« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

そろそろイベント対策も

4月に近所のお寺で開催される手作り市に参加することになって、ぼちぼちと準備を進めております。

が、普段オーダー品ばかり縫ってるので、通常ならば

縫い上がる→納品→現金収入happy01
でもイベント品はそうじゃない。縫っても縫ってもモノが増えるだけ。生地代付属代の出費。そして確実に売れるという保証はないbearing(昨秋のイベントの売れ残りでちょっと懲りた)
やる気出ねぇ~

まあ私が作りすぎってのが一番問題なのかもcoldsweats01

お寺での手作り市は初開催なので客層が全く読めない。来場者数も。
花祭りに合わせての開催なので、平日昼間。檀家さんの年配組と、子供が小さい専業ママが多いかな、という予測はできるけど、何せ初めての試みなのでねー。とりあえずヨソとかぶらないように年配向け和風小物にしようかな、と考えてます。あとは昨秋の売れ残りをさばきたい。

で、やっぱり生地とか付属とか買っちゃうんだよ。在庫で何とかすればいいのにねー。でも和風の生地はあんまり持ってないし。なるべくお手頃価格のモノを見繕って買ってるけど、それでも積み重なれば結構な額に。そんでもってきっとまた作りすぎてしまうんよな。

先月、お寺で打ち合わせがあって、その時に思ったんやけど・・・・
そこで初めて会った人に、「どこかお店においてるの?私の勤めてる店に手作り品置いてるコーナーがあるんやけど、そこに置いてみない?」って言われて、どんなところかもわからないし、いわゆるほっこり系のモノを期待されてるなら私の作るモノは場違いなムードになりそうで(彼女は私がどんなモノを作るのかは見ていない)とりあえず断ったのね(あいかわらず弱虫)そしたら「何か(作品に)こだわりがあるの?」

違います。こだわりなどないのです。
物作りに対する「こだわり」とか「好きなテイスト」とか「こんなの作りたい」とかそういう強い気持ちがない。強いて言うなら「完成度」に関してはこだわってるけどね。もちろん色や柄・配色の好みはあるよ。でも、たとえば秋のイベントで作ったマスクにしてもティッシュケースにしても先に上代を設定して、制作コスト内で収まる生地や副資材をチョイスするわけよ。「どうしてもこの生地が!」とか「このレースを!」みたいなこだわりはない。デザインにしても、「これが私のスタイル!」ってのもない。大量にできあがった品はバラエティに富んで跳んで飛びまくってる。そして「今回のイベントはババア狙いで和風小物にしようかな~」なんて節操のないことを考える。
そんなヤツが作家ヅラしてショップにモノを並べるなんておこがましい ってのが偽らざる気持ち。

↑のようなことを軟らかい表現で言ったら
「モノが素敵かどうかは買う人が決めるんやからそんなん気にしてたらあかんよー」って言われた。
要するに自信がないんだな。
次回、打ち合わせで集まるときにはサンプルいくつか持って行くつもりなので、私の作ったモノを見てそれでも是非にと請われたら、ちょっとか自信持ってもいいのかなぁ。

小物もいろいろ

Cimg6162ペンケースと名刺入れとがまぐちふたつ。
もっと色々できるかと思ったけど、残り生地はあとわずか。なに作ろうかなー?

とりあえずバッグが3つ

Cimg6159_2校内移動時に使えるような、A4版が入るサイズの小振りな手提げ2つと、マチ幅をたっぷり取った手提げが1つ。
全部同じサイズでもよかったんやけど、支援学級担任は毎日大荷物で出勤してるのであえて大きいものも作成。
せっかくやから、ペンケースもセットで作ろうかなー
1・2年の時の担任にも何か作った方が良いよな・・・

次男の手織り布

Cimg6151「やりたい」と言うので、糸を選ばせて機械にセットしてやって、自由に織らせてみました。
「やりたい」と言ったその日と次の週は見違えるほど集中して織っていたのに、その後はグダグダで、その違いは織り目に如実に表れております。でもいーの。さをり織りは何でもオッケーだもーん。
この布で、クラス担任と支援学級担任と次男担当介助員の3人にバッグを作ります。そして噂を聞いた校長先生が「僕も欲しいなー」と言ったので、校長先生には名刺入れでも作ろうかと。残りはポーチとかがまぐちとか小さいモノ作って、次男がお世話になっている人に配るのだ。
かあちゃんがんばるよー

ベスト&ケープ 全体像

Cimg6147
あるだけでなんとか、ってことで、正直やっつけ感がにじみ出てるような気がしないでもない。
これをお召しになる方は、75歳の一回り上ってことなので~ まあベストもケープも無難な仕上がりかな。あとは衿ぐりでベストとケープをボタン留めしようかどうか考え中。ボタンホール代わりのルーパーも注文してみたけど、体温調節で脱ぎ着することを考えれば、固定する必用はないよなぁ。

久しぶりにボタンホール手まつり

Cimg6133日頃えらそうな事書いておいてなんやこの程度か、とお思いの皆様。

まったく持ってその通り、この程度でございます。

ベスト&ケープの全体像は明日にでも。ボタン付けまだなんです。


まずケープから

Cimg6139毎度のことですがバックが散らかってるのはスルーで。

また冬物に逆戻り。
75歳のクライアント様の入院中のお姉様に、病院で着る暖かいものをってことで、いろいろ考えてベスト&ケープのセットに決定。ベストの裁断を優先して、残りでギリギリ取れる最大の着丈でケープの裁断。とりあえずケープは形になりました。
明日はベスト縫うぜ。


季節先取り2・ベスト

Cimg6127
横浜Nさんへの手みやげ第2弾です。去年の春にワンピース縫って差し上げた残りの生地がやっと形になりました。この形は7~8年前にも一度縫ったことがある形で、確かスタイルブックの製図そのまま縫ってブカブカすぎたような気がしたので脇で適当に詰めました。保管してあったパターンを見ただけでは細かい仕様がわからなくて、その元の作図が載った本を探して探して、でも見つからなくて、過去の写真を探したけどサイズがちっちゃすぎて細かいところまでわからない。しょうがないのでボタン位置とかホール位置とか適当(爆)でもまあこんなもんか。
これで週2枚のノルマ(?)はなんとかクリア。来週からはまた冬物よん。

季節先取り・春夏はおりもの

Cimg6124今週は月火水と出歩いてたので、なんと本日が初仕事。もっと働けよ。

え~こちらは義母と一緒に手織りを楽しんでいたけど横浜に引っ越してしまったNさん用。たくさん織り貯めた生地をを、「ともこさんにお任せするから時間のあるときに縫ってね」と全部大阪に置いていったのだ。来阪の予定に合わせて何枚か縫って差し上げたけど、ここ数年は何かとお忙しいようで大阪に来られることもなく、ついついNさん用の縫い物は後回しになっておりました。
が、来月義母が横浜に行くことになりまして、手みやげ用にと久しぶりに縫っております。
これからの季節用に、ちょっと羽織るタイプのもの。
明日はベスト縫うぜ~


JKの残り生地でベスト

Cimg6120先週縫ったジャケットの残り生地でなんとかベスト作成。見返しと裏衿を別布にして、やっぱりかけらしか残らぬ裁断でした。

ここしばらくは毎週お仕事縫い物2枚ずつこなしてますが、色々と物入りなのでもうちょっとお仕事を増やしたいところ。かといって「お仕事くださーい」と宣伝して、どっと増えたら対応できるのかどうか。
週3枚くらいがいいかなぁ。


手織り布でプルオーバー

Cimg6116簡単なようで実は面倒くさい「じか裁ち」プルオーバー。
2年くらい前に縫ったものから、もう少し袖を細く着丈を短くってことで、修正しながら生地に直接チャコで線ひいて裁断して縫製。今回は生地に余裕があったので、衿をバイヤス裁ちにしてみました。
ちゃんと測って作ったはずが、服の形になってみたら袖が長い。うーむ、重みで伸びたか測りまちがえたか。完成直前に袖丈4センチカット。やっぱり詰めが甘い・・・


コーデュロイのパンツ・着用画像

Cimg6112着せたらこんな感じ。腹出てる~coldsweats01
今シーズンは2枚パンツ縫ったけど、今それしかはかせるものがない状況で、買って済むならと店に連れて行ってあれこれ試着もしてみたけれど、この出腹にあうパンツなんてねぇよ。ゆったりシルエットの160サイズでなんとか・・・って感じ。どんだけ裾切らんとあかんねん。
なので仕事の切れた隙に縫いました。昨日午後から裁断して晩飯の後も縫ってなんとか完成。子供服にはあまり意味のない後ろ玉ぶちポケットフラップ付き、とかたぶん実用性のないカーゴポケットとか、必要ないとは思いつつ何か手をかけないとダサダサになりそうでねー。ディテールは長男が今はいているユニクロカーゴパンツから借用しました。シルエットが違いすぎてお揃いっぽくはならんけどね。
そして失敗には目をつぶるのだ。
今シーズン限りにはしたくないので、シーズン当初に縫ったものより着丈長くしました。でも腹回りはすでにぴったり。うーむ。
シーズン始めにまとめて縫って、シーズン中に着倒すぐらいの気持ちでないとあかんなぁ。

メール不達の件(再掲)

1月24日にメールをくださったFさま(ma*******@yahoo.co.jp)へ
何度かお返事差し上げたのですがエラーで戻ってきてしまいます。
よろしければ再度連絡お願いします。

コーデュロイのパンツ出来たんやけど

Cimg6110裁断間違うたshock
気をつけてたはずなのに、それなのにそれなのに、左ポケットの向布だけなで毛になってるやんか。
自家用やし、思ったほど目立たないし、基本上着が被さって見えないはずやし、次男が着るから良くても2シーズンやし(しつこく言い訳)いいよもう。
はぁ~ 何かと詰めが甘いなぁ。がっくりです。
全体像は明日にでも。

半日で完成するならもっと早く縫ってやれば良かったsweat01


チャイナドレスワンピ

Cimg6107全体像を写すと細長ーい写真になってしまうので、デザインポイントのある上半身だけ。
過去にも縫った形ですが、7号ミニサイズのクライアント様用にコンパクトにグレーディング。
昨日裁断からスタートして、昨日中に終わらせたかったけど無理でした。本日ボタンをまつりつけてスナップつけて完成なり~

手織りウールのJK

Cimg6098いかにも手織り生地のジャケットですな。
手持ちの、残り糸を適当に入れて織ったということですが、ひと玉だけデザイナーもののお高い段染め糸を入れてあるので、そこをよく見えるように使って欲しいってことで~ 右上前身頃にどーんと使ってみました。こういうランダムに柄の入った生地は、型入れに頭を使います。今回の出来はいまいちだー
出来ればベストも欲しいってことで、なるべくケチケチに型入れしたので、ベスト分の生地なんとか残りました。それはまた来週に。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ