« 07/12/17 便利な嫁2-2 | トップページ | 残念なお知らせ »

07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ

表袖を縫いつけたあとは、ひたすらまつり縫い。
縫い残してあった袖口・身頃裾・裏地袖山をひたすらちくちく。

Cimg4062チャイナボタンは自作。写真の本が安くて(280円)わかりやすいです。

雄鶏社 きっかけ本
アジアンノットのアクセサリー

これを身頃にまつりつけたら完成~ なのですが・・・
私いつも、上前にループ・下前にボタンをつけていたのですが、どうやら本場のチャイナドレスでは上に乗っかる方に釈迦ボタン・下側にループみたいなんですね。
(香港で買ったチャイナドレスの作り方の本で確認しました)
今までのやり方を踏襲すべきか、気づいた以上は修正すべきか、悩んでます。
ああ~ どないしょ~

以下、紐入り共布ループの簡単な作り方など紹介

Cimg4059
・正バイヤスに切った布で紐をくるんでミシン縫い(ファスナー用片押さえ推奨)
・バイヤス布の長さ、紐の長さを考慮して端を縫い止める
・余分な縫い代をカット
・縫い止めた方と反対の紐をつかんで、バイヤス布を残した紐の方向にずるずると引っ張りかぶせる
・紐の通った布ループ完成

特別な道具もいらないし、簡単です。
紐の長さが余分に必要なのが難点。


« 07/12/17 便利な嫁2-2 | トップページ | 残念なお知らせ »

コメント

えっ、ループが下?
私も玉を下にしてました。

考えれば日本の右上と違ってチャイナ服は左上でしたね。
写真で見て釈迦玉を左に付けていましたが打ち合わせが逆なら玉は左上、って事ですね。
な~るほど。

これからどちら側に付けるか悩むな。

「紐入り共布ループ」情報おおきに。
早速ためしてみます。

今日この後、ボタン付けをするのですが、まだ迷ってます。
SATOさんも釈迦玉を下に付けていたのですね。普通に考えたらそう思いますよねー。
確かに本を見ると、打ち合わせも逆なんですよね・・・前中心で打ち合わせのヤツは持ち出しがない突き合わせのものばかりで、右にループ左に釈迦玉です。

今までさんざん作ってきた実績があるので、今更逆にすると着る人がとまどうかなと思う気持ちもあるんですよ。気がつかないかもしれませんが。
ああ、どないしょ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/17407023

この記事へのトラックバック一覧です: 07/12/18 綿入れワンピ・あとはボタンを付けるだけ:

« 07/12/17 便利な嫁2-2 | トップページ | 残念なお知らせ »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ