« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

08/01/23 じか裁ちプルオーバー

Cimg4139これは義母の。
下のベストの、縦糸共通の横糸違いの生地。義母友人のベスト2枚になる予定だったのですが、織り上がると何故かご本人のプルオーバーになることに。

パターンなしのじか裁ちなので簡単に出来ると思っていたら、ほぼ形になってから、サイズ感(ゆとり感)が義母の希望と大きく違っていることが判明・・・・ご丁寧に折り伏せ縫いしていた所をほどきましたよ。モヘアが入った糸なので、縫い目が埋まってもう大変。
さらに衿付けでも、こんなもんかなと縫って着てみたら、ちょっとキツイ・・・ほどいて衿裁ち直して縫い直し。だめじゃん私。
予定の倍ぐらい時間かかったわ~。

08/01/21 もいっちょベスト

Cimg4133下のベストの、縦糸共通横糸違いの手織り生地です。形は一緒。

これでいったんベストは終了。
次はプルオーバー一枚縫って、その次はやっぱりベストだ。

08/01/19 とことんベスト

Cimg4134以前縫った「還暦ベストシリーズ」からパターンを拝借。
脇縫い・裾始末がいらないので、仕事が速いです。ポケットもないし。
のんびり縫って、裁断~完成まで2時間ちょっと。

08/01/18 まだまだベスト

Cimg4125先日の、前が閉まらなかったベストのリベンジバージョン。
バスト寸法、さらに+16センチよ。

仕事でさんざんLサイズを扱ってきたけれど、ここまで大きいのは初めてかもしれません。
縦横比が・・・・お座布団のようだわ(笑)
ここまで来ると、17号ボディに着せてもスカスカすぎてわかりません。
着用姿を拝見したいところです。義母のお出かけについて行こうかしら。

グレーディングしながら、誰かの格言をよく思い出します。
「幸せな家庭はよく似通っているけれど、不幸な家庭はそれぞれ違っている」みたいな感じの。
やせ~標準体型の人のボディバランスは似通っているけれど、デブの太り方は人それぞれなんだよなー。
リンゴ型洋なし型ドラム缶型ダイナマイト型・・・・
いえ、デブが不幸って事ではなくて、標準から離れるほど偏差が大きくなるってことね。

08/01/17 ひたすらベスト

Cimg4120これは義父の通勤用。

今月、ベスト7枚目よ。そしてあしたもベスト縫う予定。さらにあと2枚、ベストの生地が用意されてます。

そろそろボタンの在庫が底ついてきました。

08/01/15 またまたベスト

Cimg4114紳士物を同型で2枚。
やっぱり手織りの生地で、縦糸が共通で横糸違いの2枚です。
ずーっと前に紳士物のジャケットを縫った残り生地。しまい込んでいたまま忘却の彼方にあったのですが、昨年暮れに発掘されてやっと日の目を見ました。
生地がギリギリだったので、黒い方(右)はむりやり箱ポケットにしました。へたくそです。

08/01/11 黒いジャケット

Cimg4112「80代のおばあさんがお葬式に着ていけるうわっぱりで、それを羽織れば下に何着てても大丈夫な奴」という依頼。なので
「詰まった衿ぐり」=下の服が見えない
「袖ぐりはゆったり」=中に着込める
「ポケット必須」=ハンカチとか入れたい
ここら辺の条件をクリアする以前に縫った有り型から、微妙にサイズを大きくして(こないだのでちょっと懲りた)パターンを作成。
昨日裁断して、ボチボチ縫いかけて、今日も縫って完成に至る。
本当は朝のうちに形にしてボタン買いに行こうと思っていたのですが、スケジュールがどんどん後にずれ込んできて身動きが取れなくなったので、手持ちの在庫ボタンで間に合わせました。明日納品したいし。
本当はつや消しのボタンが良かったんだがなー。
真っ黒だし、たいしておもしろい形でもないので、衿元だけ。

教訓

私、去年の記事で、教訓としてこんな事書きました。

教訓。
見た目の印象で判断してはいけません。
必ずメジャーを当てて、サイズを確認しましょう。
(自己申告や、周囲の人間の意見も当てになりません)
(「いつもは○号を着ている」も信用しない方が良いです)

でも、また失敗しました・・・・
3つ下の、新年初仕事のベスト。小さかったんだって・・・
前が閉まらない、それも10センチ以上足りないって。
脇に布を足そうにも、生地はかけらしか残ってないし。

これに関しては、間に入った義母も驚きを隠せない様子。
(だって義母が採寸したもん)
着衣の上からゆったりはかってバスト115センチ。ベストの出来上がりはバスト123センチ。生地の厚みを考えても、120センチはあるはず。前端前端の間が10センチ以上開くって事は、打ち合わせ分4センチを含めて14センチ以上、ゆるみが必要なことを考えれば、出来上がりサイズをあと20センチは大きくしないといけない事になります。ええ~!
私のグレーディングで、、ゆるみが少なめだったことは認めます。でも「着衣の上から」「ゆったり測って」って言われてたしな。それを割り引いても、出来上がりはせいぜいバスト130まででしょう。それでもやっぱり前は閉まらなかったはず。

考えられるのは、義母のはかり間違いor記憶違い。
あと、義母によると、採寸の時は薄手のユニフォーム(看護婦さんなの)だったけど、ベスト出来上がりを着用したときはセーターを着ていた、と。
寒いときに着るものだから(年配の方でもあるし)ある程度着込んだ上に着ることを想定しておかないといけなかったのよな。
それと、ふくよかな方特有の事情として、下着で体型や寸法が大きく変動すると言うこと。
お仕事の時はびしっと整えて締め付けていても、プライベートではだらんとリラックス~ということも十分考えられます。
(これについては、お会いしたことのない方なので想像でしかありませんが)

ご本人さまは「前開けて着るわよ」とおっしゃってくれているそうですが、そういうわけにはいきません。
新たに別の生地を用意して(義母が織ります)、20センチ大きくして縫いますよ。
仕事でLサイズを扱っていましたけど、ここまで大きいのはなかったなぁ・・・

というわけで、新・教訓

見た目の印象で判断してはいけません。
必ず自分でメジャーを当てて、サイズを確認しましょう。
(自己申告や、周囲の人間の意見も当てになりません)
(「いつもは○号を着ている」も信用しない方が良いです)

お会いしたことのない人のものは、引き受けない方がいいかもしんない・・・

08/01/09 紳士ベスト2枚完成

Cimg4107同じ黒糸で縫えるので同時進行。
昨日のうちに形になってはいたのですが、ボタン付けのみ残してましたので・・・本日、ボタンつけて完成。

今回は結局家庭用ミシンでボタンホールを作ったのですが、実は何度か失敗してまして、ほどくのに難儀しました。だって黒やし。
一応、ミシンのホールにも「鳩目ボタンホール」はあるのですが、上がりがいまいちなので使ってません。今回は幅広めのシャツホールで対応してます。(これは結構きれいな仕上がり)

職業用につける、ボタンホーラーっていいのかなぁ・・・

08/01/07 さらにもう1枚&裁断2枚

Cimg4102朝からちょろっと有り型いじって裁断、午後から縫い始めて夕方完成。

一応、構想の段階で仮決定はしているのですが、いつも服の形になってからボタンのバランス(個数・大きさ・位置)を本決めするのですよ私。手持ちの在庫でぴったりのものがあるときはいいのですが、何ともならなくて無理矢理何とかすることも多いです。今回は結構無理矢理系かも・・・
構想の段階では、やや小さめのボタンをたくさん並べたらカワイイかな~と思ってたんですけどね。服の形になって、ボタン乗っけてみたらどうも違う。
あれこれ悩んで、こうなりました。でもこれがベスト(最上級)じゃないなーとも思ってる。ここらへんが私の限界か。

でも義母は気に入ってくれたようなので、ヨシとします。一応のノルマ達成。

「残りの生地でK先生のベスト縫えるかなぁ?15日から旅行に出かけるって言うてはったから、今週中くらいに(以下略)」
K先生から、息子たちにお年玉をいただいたのよね・・・有り型やし、間に合うでしょう。間に合わせますともさ。
Cimg4105というわけで、さっそく裁断。ついでにもう1枚、同じ黒糸で縫えるもの(これも紳士ベスト)を裁断。
夕食後にテープ貼ったりロックかけたりの下準備。明日中に2枚縫えるか。

もう1枚、黒の一重ジャケット頼まれてるの、これも同時進行で進めて、金曜日にまとめてボタンホール加工に持ち込もうかな・・・って、そんなに縫えるのかな私。

写真はありませんが、今日はこのほかにも明日提出用の雑巾4枚縫いました。
年明け早々、よぉ働くわ~

08/01/06 新年初仕事ベスト完成

Cimg4097そろそろ新しい形を提案しないと、いい加減飽きてきました、この形。
でも奥様方には評判いいのも事実。
この衿デザインで縫ったの、かれこれ10枚を超えるのでは無かろうか。もしかして20枚近いかも。
同デザインとはいえ、生地幅は違うサイズが違う要尺に制限があるなどオーダーごとにいろいろあるので、パターンは5種類ぐらいあるはず(未確認) 自分でも把握しきれてませんわ。

飽きた飽きたと言いつつ、明日もこの衿デザインで縫う予定だったりするんだなー。

08/01/04 仕事始め

いまだ冬休みの息子たちの相手をしていると、どうもお休みモードになってしまいますが、仕事(納期)は待ってくれません。

今日は義母に頼まれたお友達用ベストのグレーディングから。
JISで言うと何号になるのか、もはや計算も面倒くさいバスト115センチ(着衣の上からゆったり目に計測)の方用なので、まあ出来上がり寸法で125センチあればいいか。有り型のバスト上がり107センチのものから、4分の1パーツで4センチ、トータル+16センチの123センチ上がりにグレーディング。

しかしまあ、仕事でやってなきゃこんなグレーディング想像も付かんよな・・・
ワタクシ、昔Lサイズミセスブランドにいたのでこの辺は超得意分野だったりするのだ。わっはっは。
9号A体からJIS17号AB体にするという変則グレーディングをみっちり仕込まれましたがな。身長は伸びずに、身幅と厚みががんがん増えていくグレーディング。
今の仕事にめっちゃ役立ってますよ。

とりあえず裁断&芯貼りまで。明日・・・は縫えないか。
え~「9日に2枚持って行きたいからよろしくね」だそうなのでぇ、ま、がんばりますよ。

去年のものですが

Cimg4076昨年末にupしそびれたものです。
紳士ベスト3Lサイズ。生地がギリギリだったので、見返しは別生地&ポケットはつぎはぎ。クリスマスに間に合えば~ってがんばっていたのに、納品予定日にクライアントさまは欠席と・・・・がっかりついでにやる気がぷしゅ~(ここら辺が私の弱いところ)
気を取り直して、年内に何とか完成させましたよ。
在庫のボタンにぴったりのものがあって嬉しかった♪

Cimg4067こちらは綿入れワンピ。形は縫い慣れたものなのですが、綿が入ってる都合上ミシンでがガーッというわけにはいかず、手作業満載。普段の3倍ぐらい時間がかかりましたよ。
釈迦ボタンの色合いが思ったより派手だったなー。もうちょっと抑えめにしておけば良かった。
綿入りなのでもっさりするかと思っていたけど、意外とスッキリ。

もしかして自立するかな・・・と立たせてみたけどさすがに無理でした(笑)
でも腰から上、袖も使えばなんとか立ったわ!ドレスが立った!(←馬鹿)

これで昨年末縫い納め。
ことしもがんばりますよ。

08/01/01 2008年初縫い

Cimg4078皆様、あけましておめでとうございます。
本年もblogダーリンミシンをどうぞご贔屓に~

さて、昨日から義弟一家が来ております。
義弟の娘・姪2号(もうすぐ3歳)のためのカードケースを縫いました。
この娘が何故かカード形状のものが大好きなんだって。で、今日出かけたときにポケモンカードを束で買ってもらって、輪ゴムで束ねるのもなんなのでそこらのはぎれで適当に縫いました。所要時間20分ぐらい。

今年の目標は・・・
もっと縫う。毎日縫う。休まず縫う。とにかく縫う。
やる気のあるときとないときの差が激しすぎて、仕事としてやって行くにはこのままではイカンと強く思うのですよ。
正直、もうちょっと稼ぎたいというのが本音。いろいろ入り用なのです。
皆様の叱咤激励をお待ち申し上げております。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ