補正は難しいっつーか無理。あわせは肩のところでスナップボタン止めやけど、内側はともかく外側(左肩)にどどーんと大きいスナップが付くのがどうだろう?(手持ちになかったのでまだつけてない)あとは着てみて補正どうするか考えよう。

いや~いろいろ勉強になりました。たまには人のパターンも縫ってみるもんやね。

2011年初縫いはベスト2枚

Dscf4318皆様あけましておめでとうございます。
今年もがんばります。blogダーリンミシンをどうぞご贔屓に~

さて2011年の初縫いは手織り布でベスト。
オットの叔母に当たる方(義父の弟の奥様)が今年還暦を迎えるのね、で、義母が赤っぽいベストをプレゼントしたいって事で、誕生日は6月なんやけどベスト着るのはやっぱり秋冬でしょ?だから年始の挨拶の時に渡したいと頼まれたのが昨年の暮れ。もう年内は縫わないと決めてからの依頼やけど断れるはずもなく。大晦日に裁断して元旦に縫いました。
時間がないのでパターンは有り型流用。生地が足りなかったので見返しは別布です。

お年始に伺うとなると、そこにはこのベストを着る方の母上様が同居なさってるのね。で、その母上様にもベスト縫って欲しいってことでもう一枚。

Dscf4321義母が手織り布の在庫反物(たんまりある)をひっくり返してベストに良さそうで用尺の足りる生地を探してきたのがコレ。裂き織りです。
基本有り型なんやけど、接ぎ位置とか着丈伸ばしたりの都合でトレースし直しました。上のとこれと、大晦日に裁断&芯貼り済ませてあとは縫うだけ~にしておいたの、元旦にまとめて縫いました。やれば出来るじゃん。

3日午後に持って行く予定。間に合ってよかったわん。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ