« 07/11/01 手織りシルクOP裁断 | トップページ | 07/11/04 超泥縄勘違いパンツ »

07/11/02 黒シルクOP完成

Cimg3816下準備が済んでいれば、縫い始めたら結構速いのだ。
生地幅に余裕があったので、前後中心にプリーツ入れました。プリーツ奥が落ちないように、上部をカットせずに1枚残してあります。

« 07/11/01 手織りシルクOP裁断 | トップページ | 07/11/04 超泥縄勘違いパンツ »

コメント

喪服にしてはおしゃれな感じですね。
幅の広い体型の方が着たら案外細く見えるかも。
お年寄りが着ても若々しく見えそうです。

それにしても手織りの生地って仕上げるの
大変なんですね。

「喪服」として作ったわけではなくて、喪服としても着られるようなものを、ってことで。
「ゆったりずどーんとしたので、小さいお衿に、ボタンはいつものアレ付けてね。喪服としても着るから丈はいつものより短めにしといて。ポケットは絶対いるからね」
って感じです。

手織りの生地はたいていほつれやすいのですが、これは特別。横糸がシルクリボンで、太いわ滑りが良いわで大変でした。
還暦ベストみたいなウールだと、水通しである程度絡んでほつれにくくなるんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07/11/02 黒シルクOP完成:

« 07/11/01 手織りシルクOP裁断 | トップページ | 07/11/04 超泥縄勘違いパンツ »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ