« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

いつものベスト

Cimg5375この形も何枚縫った事やら。
ただし今回は生地が足りなかったので、脇に別生地で切りかえ入れたりして(見返しや袖ぐりバイヤスも別生地)ちょっと面倒でした。

テレビ枕(便利な嫁)

Cimg5360「これでじいちゃん(義父)の枕作ったって」と義母に渡されたのは、竹を編んで作った枕とクッションシート2枚。竹枕の周りにシート巻いて成形して欲しいとのこと。取り外しできるカバーも作ってね、生地はなんかあるもんでええから、あ、ファスナーはあるからコレ使って、とファスナーも支給されまして。

クッションシートの継ぎ目に段が出来ないように斜めに削り、竹枕に巻き付けて手縫いでしっかりガッチリ止めつける。
その上から、シーチングをきつく巻き付けて成形。楕円になったサイドはギャザーを寄せて縫い止める。本体でけた♪
カバーの生地は、かれこれ8年寝かせている座布団カバー用の生地。片面でちょうどおさまりそうだ。
さすがにカバーはパターンを作らないと難しそう・・・で、サイドの楕円形だけパターンを作って、でも縫い代は目分量でカット。しっかりした円柱型なので、大きく開かないと出し入れできないなー 両サイドの楕円の長径をまっぷたつにする形で、コの字にファスナーをつけようか。

所要時間90分ほど。
適当に作ったわりにはあら素敵♪
じいちゃんが、寝っ転がってテレビ見る時に使うそうです。

手織り布でシャツワンピ(途中)

Cimg5362あと、ボタンホールボタン付けを残すのみ。ミシン糸を使い切ってしまって足踏み状態です。

義母主催の手織りサークル初期メンバーで、数年前に関東へ越してしまったNさんが、今週末久しぶりに来阪されるということで、「よろしくね」と残していった生地を奥から引っ張り出して縫ってます。
これの残りの生地でロングベストも縫う予定。
うまい具合に生地が残れば、ワンピに共布ベルトを作りたいところ。

*5/20追記*
Nさん来阪は延期になりました。
「こんな時に大阪に行くなんてとんでもない!」と、周囲の圧力がすごいらしく・・・まあしょうがないですな。

紅藤

Cimg5356これはもう見飽きた形でしょうから、全体像は省きます。
手織り生地の質感と、すっかり手慣れた釈迦結びのボタンをご覧下さい。

最近手織り教室に仲間入りした新しいクライアント様は、今までのメンバーにはいなかったタイプの体型の方でして・・・
過去作品の写真資料見て「この形で」って指定されても、かなり補正しないと使えない。9号ボディより小さいとなるとなぁ・・・未知の世界よ。

ヨソ様の母の日対策

Cimg5347自分とこの母の日に何か縫おうと思っていたのも間に合わないのに、ヨソ様の母の日ものが間に合うわけないじゃん。ていうか、母の日前日に生地織り上がってんだから、それは無理ってもんですよお客さん。
基本有り型なので取りかかれば早いのですが、柄の配置をどうするかで結構悩みます。
3日遅れで出来上がって、明日早朝にお届けに上がります・・・

喪服ワンピース

Cimg5331着物(喪服)をほどいた生地で作った喪服ワンピース。
ちょっと光沢のある、洋服地で言うとファイユみたいな目の詰んだ生地で、衿の返りがカクカクしてしまったのがちょっと残念なところ。
デザインはもう、クライアント様のおっしゃる通りに。

裁断してしまえば縫うのは早いと思っていたけど、スカートの縦接ぎとかギャザー寄せとか、予想以上に時間がかかってしまいました。(ギャザー苦手)
まだまだ読みが甘いです。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ