« さをり織りバイヤスチュニック | トップページ | 畳へり28巻目30巻目(丸ショルダーバッグ)&おまけ »

何もかも引っかかる一日

Dscf4166ウールのヘリンボンのパンツ完成。(写真)
さあ納品前に仕上げのアイロンをって時になって裏地の丈が妙に長い事に気がついた一瞬見過ごそうかと思ったけど、いやいやプロとしてそれはイカンよ!裏地裾ほどいてカットしてステッチやり直し。

次、ウールのパンツのお直し。納品の際着用していただいたところ、ウエストがゆるかったのです。動きのないシーチングと、柔らかくややストレッチ性のあるウールの違いでしょうなぁ。ヨーク切り替えゆえ、なるべくならほどいて縫い込むことはしたくないなと、ウエストライン内側に薄いゴムを仕込むことで解決を図ってみたのですが今ひとつの出来上がり結局両脇で縫い込むことになったので、せっかく付けたコンシールファスナーもほどいて付け直しですよ。ミシン作業は終わったけど、まつり縫いまだです。

ハイ次。畳へりでぐるぐる丸ショルダーバッグ同型作成。表地裏地それぞれ形になって、あとはドッキングさせるだけ~って時になって、なんだかショルダー紐が短いような気がするな・・・もとのよりもやや短くとはいわれてたけど、それにしても短いよこれじゃぁ。いったい何をどう間違ったんだ私はうーんと迷って、クライアント様に連絡とって、肩ベルト用に支給されてた副資材の余分を分けていただくように話付けて、今日の作業はここまで、じゃなかったせっかく付けたベルトをほどく。

ハイ次。畳へり13巻目大きめワンショルダーバッグの残りでファスナーポーチ作成。さあファスナー付けるぜ!って時になって、生地に見覚えのない汚れが付いていることに気がついた残りヘリ使い切りだから取り直しはできないよ?なんとかできない物かと裁ち端の大きいところで汚れを違和感なく隠せるようにあれこれ無駄な努力をして、とりあえずポーチの形にはなったけどやっぱりこれでは駄目だ。じゃなくて嫌だ。これでお金をもらうわけにはいかないぞ。同じヘリを取り寄せて新しく縫うことにしました。

なんだか何もかもうまくいかない一日でした。仕事は結構たくさんしたんやけど、達成感ないわー

« さをり織りバイヤスチュニック | トップページ | 畳へり28巻目30巻目(丸ショルダーバッグ)&おまけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何もかも引っかかる一日:

« さをり織りバイヤスチュニック | トップページ | 畳へり28巻目30巻目(丸ショルダーバッグ)&おまけ »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ