« 次男のパンツ 着用で分かった問題点 | トップページ | 畳へり 22巻目(ぐるぐる5角形バッグ) »

畳へり 21巻目(シャーリングバッグ)

Dscf4048二度とやりたくない仕事ナンバー1を決めるならば、おそらく1・2を争うであろうというぐらい、このバッグとってもとっても面倒でございました。
ぱっと見はそこそこうまくできていますが、ギャザーを寄せるときに織り糸を引っ張ってしまって所謂「滑脱」状態になってしまうのですよ。んでもってこの畳へりが縦横の糸の色が違うので滑脱があからさまに見えてしまうというガックリな出来上がり。使用上問題はないとはいえ見た目がね・・・
イベントに出そうと思ってたけどどうするかなー

俺様メモ
・出来上がり寸法 W40(底)×H28 バッグ口寸 30センチ
・80センチカット×8枚 縦に接いでおおよそ60センチになるようにギャザーを寄せる
・見返し33センチカット×2
・バッグ口で中央4枚のみタックを取る
・持ち手50センチ

« 次男のパンツ 着用で分かった問題点 | トップページ | 畳へり 22巻目(ぐるぐる5角形バッグ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畳へり 21巻目(シャーリングバッグ):

« 次男のパンツ 着用で分かった問題点 | トップページ | 畳へり 22巻目(ぐるぐる5角形バッグ) »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ