« 08/01/09 紳士ベスト2枚完成 | トップページ | 08/01/11 黒いジャケット »

教訓

私、去年の記事で、教訓としてこんな事書きました。

教訓。
見た目の印象で判断してはいけません。
必ずメジャーを当てて、サイズを確認しましょう。
(自己申告や、周囲の人間の意見も当てになりません)
(「いつもは○号を着ている」も信用しない方が良いです)

でも、また失敗しました・・・・
3つ下の、新年初仕事のベスト。小さかったんだって・・・
前が閉まらない、それも10センチ以上足りないって。
脇に布を足そうにも、生地はかけらしか残ってないし。

これに関しては、間に入った義母も驚きを隠せない様子。
(だって義母が採寸したもん)
着衣の上からゆったりはかってバスト115センチ。ベストの出来上がりはバスト123センチ。生地の厚みを考えても、120センチはあるはず。前端前端の間が10センチ以上開くって事は、打ち合わせ分4センチを含めて14センチ以上、ゆるみが必要なことを考えれば、出来上がりサイズをあと20センチは大きくしないといけない事になります。ええ~!
私のグレーディングで、、ゆるみが少なめだったことは認めます。でも「着衣の上から」「ゆったり測って」って言われてたしな。それを割り引いても、出来上がりはせいぜいバスト130まででしょう。それでもやっぱり前は閉まらなかったはず。

考えられるのは、義母のはかり間違いor記憶違い。
あと、義母によると、採寸の時は薄手のユニフォーム(看護婦さんなの)だったけど、ベスト出来上がりを着用したときはセーターを着ていた、と。
寒いときに着るものだから(年配の方でもあるし)ある程度着込んだ上に着ることを想定しておかないといけなかったのよな。
それと、ふくよかな方特有の事情として、下着で体型や寸法が大きく変動すると言うこと。
お仕事の時はびしっと整えて締め付けていても、プライベートではだらんとリラックス~ということも十分考えられます。
(これについては、お会いしたことのない方なので想像でしかありませんが)

ご本人さまは「前開けて着るわよ」とおっしゃってくれているそうですが、そういうわけにはいきません。
新たに別の生地を用意して(義母が織ります)、20センチ大きくして縫いますよ。
仕事でLサイズを扱っていましたけど、ここまで大きいのはなかったなぁ・・・

というわけで、新・教訓

見た目の印象で判断してはいけません。
必ず自分でメジャーを当てて、サイズを確認しましょう。
(自己申告や、周囲の人間の意見も当てになりません)
(「いつもは○号を着ている」も信用しない方が良いです)

お会いしたことのない人のものは、引き受けない方がいいかもしんない・・・

« 08/01/09 紳士ベスト2枚完成 | トップページ | 08/01/11 黒いジャケット »

コメント

たなかともこさま
タフな仕事していますね。
私は採寸できない方のお洋服は作らないので、たなかさんの勇気?と見込みがさすがと思ってました。
寸法の大きい方は誤差のピッチも大きくなるということでしょうか・・・。
でも教訓得たと考えられるたなかさんには見返り(いい意味で)も必ず来ます!!

私は海外行く前の日本の仕事は割合細めの方が顧客に多かったのですが、いまお会いする方はチュニジア並で日本もグラマーになったと言っています。

うーん、実は何度か同じ失敗をしているのですよ。
学習しないというか懲りないというか馬鹿というか。
今回は、せめて服のシルエットだけでも、とウエストダーツをあとでつまみ縫いしたのが裏目に出たようです。
年配で、このバスト寸法なら、くびれなど無いと言うことを失念しておりました。
まあ、ダーツをほどいたところでボタンは閉まらないと思いますがね・・・

ほかに、ふくよかさん特有の現象としては「美しいゆとり感」を把握してない方が多いです。
「ボタンが閉まればオッケー」「ファスナーが上がればオッケー」的な感覚。
いやそれは見苦しいほどピチピチですよ・・・ってこちらが思っていても、ご本人的にはオッケーだったりします。

以前も「このベスト、いつも着てる奴でぴったりだからこれと同じの作って」って依頼されて、をを、これなら絶対大丈夫と思ってそのまま型取って縫って、大丈夫だったの。(私は着用姿を見ていません)
しばらく経って、冬物の厚手の生地でデザインを変えて縫って差し上げたら「前が閉まらない」って言われました。
どうやら「いつも着ているぴったり」は文字通りの「ぴったり」だった模様。生地の厚みと、中に着込んだ分と、縫い減り分とで、サイズアウトしたようです。
元々ゆとりを持って着てらしたら、少々窮屈でも「前が閉まらない」ほどの事はないと思うんですよ。
お会いしたことない人のは本当に難しいです。

と、いいわけがましくいろいろ書きましたが、やっぱり私が悪いのです。
「採寸できない方のお洋服は作らない」
それが一番のような気がします。

おかしくってクスクス笑いました。{ごめんなさい」真剣にお仕事なさっているのにね。
大きい服なんですね。半分お肉欲しいですわ

私はミセスのmでは大きいしSでは裄が短いし、若者の服ではぴったりしすぎて、このババにには気持ち悪いし・・・

中途半端で昔の服をひっぱり出すほうがあうのかな?
太くても細くても悩みますね。

なな様
はじめまして・・・でしょうか?
コメントありがとうございます。

仕事でLサイズを扱っていたこともありますが、私自身がチビデブなので、Lサイズの気持ちはよくわかるし、少しでもスッキリ見えるようにといろいろ考えてながら仕事してます。

ふくよかさんの「おいおい、それはないだろうよ・・・」のお話は他にもいろいろありますので、機会を見て紹介したいと思ってます。

既製服のサイズ展開も、全体的に大きい人・小さい人向けはわりとありますが、なな様のように細い人向きは、特にミセスでは少ないようですね。
なな様は手作りはなさいませんか?

私はたなかともこさんの大フアンです
洋裁も子育ても一生懸命になさっているので
楽しみにしてます。
今まで何回かコメントさせていただきましたが、残念!!
いつも頑張ってられるのでエネルギーを頂いています。
名前はななと思うんだけどまちがってるのかしら?
何しろ70に手が届くのですが、これからも毎日お邪魔しますね。よろしくお願いします

なな様
ごめんなさい!今回書いてくださった年齢と、メールアドレスとで確認できました。
(なな様のメールアドレスは私にだけ送信されてますので)
何度か直接メールくださった、京都のイニシャルST様ですね。以前は本名でメッセージいただいてましたので、お名前が違っていてわかりませんでした。
これからは「なな」様ですね。もう忘れませんよ~
なかなか毎日更新というわけにはいきませんが、がんばりますのでよろしくお願いします。
お母様はお元気でいらっしゃいますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/17653041

この記事へのトラックバック一覧です: 教訓:

« 08/01/09 紳士ベスト2枚完成 | トップページ | 08/01/11 黒いジャケット »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ