« 07/03/04 肌着工場 | トップページ | 07/03/06 よこしまな女 »

07/03/05 MY原型をつくる

何もないところからというのはさすがに無理なので「文化式原型成人女子用」から補正します。
参考資料は「ミセスのスタイルブック2005初夏号」(付録:実物大身頃原型)のp98、「成人女子原型で作る美しいシルエットのワンピース7スタイル」
ワンピースは別にどうでもよくて、原型の試着補正のところを参考に進めます。

むかーしむかし、専門学校生だったとき、やっぱり文化の原型を使ってトワル組みしたものを着用補正したことがあります。
その時の補正は
・背丈をカット(反身体)
・肩傾斜をゆるめる(いかり肩)
の2点。
あれから20数年の歳月が流れておりますが、傾向としてはあまり変わっていないはず。

文化の原型はヌードバストにゆるみが12センチ入っています。
が、最低限のゆるみが12センチってのはちょっと多いような気がするので、実際のバスト寸より小さめの原型を選んでトレース。
それを地直ししたシーチングに写し取り、いざ組み立て→着用。

ま、予想通り。後ろ丈が余ってます。肩傾斜が合わなくて、サイドネックポイントが浮いてます。
鏡を見たり、後ろ姿をセルフタイマーで写真に撮ってみたりしながら、脱いで補正(ピン打ち)また着て確認を繰り返し、ようやくまあまあ納得いく形になりました。

070305

ざっとこんな感じ。
一度この原型から、あまり手を加えずにブラウスかワンピースでも作って確認しておけば安心かな。
とりあえず、前後丈のバランスと肩傾斜さえ押さえておけばあとはまあなんとでもなると思うけど。

それにしても鏡に映る自分の体型もそうだけど、写真に写った後ろ姿だとか横から見た二の腕だとか、普段自分では確認できないキビシイ現実を目の当たりにしましたよ。
20年前も太っていたけど(今と体重は変わらない)、なんか でろーん というか だぶーん というか、張りが無くたるんだ感じ。年を重ねるとはこういう事かと溜息。
原型の着用写真もupしようかと思っていたけどとんでもない!こんなものインターネット上に公開するわけにはいきません。封印封印。


« 07/03/04 肌着工場 | トップページ | 07/03/06 よこしまな女 »

コメント

私がホームソーイング始めたのは大阪に来て
からですが、習いに行く時間が無かったので
洋裁の仕立て方を書いた本を見て覚えました。
学習書は文化式で、原型を作って作りました。
そのころは「装苑」を買っていて、雑誌をみながら
あれこれ作ったものです。
今はもうみんな忘れてしまいました。

今も「装苑」はありますが、昔のように作図はついてないのですよ。
うちの母はどこかに習いに行ってたんですよね?
文化式だったのかなドレメ式だったのかな?
今手元に、母のものだったほぼ40年前の「ドレスメーキング」があるのですが、今現在のホームソーイングのレベルではとても縫えないほど難易度が高いです。
昔の人はみんな縫えたのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/14141937

この記事へのトラックバック一覧です: 07/03/05 MY原型をつくる:

« 07/03/04 肌着工場 | トップページ | 07/03/06 よこしまな女 »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ