« 07/03/21 卒園式ワンピース パターン作成 | トップページ | 07/03/23 白衿と白カフス »

07/03/22 卒園式ワンピース 本体ほぼ完成

パーツ数が少ないので裁断もあっという間に終了。
縫い始めたらあっという間に形になった。

が。

着てみたらなんかヘン。
ん~ ワンサイズ小さくしたい感じね。シーチングはなじまないし滑りも悪いから窮屈に感じたけど、ウールに裏地つけたらすんなり着用できるもんなぁ。そんでもって袖のバランスが今イチ。袖山低くして巾を出したのが裏目に出た感じ。

うーーーーーーーーーーーーーむ。
袖をはずして修正。
本当は身頃のゆとりも削りたいところだが、そこまでの熱意はないよ・・・
とりあえず袖幅、特に前袖側をカットして、袖山をやや高く修正。

再着用。ちったぁマシになったか。
袖丈ももうちょっと短い方が良いな。袖口も狭く。

再修正。まあこれでヨシとするか。

縫ったりほどいたりを繰り返し、なんだか雑な縫い上がりであります。
そして根本的なシルエットに納得のいかない出来で、モチベーションが激しく低下しております。それでも折角ここまで縫ったんだからなんとかしたい。
脳内イメージではクラシックで大人っぽいワンピースが出来上がるはずだったんだがなー。鏡に映る姿は、ただの地味なおばちゃんなんだもん・・・って、それは中身の問題か?(爆)

原型ほぼそのままで袖付けのための最低限のゆとりが入っていると本には書いてありましたが、少なくとも前身頃のゆとりはもっと減らしても大丈夫の様子。つーか減らしたい。これは文化の原型がどうこうじゃなくて、私の体型の問題ですかね。
それと、シーチング組み立てまでしてそのことに気がつかなかった私の見る目のなさと。

白衿と白カフスつけたら見た目もうちょっと違ってくるかなーと、淡い期待。
衿とカフスは取り外しできるようにと思っていたけど、取り外して着ることはないだろうなー。

« 07/03/21 卒園式ワンピース パターン作成 | トップページ | 07/03/23 白衿と白カフス »

コメント

「袖と衿は小さいパーツなのに、とても立体的な
部分なので、満足出来るものを作るのは難しい」と
K川師匠が20年前に言ってたのを思い出したぜ。

確かにそうなんよな。私も組み立てなしで自分の
ものを縫ったりしたら「うわ!これって今の服の
ユトリと違う!ださださ!」ってのが何回となく
あった。まあだいたいそのまま着る。「ださ‥‥」
と思いながら。

でも直す時もある。
ひどい時はセーターの袖を何度編み直した事か。
まあ普通は1回編み直して、それでも満足出来
なくて、反対側の袖で更に補正とか。そのたびに
減らし目増し目の計算し直しよ〜。美しい袖は
難しいわ。

広告とかで見る「補正なしであなたのパターンが」
みたいなの、あれってどうかと思うよなあ?
最近あんまし見ないけど。

長々とごめん。

K川師匠は厳しい人だったよねー
私はDT師匠に「パタンナーが一人前になるには袖○○○本、パンツは○○○本はこなさないとねー」とさらっと言われたなぁ。
具体的な数字は失念したけど(←忘れたのかよっ!)300と1000だったかなぁ。とにかく、当時の私にとっては途方もない数字でしたよ。

ゆとり感に関しては、今の流れがよりコンパクトになっていることもあるけど、やっぱりG社で培ったオバ向けパターンスキルが大きいと思うねん。
よりゆったり!より楽に!より親切に!って感じやったやん。
私、今もおばちゃん向けの仕事してるけど、少しは今風にと思ってコンパクト目に作ったら「キツイ」って言われるもんなぁ。

えり~ぜに原型の着用補正頼もうかなぁ。
鏡と写真じゃお手上げだー

DTさんもキビシかった。
組み立てチェックでいきなり「これ、身頃
ほどいといて!」って、そんな‥‥。

20年のパタンナー生活で、多分袖は300は
こなしたと思うけど、パンツは1000はひけて
ないわ‥‥。しかも「これはイケてるぜ」とか
思うのは滅多にないし。袖はまあまあイケてる
のもあるかもしらんけど、パンツは何をもって
これで良しとするか、分からんのよな。
こんなに運動量が多くて、大きさの変化があるのに
前後4枚の布できれいに作るって、アンタそんな
無茶な事とか思うわ‥‥。

クビ生活に入ったらまた遊びに行くから、
その時でも良かったら補正のお手伝い
させてもらうよん。

今更ですが個人名をイニシャルにしました。
訪問者も少なく影響力などないブログですが、ま一応。

私はDTさんに、ブラウス組み立ての衿先をいきなりハサミでジョキッと切られたよー。衿先をもっと長く、ってことで、間にシーチングの切れっ端を挟んでピンで止めて補正後の雰囲気を見せてくれたんやけど、あんなにびっくりしたことはなかったなー。
でも、DT師匠と組んでるときが一番仕事しやすかったな。無理は言うけど無茶は言わないもん。求めるものははっきりしてるしさ。
組み立て見せたとたんに「こうじゃないのよ」ってバッサリ切り捨てられたことも数知れず。鍛えられましたわ~

パンツのパターンは未だにわからないよ・・・
いくら立ち姿が美しくても、動いたときの事も考えらんとあかんしなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/14364688

この記事へのトラックバック一覧です: 07/03/22 卒園式ワンピース 本体ほぼ完成:

« 07/03/21 卒園式ワンピース パターン作成 | トップページ | 07/03/23 白衿と白カフス »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ