« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

婆シャツ・3

Cimg6087おばあちゃんのシャツ縫うの頼まれて、生地探しに行った時どうしても小花模様に目がいってしまって。私が抱くおばあちゃんのイメージは小花模様なのだ~そんでもってトッショリにはきれいな色を来て欲しい。可愛らしくあって欲しい。そんなイメージで選んでみたけど、ちょっとパジャマくさかったかも(爆)
生地選びは難しいわ。

え~ 肩幅狭くして身幅も狭く、袖底もあげてAHを小さくした上で、ヨーク下にギャザー入れてほぼ元型の身幅をキープ。袖にもギャザー分を展開して、元型より少し太めになったくらい。衿もフリルカラーにしてみました。
組み立てもせずパターン上の展開だけで補正した形ですが、身頃と袖のバランスはやっぱこれぐらいがいいなー。
次また頼まれることがあったら、シャツパターンも補正しよう。


婆シャツ・2

Cimg6089オットのおばあちゃんに、昨年シャツを縫って差し上げたのですが、こないだまた縫ってやって欲しいとリクエストがありまして、とりあえず同型で1枚。
去年縫って差し上げたの、着用姿を見るとかなりゆったりで肩も落ちてるし、ゆったりすぎて身頃に取ったダーツも意味ないじゃんってくらい。もうちょっとタイトでも良いのかなと思ったけど、いやいや小さくすると着るとき(着せる時)に大変になりそうやしなー。
去年のシャツ、実物大パターンを参考に作ったけど、正直あまり良い形とは思えない・・・今年も同型で縫ってといてナンですが、今回の仕上がりを見て改めて思った。
肩幅の設定のわりに袖山が高すぎると思うんよね。袖底も低いし(だから袖山が高くなる)腕をおろしている時は美しいけど、自由な動きを妨げそうな袖。
でも、大正3年生まれのおばあちゃんだから、吊革につかまったり戸棚の上にものをしまったりラジオ体操したりそんな大きな動きはしないもんなー。袖ぐりが大きい方が着替えやすいのは確かやし、これはこれで良いのかなぁ?

同じ量感になるように、肩幅を狭めてヨーク下と袖山にギャザーを入れたパターンを作ってみたので、明日それでもう1枚縫います。


夫婦ベストだけどバラバラ

Cimg6085先日、義母が小学校時代の恩師のところに旅行へ行きまして、お世話になったお礼に手織りの布でベストを、というわけで特急ソーイング。
一から織ってる時間がないので、義母がこれまでに織った在庫の中からぬくそうなのを探し出してまず1枚、ご主人用のベスト。
この生地、手触りふかふかで柔らかくて縫ってて気持ちよかったです。
この生地、たくさんあるので奥様用も縫えないことはないのですが、色違いならともかく全くの同じ生地でだともらった方も困りそうだし、どうせなら明るいきれいな色目のものを贈りたいって事で、義母が超特急1着分織った生地がこちら。
Cimg6082年配の方に評判の良い、ヨーク切り替えの肩先暖かいベストにしようと思ったら生地が足らん・・・ので、肩先身頃続きにして身幅足りない分は脇マチを入れて残った生地をツギハギにしてポケットつけて、余すところなく生地使い切って完成。
カラフルなネップの入った横糸なのでわかりづらいでしょうが、縦糸を絣に染めた生地でよく見るとエンジっぽところとグリーンぽい所があるのです。
普通にボタンつけるつもりでいろいろ載っけてみたけど、どうもうるさすぎたり存在感無さすぎたり丁度良いのがなかったので、ドーンとワンボタンをポイントにしてやったぜ。はだけないように下はスナップ止め2個。

問題は、サイズを測らせてもらったわけでなく、義母の見た印象と向こうで撮った写真を元に「多分これくらいだろう」という想像で作ったものだから、果たして体に合うかどうか・・・どきどき。


かけらしか残らない裁断

Cimg6059我ながら凄いわ~
生地分量に合わせてパターン描いて見返しも接いでポケットもツギハギにして、残ったのがこれだけ。
一応クライアント様にお返しするけど、使い道はないと思うな~
出来上がり全体像は明日にでも。

紳士ベスト途中

Cimg6076有型なのでやる気さえあれば早いんだがなー
どうも風邪ひいたみたいでアタマ痛くて、ちょっと縫っては休憩縫っては休憩で、ボタンホールまでたどり着かなかった・・・
明日の分とまとめて作業するかな。


ミックスカラー

Cimg6047何色とも表現しがたい、ミックスカラー糸で織った布のベスト。
生地幅が狭いので(23センチ)なるべくロスの少ないようにパターンを考える時間が長かったです。
んで、やっぱりぎりぎりマーキング(汗)毎度毎度ぎりぎり間に合ってしまう私、これって実はすごい才能なのかも(?)

さー、次もベストよ。

黒いベスト3着目

Cimg6054
3着目はクライアント様ご本人用なので、年配向けに肩先まで温かいデザインをチョイス。
かけらしか残らないぎりぎりマーキングで何とか3着目も完成。

次もベストだ。

ベスト2枚まとめて完成

Cimg6040基本的には1枚ずつ仕上げる性質ですが、今回は同じ生地で2着(3着目はまだデザインが決まってない)なので、まとめて縫製。
といっても見返し布(別布使用)が足りなくて、まず昨日1着形にして、今日生地買いに行ってすぐ水通しして乾かしてアイロンかけて裁断→縫製で2着目完成という流れ。

こないだ縫ったベストの形が気に入ったので、9号相当にグレーディングしてまず1着目。
(前回のは7号相当身長かなり低めの方用でした)
合わなかった肩線もちゃんと修正しましたよ(爆)

Cimg6035基本は上と同じシルエットで、ディテールを変えてもう1着がこちら。
3着目の生地を残したい気持ちもあって、着丈は短めにしました。

今週はベスト3枚完成。
来週もベストとりあえず2枚。義母が旅行から帰ってきたらさらに追加で2枚(予定)。
なんか毎年1月はベストばっかり縫ってるような気がします。

2着まとめて裁断

Cimg6029手織り生地は生地幅が狭い分どうしてもロスが大きくなりがち。なるべく無駄がでないように切りかえ位置をずらしてみたり裏返して差し込んでみたり見えないところを接いでみたりしてます。
今回の依頼は「ベスト2着(娘と息子嫁用)残ればもう1着(自分用)」というもの。あまり長さがないので3着は厳しいなー。でも見返しを別布でとって、きちきちに差し込んだら3着目なんとかなるかも。
で、2着分(別デザイン)をまとめて裁断。後ろ身頃は生地幅ぴったりで収まった~ 前身頃は写真の通り、混ぜて差し込み裁断。なんとか3着目の生地を残すことができました。
でも見返し用の別布が足らんかった・・・明日朝から買いに行くぜ~
とりあえず1着は形になりました。

2010年初仕事

Cimg6024じゃーん。義母のベスト完成。
今年一年を占うにしては「・・・」な仕上がりかもしれません。少なくとも「さいさきの良いスタート」とは言えないわ~
でもがんばる。

この先、しばらくベストが続きます。

きりび

Cimg6018めずらしく「きりび」してます。ポイントだけ。
きちんと印し付けたのにポケットがずれているのは、パネル切りかえ位置で身幅をちょっと出したからです。
長年の経験と勘とか言って、このざまか・・・・
身頃本体は出来上がってまとめ作業を残すのみ。

紙の組み立て

Cimg6016この冬休み中は「無理!」と判断して、仕事らしい仕事は何もしませんでした。
子供らの冬休みが終わって、ふと我に返ると急ぎの仕事が山積み・・・・
本格的に授業が始まる明日から仕事復帰、と思っていたけど、できることはできるうちに進めていかんと色々困ったことになりそうなので~とりあえずパターンから。来週の旅行用に義母のベストのパターン。
衿元のざっとしたバランスを見るのに、紙に書いたパターンそのままピンで組み立てて様子見。本来ならばこのあたとシーチングで組み立てて微調整するのが筋ですが、長年の経験と勘を信じてこのまま進めます。
・・・多分大丈夫なはず。

2010年初縫いは

Cimg6013レースカーテンの丈詰めでした。
元々これはカーテンとして使うつもりじゃなくて、いつぞや紹介したお人形(途中経過)の衣装っつーか変化というかそういう事に使おうと思って買ってあったもので。もちろんお人形はあれ以来まったく進んでませんことよ(爆)
年末の掃除の時に、レースのカーテンをうっかり裂いてしまったので(経年による劣化が原因)とりあえずあるものでなんとかしようと思って~
当初の目的用に柄重視で買ったので、掃き出し窓用の長さがありましたが腰高窓用に50センチ弱カット。
このカット分でお人形の分もなんとかなりそうです。
・・・・今年中にはなんとかしたいなー

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ