« パジャマパンツ×3 | トップページ | ロック修理前にじたばた »

ロックミシンのお掃除

よくよく考えてみればこのロックミシン、もうすぐ丸10年を迎えるんだわ。そりゃ調子も悪くなるって。
時々エアークリーナーでホコリ飛ばしてやってるけど、ねじ回して部品外してまでのお手入れはしたこと無いのよな。
よーし、いっちょやってみるかー!

Dscf3875
背面、モーターの収まってるところ。
埃の塊はあるけど、まあびっくりする程じゃあないかな。


Dscf3876
底も外してみた。うーん、汚い。油&埃のミックス。

とりあえず手の届く範囲の埃を取り除いて、ブラシの入るところは掻き出して、掃除機のノズルの届くところは吸い込んで、届かないところはエアークリーナーで吹き飛ばす。

開けたついでにモーターのカーボンもチェック。
Dscf3878
うん、大丈夫そうね。

可動部分に注油をして外したふたを元に戻して試し縫い。うん、オッケー。

だがしかし。

どうやら私はさわらなくても良いところむりやり動かしてしまったようだ・・・
作動レバーの軸を、マイナスねじと勘違いして力ずくでゆるめてしまったのだ。右に回しても締まらないのだ(汗)
昨日からの経過と今日の作業を購入先である島田ミシン商会に問い合わせたところ、以下のようなお返事ががががが

モーターカーボンが十分にあり、しばらく放置したら動き出した、油差しや掃除をしたら非常通り動いている、ということなら、油不足やホコリなどによってミシンが重くなっており、モーターが負荷によって熱くなり、安全ヒューズが働いて止まったと思われます。モーターやフットコントローラーの温度が下がれば、また動き始めます。安全装置が正常に動作している証拠でもありますので、このこと自体には問題はないでしょう。

問題は差動レバーのほうです。裏側からナットを締め直さない限り直りません。
フロントカバーは外しにくいので、ご依頼いただいたほうが安全かと思います。

・・・・・・・・・・・・crying
いいもんいいもん、どうせ修理ついでにオーバーホ-ルも頼むつもりでいたもん。
余計な事しなけりゃそのまま使えたかもしれないけど、プロに見てもらって調子が良くなったほうがいいもん。

急ぎの仕事だけ超特急で終わらせて、オーバーホールに出すとします・・・

« パジャマパンツ×3 | トップページ | ロック修理前にじたばた »

コメント

ありゃ~。
実は私のロックも同じ機種で同じ症状が出てました。
今日、ここを拝見してお掃除などしましたが、
一旦回復しても、またうんうん鳴って止まっちゃうんですわ。
やっぱ、入院ですかね。。。。
とりあえずもう1台あるロックミシンでしのいで
時間のある時に入院させようかと思ってます。
予定外の出費になるのが辛いです。(~_~;)

アリエスさま

ネット上で色々調べたところ、これはベビーロックシリーズ特有の症状らしく
http://tetetta.blog6.fc2.com/blog-date-200804.html
こちらに何軒もの修理事例が書いてありました。
島田ミシンのエイジさんは「このこと自体に問題はない」と書いてらっしゃいますが
部品の摩耗が問題なんだったら交換をお願いしたいところ。
私は↑の掃除後、試し縫い程度しか使ってないのですが、普通に使ったら
やっぱり止まってしまうんかなぁ。
明日もう一度仕事に使って(全開で回して)みます。
予定外の出費はつらいけど、いきなり壊れるよりはマシって事で~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/48983442

この記事へのトラックバック一覧です: ロックミシンのお掃除:

« パジャマパンツ×3 | トップページ | ロック修理前にじたばた »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ