« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

畳へり ボストンバッグその2その3

Dscf3917面倒なの終わったー!

昨日のうちにバッグ表地本体は2つとも形になって、裏地のポケットつけ途中までで時間切れ。どうしても今日午前中に納品したかったので朝から頑張って縫って縫って11時半に完成→記録写真だけ撮ってすぐ納品へ。

2つのうちの小さい方、前回縫ったのと同じように縫ったはずなのに、サイドパーツを合わせようと思ったら寸法が全然違うんだよ・・・前回、外周62センチだったのが66センチもあるではないか。前のパターンが使えないわ~
まあ15枚も接いでるわけだから、1ヶ所で縫い代巾が1㎜違えば3センチ近く寸法が変わってくるもんね。ファスネー付けの縫い代も前より少なめにしたような気もするし。しょうがないのでパターン作り直しましたよ。

俺様メモ。
一回り大きい方は41センチカット(縫い代込み)×17枚接ぎ合わせ。(つまみタック有り)
持ち手45センチカット×2。
サイドパーツは30センチカット5枚をを接ぎ合わせてからパターンを載せてカット。
サイドポケットは実物に合わせながらカット。
その他ポケット向こう布・ファスナータブ等。

大小まとめて作ったのではっきりはしませんが、大きい方は畳へり10m巻一つでは足りないと思います。だって、小一つ縫って残りが1mあまり。2巻で大小2つ縫って残りが20センチほどだからねー。持ち手を別素材にすれば10m巻でギリギリ収まるかな。

次は自分用に縫ったのと同型で2つ。やっぱり黒・・・

と、その前に義母の衣装の小物かな。

畳へり 6巻購入(オーダー分)

Dscf3912オーダーなのでしょうがないんですけど、もっと綺麗な色が縫いたいです・・・
今週来週で出来るかな?

注文したファスナーがまだ届かないけど、とにかく出来ることから進めていくのだ。
まずは気が進まないボストンバッグから。こないだのと同じサイズと、横幅+5㎝高さ+3㎝のとを同時進行で作ります。
持ち手分とバッグ本体分のへりを切り出して、まず持ち手(ガラ芯入り)を作成。ポケット口を作りながら接ぎ合わせる。一度縫った形なので結構さくさく進む・・・

Dscf3914
ファスナーを、手持ちの物で妥協するか注文品が届くのを待つか。うーんと迷ってとりあえず今日はここまで。
どうするかなー。

若い女性

どうにもこうにも暑くて暑くて、ミシンを掛けようという気になれません。
以前にも書いたことがあると思うのですが、私の作業場所は三方を壁に囲まれた3畳ほどのスペースで窓もなく、亡くなった義父には「穴蔵」と言われた場所。その上、物がぎっしりで見た目にも暑苦しい。
夏場はミシンテーブルの上にミニ扇風機を置いて作業してます。でもぬるい空気をかき回しているだけなのであんまり涼しくない。
てなわけで最近さぼり気味・・・
注文していた畳へりが今日届いたので、明日からがんばるよ!

ところで今年の夏は義父の初盆でした。
盆のお客様のために急遽クーラーを設置することになりまして、仏間と続きの開かずの間(カオス)を大掃除することになりました。とりあえずここにつっこんどけー的な部屋だったので、まあ出てくる出てくるいろんなものが。元々オットのおじいちゃんおばあちゃんが住んでいたところなので、40年前50年前の物が平気で出てくるのですよ。義母の嫁入り道具の明細とか。大半は処分ですが、その中にこんな物が。

Dscf3909「若い女性」の別冊付録。年代からして、義母が嫁入り前に購読していた物のようです。本誌はなくて別冊のみ保存していたみたい。私はこの雑誌のこと全然知らないんやけど、月刊誌でこのレベルの洋裁本別冊付録がつく時代があったのかーって感じです。(ちなみに昭和44年発行)だって付録よ付録。装苑とかドレスメーキングみたいに本誌にパターンが載ってるんじゃなくて付録なのよ。言うなればオマケですよ。
ここにはソーイング物だけ載せましたが、ほかにも「婦人倶楽部」の別冊付録編み物特集とかもあって、付録のくせにレベル高っけ~ 今の本みたいに手取り足取りの解説なんてなくて、編み図が書いてあるだけよ。以前私の実家が建て替えで取り壊しになるときにも実母の古ーいドレスメーキングのバックナンバーとか貰ってきて、そのときにも思ったけど、洋裁とか編み物とか、いつの間にか特殊技術みたいになっちゃって、でも40年前はそんなもの主婦のたしなみのひとつだったのかしらねー。

「若い女性」についてご存じの方コメントよろしく~


畳へり サンプル

こないだ納品したミニボストン、クライアント様さっそく妹さん(2人)に自慢こいたそうです。その結果。

「二人とも私と同じの欲しいって~ 色は真っ黒でね、二人とも。で、下の妹はからだ大きいから一回り大きくして欲しいって。でね、違う形のも欲しいって言ってるねん。二人ともやで。形はまた聞いとくわ~ 色はグレーがええんやて。それと、私も真っ黒の欲しいから、形は考えとくから用意しといてな。だから全部で5個頼むで」

うわ~ 商売大繁盛。そうですか、あの形がよいですか・・・

形はともかくとして、「グレー」ってそりゃいろんなグレーがあるんですよ。
「どんな色があるの?」って聞かれても説明のしようがないし、ネットショップの画面をプリントアウトしたって絶対に実物と違うだろうし。

Dscf3905で、メーカーに問い合わせてサンプル(有償)取り寄せてみました。
めっちゃわかりやすいサンプル帳が届きました。うれしい・・・
いっしょに取り扱いのある接着芯(バイリーン)やテープ類のカタログも同封されててとってもありがたい。
どうもメーカーサイトでは素人売りはしてないようですが、こちらが個人でお仕立てをしているということを伝えると大丈夫だったです。
(メールで問い合わせたのですが、電話がかかってきて「お教室か何かされているのですか?」って聞かれました)

さあ、またがんばるぞっと言いたいところですが、あまりの暑さにぐったりで・・・
早く涼しくなって欲しい~

畳へりバッグ ミニボストン

Dscf3903やっとでけた。

頑張れば月曜中にできるかも~なんて無理無理。
「この形で」って預かったバッグはもちろん畳へり製じゃない。何枚接いでどうタックを取れば見栄え良くロス無く形になるか、脳内シミュレーションを繰り返し本番に備える。
火曜日、縫製スタート。いろいろ考えながら進めるので時間がかかる・・・ 縫い目利用のポケットならやっぱコンシールファスナーよね!って縫ったは良いがステッチがつながらない(←へたくそ)まあ結局ファスナータブで隠れるからええんやけどさ。持ち手もへりの縫い合わせの時に挟む形になるので先に縫わなきゃならんし、手順をいろいろ考えてー ああなんかアタマ痛い・・・なんやかんやで、サイドマチを除くバッグ本体を縫ったところまでで終了。
そして今日はサイドマチのパターンを描くところから。
畳へりのバッグって一応簡単な設計図は書くけれど、縫い合わせてからの出たとこ勝負的なところがあって(微妙なズレが枚数を重ねることで大きくなりがち)こういうきっちり寸法を合わせて縫うような形はとっても大変。本体とサイドマチの縫い合わせは、予想通りというか予想以上に大変どした・・・
裏地を仕立てて、ファスナーの所でまつりつけて完了。

忘れないうちに俺様メモ。
出来上がりサイズ W33×D14×H23
・バッグ本体 36センチカット(縫い代込み)×15枚接ぐ(つまみタック有り)
・両サイドマチ 26センチカット(縫い代込み)×5枚接いでからパターンに合わせてカット
・持ち手 42センチカット×2枚 ガラ芯入り
・ファスナーポケット向布・ケータイポケット向布・サイドポケット用布・ファスナータブ等
残りが1mちょっと

さて納品時に衝撃の事実が!

続きを読む "畳へりバッグ ミニボストン" »

ソファカバーできた(写真無し)

暑さと疲れで午前中はすっかりダウン。
午後から気を取り直してソファカバーに着手したはいいが、やっぱり寸法メモと図解とざっとしたドレーピングだけでは自信がないな・・・
メモを見ながら、昨日の作業を思い出しつつ生地にはさみを入れる。大丈夫かなーいっそ現地で現物と合わせながら縫いたいなー でも手元スイッチのコンパクトミシンしかなかったよなー
布ものやし多少のズレはなんとかなるだろうと自分に言い聞かせつつ、夕方に何とか完成。

さっそく持って行きました。
ソファに掛けてみたら、うん何とか収まってるわ。激しくずれるようだったら背面でマジックテープ(商品名)なんかで止める必要があるかも~と思ってたけど、まあこれでしばらく使ってもらってからでも遅くはあるまい。

ついでに手持ちの畳へり持って行って「これで良かったら縫いますよ」って言ったら「じゃあデザイン考えとくから、わたし用に置いといてな」ってことで今日は帰ります。

ところが帰宅後すぐ、クライアント様がうちにやってきた。
「ともこさん、このデザインで頼むわー」と、ものすごく気に入って愛用してたけどボロボロになって使えなくなったバッグを押入から発掘してきたらしいです。25年か30年前のだってさ。
畳へりで作るデザインとしてはちょっと???ですが、まあなんとかしますよ。
「よろしくねーできるだけ早くねー電話くれたら取りに来るし♪」
いやあの、ちょっとゆっくりさせてくださいよと思いつつも、すぐに縫ってびっくりさせてやろうと企んでる私。
とにかく、朝起きたときの疲れ具合で決めるとしよう・・・

なんでも屋

先週の土曜日、さをり織りの教室に顔を出したときいつものクライアント様から「私自分で夏のワンピース縫いたいの。何かいい形探しておいて」って言われて(最終的には私が縫うことになるんやけどね)スタイルブックのバックナンバーひっくり返して良さそうなの2~3見繕って持って行ったのに、今日は顔見るなり「ワンピースやめてソファのカバーにするわ」

は?

「今使ってるソファが買ってからもう25年経って革が破れてきたんよ。張り替えてもらおうと思ってお店に問い合わせたけど、新しいの買うほどかかるって言われてん。」
「ボロ隠しにクロス掛けてもずれてくるのが嫌でね」
「おばあちゃん昼寝するとこやし、綿のさらっとした生地がいいからこのワンピースにしようと思った生地で」
「で、ソファのサイズ測ってきたんやけど」

その書いてきたメモを見せられてもよく分からないです・・・
質問しながら、あーでもないこーでもないとやりとりしてたら義母が一言、「今から家連れて行って見てもらい!」

てなわけで、車に乗せられクライアント様宅へ。
ソファを拝見。百聞は一見にしかず、はいはいなるほどねー。
その場で生地を掛けて、各寸法をチェックしながらざっとしたドレーピングをして、まあなんとかなりそうだ。
縫うのはもちろん持って帰って縫いますよ。
「早めにお願いねー」
 わかってますって。

ところで今日はわたくしこの前縫った畳へりバッグを持っていたのですが、クライアント様は目ざとく見つけて「ともこさん、これかぐらやさんのかばん?」
違いますよー自分で縫ったんです。
「えーっ!こんなん自分で縫えるの?いやぁ~ん、私こないだ雑誌で見て良いなと思って通販で買ったのにー。」
「おばあちゃんの分もいっしょに、2万3千円もしたんやで」
私のそれ、材料費2000円ちょっとですよ(笑)
「そんなん先言うてくれやんと~」
でもほら、かぐらやさんはブランドやし本物の満足感があるでしょー。
「そんなんどうでもええねん。ともこさん縫ってくれるんやったら好きなデザインで出来るやん」
「また今度縫ってね」

そっかー。やっぱり奥様方に人気あるんやなぁ。
サンプル的にもう2つ3つ縫ってみようかな。
なんか本業からどんどん離れていくわ。

畳へりバッグ オーダー品

Dscf3899がんばって縫ったよ!
形は以前縫ったのと同じで、と指定があったのでそのまんま作成。ブログに寸法メモ書いておいてよかったわ~(爆)

数をこなせばこなすだけ、どんどん手際が良くなって仕立てもすっきりしてきます。
最初に縫ったクライアント様の畳へりバッグ1号なんて、あれこれ迷ってこねくり回したもんだから、不細工なできあがりで申し訳ない。気に入ってくださっていつも持ってらっしゃるのを目にする度に、なんともいえない気分になるんだよ・・・
次お仕事いただいたらお仕立代取らずに縫わせてもらうかな。ほんとそれぐらいの気分。

本日撤収時に納品してきました。出来上がりを見た他の人たちからもオーダー入りそうな感じ♪

で、今回のイベント売り上げは・・・・1500円で、そこから15%引かれて1275円也~
まあそんなもんでしょうな。ちなみに今回唯一作った印鑑ケースは一つも売れませんでしたことよsad


畳へりバッグ 自分用

イベント用に何か縫うつもりで、とりえず自分のバッグ縫ってみるかー

って、昨日がんばってみたけど・・・・昨日中に縫い終わらなくて、もちろん新しい商品なんか手も付けられずに今朝はほとんど在庫だけを納品。暑いし、夏休み中やし、お客さん少ないだろうなー売れないだろうなーまあ売り上げの15%だけ納めたらええんやし、売れへんかってもそれはそれでヨシとするのだ。

で、商品並べてたら、こないだ畳へりバッグの仕事をくれたクライアント様(出店者)がお見えになって「また友達も頼みたいって言うてんねん」
いいですよーどんなんしますかぁ?
「在庫で水色のへり持ってるって言うてたよねぇ」
・・・すんません、自分用に縫ってるところです。
「じゃああと持ってるの見せてくれる?明日の撤収の時で良いから」「もうひとり、S本さんも頼みたいって言うてたし」

てな訳でお仕事1つ(&不確定なもう一つ)ゲット~
明日の撤収の時に、って言われたけど、今日のうちに決められたら明日縫って明日の撤収時に納品することも可能だから、えーとえーととりあえず縫いかけの自分の仕上げてサンプル的に見せられるようにして、夕方にもう1回手持ちのへり持ってお店に行こう。

Dscf3893
汗ダラダラ流しながらミシンかけて何とか完成。
自分用のなので実験的に接ぎ目利用のケータイ用ポケットを付けてみました。
*参考サイズ*
・バッグ本体40㎝カット(縫い代分込み)×16枚接ぎ つまみタックあり。
・天ファスナーあき・見返し用に40㎝カット×2枚。
・肩紐用に130㎝カット×2(角カン取り付け用含む)。
・残りでポケット向こう布・ファスナー端巻き布等。
・余り数十㎝。

夕方またお店に行って、今朝もらったお仕事の話もまとまったので、明日がんばって縫うよ!


ロックミシン復活~

いろいろあって修理&メンテナンスに出したロックミシン BL4-838DF。
昨日夕方遅くに届いたので、とりあえずついでに頼んだ品物がそろっているかどうかの確認だけして、本日メンテナンスを終えた機体の動作を確認。
うん、ブラボーな使い心地♪

以下、島田ミシン様より戴いたメールの内容を転記。

続きを読む "ロックミシン復活~" »

8月のイベント対策

6月に声掛けてもらって某店の手作りフェアーに出店しましたが、またまたお誘いいただいて、迷ったけれどまた出店させていただくことにしました。

夏休み中やし、何かと忙しいから今回はやめとこうかなーとも思ったのですが、在庫はまだまだあるし(爆)店番いらないし、朝商品並べて夕方回収に行くだけなら次男がいても大丈夫かな、と。
ただ、やっぱり在庫だけじゃね・・・前回と同じお客さまには「売れ残りかよ」と思われても仕方がない。
イベントは今週の木・金。あと今日と明日と明後日しかないよ?

Dscf3886とりあえず、意外な売れ筋商品である印鑑ケース×10個作成。
明日は何縫うかなー。畳へりのバッグ縫えるかなー。暑くてダルダルやからあんまり考えなくても出来るものじゃないとなー。
ティッシュケース作り足すか、がまぐち作るか。口金の在庫が乏しいなぁ。でもあるもので何とか。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ