« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ワイシャツリメイクその2

Cimg5319リメイク前の写真がないと意味ねーな。
まあ、ごく普通の白ワイシャツだったと思ってください。
上衿を外してスタンドカラーに、身頃はコンパクトに、はっきり言って一から縫わせて下さいよって感じの作業でした。
今回は、お袖を山側でカットしたのですが、クライアント様は小柄で(140センチちょっと?)設定袖丈がかなり短めなので、後ろから見ると短冊がやけに長い・・・
短冊の途中にもボタンが付いているので、中途半端にカットするのも難しいし、これはこれでヨシとするかな。
イセの入りづらい素材(T/Cブロード)で袖つけに難儀しました。

この手の仕事は勘弁して欲しいっす。

ワイシャツリメイクその1

Cimg5316こっちの方が簡単、と思っていたら意外と手間取った。
袖丈着丈共に8センチカット、カットした身頃で箱ポケット口布をとりました。さすがにパッチポケットは無理。
袖はカフス側でカット、短冊は面倒だったのでスラッシュあきにしてます。
付いていたボタンがあまりにオッサンぽかったので、在庫のココナツボタンとチェンジしました。

ほどくのは嫌いだ

Cimg5315でも仕事だから。
ほどく時、最近はメガネ外した方が楽だったりするあたりが何ともかんとも。

え~ 紳士物ワイシャツを、小柄な婦人サイズにします。
写真奥のストライプは、着丈袖丈共に8センチカットして身頃にポケットをプラス。冷房対策のブラウスジャケット風になる予定。
手前の白は、上衿を外してスタンドカラーに変更、身頃もコンパクトに作り替える予定。

姪に服を

Cimg5302たまには姪っ子達に服でも縫うか、という気持ちはあれどなかなか手をつけられなかったのですが、このたびようやく着手。

パターンは、サンパターンのMパターン子供服シリーズ(ヨークチュニックブラウス)を使用。とりあえず補正なしでそのまま縫ってみました。
ん~ 袖が細い。姪っ子達はかなり小柄で、学校や幼稚園でもダントツの一番前なので、実年齢は6歳4歳ですが、パターンは4歳2歳用を選択しましたところ、「今シーズン限り」って感じのサイズ感。そりゃそうだ。
別に窮屈なわけでもないし、ぶかぶか着せるの好きじゃないからそれはそれでオッケーなのですが、やっぱりお袖は細いな~つーか袖山が高い設定やな~
身頃がギャザーでゆったりしているだけに、袖にもうちょっとゆとりを持たせてやれば、背丈が伸びても重ね着なんかで長く着られるのになー と思いました。次回(いつ?)補正しよう。

Cimg5312さらにもう一ペア。Vネックシャーリングワンピースだったかな。
可愛いなーと思って買った生地ですが、服に仕立てるとくどいわ(爆)女の子だからといってここまで甘甘にしなくてもいいのね・・・
特に小学生になると、甘甘の可愛いてんこ盛り→甘辛のちょっとお姉さんチックなものにシフトするらしいからなー。でも4歳児には超ど真ん中ストライク・ハートぶち抜きだった模様。
喜んでもらえておばちゃん嬉しいよ。

パターンはもう一つ買ってあるので、安くて可愛い生地を見つけて縫いましょう。

オーバーオール(改)

Cimg5298義父のオーバーオールも4作目。
(これまでの経緯はこちら
2005年作の1作目がいよいよダメになってしまうので(それでもしつこく着続けている)それに変わるものを、なんですが、義父の体型が変わってしまいまして・・・・病気してかなり痩せちゃったので、ゆとりを削る方向でパターン修正。
一昨日裁断して、昨日今日で縫い上げました。
これからの季節に合わせてなので、やや薄手のヒッコリーです。
細いストライプの上を走るステッチ、目で追うのが辛かった~ダブルステッチ、かなりヨロヨロしてます。
そして相変わらず写真が下手。

まるでおんなじベスト

Cimg5290コレでいいのかなーと心配しつつも、これ以上はどうしようもないし。
昨日のジャケットの、袖をなくして袖ぐりをベスト用にライン修正しただけ。見どころがなくて申し訳ない。

やっぱりなんか違う

Cimg5283どうやっても古着っぽくはならんので、デザインのディテールだけ再現しました。
クライアント様がなんとおっしゃるか・・・

納品は土曜日の予定。

さらに、このデザインのベストも縫うのです。
明日中にはなんとか。

どんずば

Cimg5287今手がけている仕事は「この形と同じの作って」ってヤツなのですが、いろいろと問題がありまして・・・・

預かった服が左の写真のコレ。
身頃はデニムと裏毛の組み合わせ。でも預かった生地はニットではなく織物(手織り生地)。この寸法で作るときっと窮屈だろうなぁ・・・と思って、クライアント様にその旨伝えてもいまいちピンとこないみたいで、「いいのよこの形で」って。そんでもって写真は小さいからわかりづらいだろうけど、異素材の接ぎ合わせ部分、裏毛が裁ち切りでデニムの上に乗っかった形でステッチ叩きつけなんだわ。手織り生地でコレをやると、わさわさフリンジになるんよな~それでええんかな?さらに、古着っぽくタックボタン位置の補強にヒッコリーやらコーデュロイやらパッチしてあったりするのだ。ボタンなんて4つともデザインバラバラ。デニムはいい具合に色落ちしてるけど、そんなん再現不可能ですがな。昨日ゴシゴシしてはみたけど、まんべんなくしかもたいして薄くならんしステッチ糸は染まるし丈は縮むし。

見た目部分のこともあるけどパターン的にも問題有り。
デニムが縮んで前がつり上がってるせいもあるんやろうけど、前後のバランスが悪くて、着てみたら後衿ぐりが首をぐいぐい押してくる。

ここら辺をふまえて、布帛での最低必要寸法をキープしつつバランスを整えてパターン作って、ボチボチ縫いかけているわけですが・・・・
クライアント様の思ったようになってるのかなぁ?
とりあえず見本の雰囲気とは違ったものが出来そうです。

デニムの色落ち(色落とし)

春休み中はなかなか思うように動けませんでしたが、心機一転!がんばります。
だっていろいろ追いつめられてきたし(謎)

Cimg5277デニムと手織り生地を合わせて服を縫うのですが、デニムの色落ちがね・・・服になってからの色移りを多少なりとも抑えたい、のでパーツの段階でむりやり色を落としてみました。見てよこの色水。水の量が少ないからとはいえ、ブラシでこするとどんどん流れ出る染料でこんな色になりました。一応、反物の時点でも水通しはしてるんですけどねー

このあと、さらに洗濯機でガラガラ回して今干してるところなのですが・・・・
ちょっとやりすぎたか、白のステッチ糸まで染まってしまった(!)まあそれはそれでええんやけど、このあとボタンホール開けたら、糸の色の差が目立つかな・・・糸はポリエステルやし(基本染まりにくい)何度か洗ったら色も褪せてくると思いたい。

Cimg5280もちろん、爪もブラシもブルーに染まりましたよ。
恐るべしインディゴ。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ