« 07/11/10 一応・・・完成 | トップページ | 07/11/16 次はダッフルコート »

07/11/15 とりあえず完成

Cimg3953クライアント様は「釈迦結びのボタン」を所望されておりましたが、裂き織りではひもが作れないし、せっかくだから色合いの合うシルクの着物地があればと思って探してみたけどコレっていうのがなくて、
結局手芸店で見つけた「正絹」のひもでボタン作りましたよ。メーター1300円×2m使用。自分用には買えないわ~
でもいかにも絹らしく、結び目を引っ張るときに独特の「きしみ」があるのです。自己満足の世界やな(爆)
ポケットをどうするか、まだ話が出来てないのでとりあえずこれで一応の完成としておきます。
パッチポケット付けると、いかにもそこに「ポケット」が主張することになるし(柄あわせが出来ないから)、でも面積の大きさ故ののっぺり感を減らすのに有効でもあるし、これはクライアント様の好みの問題になってくるので、私の一存では決められません。
しっかり打ち合わせてしておくんだった・・・

« 07/11/10 一応・・・完成 | トップページ | 07/11/16 次はダッフルコート »

コメント

始めまして、

毎日こちらを覗かせて頂いています。
素晴らしい仕事っふりに目が離せなくなってしまい、ついつい覗きに伺っていました。

マダムミコさまの所を覗いていた所、ご友人として紹介されていましたので伺いました。

私も同じ様な仕事を自宅でしておりますが、時々頼まれる「さおり織」の織物に苦戦していました所、こちらでも同じ様な織物をさらりと仕立てていらっしゃるのを見て、、、どうすればこの様に仕立てられるのかと、、、毎日覗く様になりました。

是非、コツなどのご指導を願えればと思っております。

vanillaさま 初めまして。そしてようこそいらっしゃいませ~

vanillaさまもお仕事で洋裁をなさっているのですね。
さをり織りに限らず、手織りの物は「ほつれやすい生地」の扱いで基本大丈夫です。生地幅の狭さ故の制限もありますが、パターンの切り替え位置やデザインを工夫することで何とかしのいでます。着物リメイクの本なども参考になりますよ。

vanillaさまは具体的にどういうことで苦戦なさってますか?
指導なんてえらそうなことは出来ませんが、どんなことで困っているかがわかれば、お力になれるかもしれません。

更新にムラがあるので、毎日覗いていただいていると空振りの日も多く申し訳ないですけど、またいらしてくださいね。

返信コメントありがとうございます。

特に困っている事は、さおり織を織っている方達は皆さん障害者の方でそれを服にするのは親御さん(母)なんです。
障害のある方は、、そうでなくても織物の巾が一定ではありません8mの織りあがった物でも巾に10cmの差が出るのは少ない方でその上色の出し方が独特です。
何のこだわりも無くと言うかこだわったのか1つの反物とは思えない程様々な色が入っている事が多く左右のバランスが難しい物が多いのです。
材料に綿・毛・絹と混ざった物もあったりすると水を通して整えるとなお更ゆがんで難しくなります(涙)

vanillaさま
さをり織りは特に「何でもあり」ですもんね。
糸端が飛び出していても歪んでいても色あわせが突飛でも、それが手織りの味で、その人らしさが出ているという解釈ですからね。
そんな布で「既製服」を作るのは無理ですよ。
さをり織りの仕立ての本をごらんになったことはありますか?あと、実際にさをり織りで仕立てられた服を見るのも良いと思います。

手織適塾さをり
vanillaさまはどちらにお住まいでしょう?お近くにさをり適塾があれば、そちらに足を運んでみるのも良いと思います。
大阪校(本部)では、仕立てのクラスもあり、一時期義母が通っていました。
曰く、その布(反物)の一番おもしろいところ見つけて、そこをどう生かすかを第一に考えて作っていくと教えられたと。
長年既製服に関わってきた私には考えつかないような
、ぶっ飛んだアートな服が出来上がってましたよ。

たなかさま、仰るとおりです。
さをり織りには4年ぐらい前から出会い、もともと養護学校で指導をしていました。
その関係で織り上がった物を仕立てて欲しいと言われて受けていますが、、、毎回、毎回、悩み続けている上に指導をして欲しいと言われ悩んでいました。
こちらでたなかさまが素敵に仕上ているのを見てヒントを頂ければと思ったので、、、
取り合えずたなかさまの仰る様に仕立ての本を取り寄せる事にしました。
ご親切にありがとうございました。
これからも時々寄らせて頂きます。

vanillaさま
さをり織りらしいさをり織りを服に仕立てるには、今持っている既製服の概念を忘れないと難しいと思います。(でもそれが一番難しい)
私が縫っているのは、クライアント様の希望もあって「既製服寄り」の仕立てになってます。色合いも統一された、生地幅も比較的揃った反物だから出来ることです。

展示会やイベントに足を運んで、本物を見るのが一番ですよ。
あまりにも色合いや生地幅がてんでバラバラの物は、いっそ切り刻んで小物に仕立てるのも良いかもしれません。
私も「自分で縫いたいから教えて」とよく頼まれましたが、自分の思う完成度に至らないのがもどかしくて、なかなかうまくいきませんでした・・・

保護者の方が縫うなら、なおさら難しいことはできませんね。
あまりお力になれなくてすいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/17093125

この記事へのトラックバック一覧です: 07/11/15 とりあえず完成:

« 07/11/10 一応・・・完成 | トップページ | 07/11/16 次はダッフルコート »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ