« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

07/06/28 義父のオーバーオール完成

070628結構手間かかる割に、写真に撮ると「ふーん」って出来上がりやな・・・良くも悪くも普通の仕上がり。

また「正月用に置いとこかの」って言われるかなー(爆)

細いストライプは、写真に撮るの難しいですね。どうしてもモアレが出てしまいます。
美しく写真に納めるコツをご存じの方、教えて下さい。

07/06/27 義父のオーバーオール3作目

070627義父にオーバーオールを縫うのは、2005年8月、2006年4月に続いて3枚目。
趣味の大工作業用に着始めたのが2003年頃かなぁ。ゴムパンツだとずり落ちてくるからって(お腹出てるの)オーバーオール着るようになって、はじめは市販品を着ていました。ところが流行廃りの加減か、義父が着られるようなゆったりサイズのオーバーオールがどこにも売ってない!ということで、私が縫うようになったわけ。
自作するとサイズも含め自分の良いように工夫できるので、義父にとっても都合が良いみたいです。

現在、市販品は着倒してすべて処分、今手元にあるのが私が縫った2枚だけなのですが・・・
2006年作は生地が厚いので、これからの季節ちょいとキビシイ。2005年作は痛みが激しい。が、今の時期着られるのがこの2005年作一枚しかないので、これは早いうちに縫わねばならぬ。

父の日に間に合うようにと、先月のうちに生地やら副資材やら手配済み、パターンは有り型あとは裁断して縫うだけ~ だったのに、ぼやぼやしてたら6月が終わってしまうではないか。
昨日裁断および芯貼り含め下準備。今日縫い始めて、縫い上がりました。(←やる気になれば早い)
あとは釦とボタンホール、ジグザグの閂止め数カ所施して、明日完成予定。

夏向けに、やや薄手のヒッコリーストライプをチョイス。黒×白じゃなくて、さわやかな紺×白が良かったんだけど、適当なのが売ってなかったのだ。
写真は胸当て部分のポケット。向かって右に飛び出した横地の部分は短くなった鉛筆用のミニポケットです。

07/06/21 有り型合体作戦不可

070621ブログを書いてない間も、ぼちぼち縫ってました。
これは義母のお友達(70代)用。
以前義母に縫ってさしあげた形を気に入って、同じ形ででももう少し小さめにねって依頼。

段取りとしては、
18日(月)パターン作成
19日(火)裁断・芯貼り
21日(木)縫製・仕上げ
でした。

うーんとがんばれば1日で出来るはずなんですけどね・・・せめて2日で。
使おうと思っていたパターンが、どこ探しても見つからなかったんだよう~


続きを読む "07/06/21 有り型合体作戦不可" »

07/06/20 黒シルク5分袖JK完成*写真追加

070620すいません、写真撮らぬまま納品してしまいました。手元にカメラ無かったし~
とは言っても、納品先は同居の義母なので、何かのついでに写真とってupします。

(*6/22写真upしました)

形は長袖のとほぼ同じ、残り生地の都合で着丈5センチカット、袖丈は5分~せいぜい6分袖。少しでも袖丈を稼ぐために、袖の中心にも接ぎを入れて差し込み裁断したり、衿は台衿分しか取れなかったのでスタンドカラーに変更、それならチャイナ風にしちゃえってなもんでチャイナ釦つけてみたり。
やっつけ仕事で、出来は今ひとつ・・・かな。

07/06/14 手織りシルクのスーツ完成

070614昨日スカートのパターン描いて、生地の裁断。本日縫製。カギホックまだやけど。

義母がかれこれ4年?もしかして5年ぐらい前に織った縦横ともシルクの手織り生地。「スーツ縫ってな」とずっと言われていたのですが、具体的にどうこう言ってくれないと手をつけられません・・・が、最近になってやっと話が具体化。
喪服対応なのでややあっさり目の仕上がりです。
最近の流行に背を向けた、ドロップショルダーのややゆったり目のジャケットに、6枚接ぎのロングスカート(後ろ脇ゴム)の、思いっきりミセス仕様。
たぶん洋裁人生初の比翼あき。(部分縫いはしたことあるはずだけど記憶がない)

続けて、残り生地で夏用の裏なしシャツジャケット的なモノを作ります。残りが少ないので七分袖はむりだろうなぁ・・・なんとか五分袖にはしたいところ。

というわけで、父の日のオーバーオール、間に合わないこと決定。

07/06/11 シルク黒JK形になった

途中経過は以下の通り。

7日(水)パターンに縫い代つけてカット
     &生地裁断・芯貼り等下準備完了
8日(木)縫製。表地裏地それぞれ形になる。
9日(金)表見頃裏見頃合わせてどんでん。
     (衿はまだ)
土・日・月と仕事せず、今日まとめと最後の衿付け。
全体像はスカート縫ってからね。

070611最近は見返しの裾始末を、左の写真のように仕立てることがほとんどです。
見返し線位置でのツレが出ないのと、手作業が少なくすむのが嬉しい。パターンカットの時にきちんと縫い代をつけておけば、縫いは簡単。見返しの丈のゆとりの配分が・・・なんて気にしなくても比較的きれいに仕上がります。

アイロン台が汚いのはスルーして下さい。もうすぐ張り替えるからさ~

今回は衿が台衿付きのシャツカラーで、最後に挟み付けする段取りだったので、どんでんの返し口は衿ぐりだったのです。いや~返し口が大きいと作業が楽。嫌いなまつり縫いもほとんどナシで済みましたわ♪

あとはボタン付けとボタンホール。いつ釦買いに行こうかな。

07/06/06 仕事復帰

070606体調悪くて長らくぼやぼやしておりましたが、やっと仕事に復帰。
義母のスーツ縫います。まずはジャケットから。
久しぶりに裏付きのきちんとしたモノを縫うので、パターンもきちんと作ろうとシーチングで組み立て確認。うん、こんなもんか。
昨日今日でパターン作成→シーチング組み立て→修正・パターンに反映→裁断用パターンのトレースまで終了。縫い代つけてカットするとこまで行かなかった・・・(休憩しすぎ)

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ