« 07/02/14 紳士シャツJKパターン作成 | トップページ | 値段を付けるのは難しい »

JIAM2005

*つれづれ縫い縫い日記(2005/05/18)より転載*


JIAM 2005
に行ってきました。

元々は企業向け・工場向けのイベントで、勤め人時代にも何度か足を運んだ事のあるミシンショー。
今回からは「ホームソーイング」のブース出店もあるという事で、期待に胸わくわくさせていざ出発。

会場となるインテックス大阪、交通の便が良いとはお世辞にも言えない・・・
うちから電車で行くとなると、私鉄・地下鉄・ニュートラムと乗り継がなければならぬ。所要時間にして1時間45分ぐらいかな(乗り継ぎ時間含む)車だと1時間15分ぐらいか。でもなぁ・・・と思っていたら、オットが車で送ってくれると言う。やった♪

というわけで、ミシンなぞ全く興味のないオットと共に入場。
入ってすぐのYKKのブースで、ポーチ縫製の実演と配布をしておりました。
200505180_1
前に「手作り感・考」のところでも書いたけど、縫製技術者による布製雑貨小物というよりもマシンオペレーターによる工業製品といった方が正しいよ、これ。

このファスナーつけ、一工程で終わるのよ。
なにやら不思議な機械の両側に裁断した布をセットして、フットコントローラーを踏めば、ダーッと進んでファスナーつけ完了。布端はガイドによって折り曲げられ、ファスナーは自動供給、両側2本ずつのステッチがいっぺんにはいる、と。
次にロゴ入りの引き手を装着。サイドと天地をインターロックで縫ってひっくり返せばハイ完成。
3人で、1時間あれば100個は縫えそう・・・

YKKのブースでは、開発中のコンシールファスナーが参考商品としてでていました。基布が編み地になっていて、務歯の部分も従来のものより薄い。将来的には全部これに入れ替える予定だそうです。
縫製の実演もしていたのですが、そこで使われていたのが爪つきのコンシール押さえがね。普段縫ったりしない営業担当のおじさんが、楽々ファスナーをつける姿を見て物欲がむくむく(爆)そのうち買おう・・・

次はニードルパンチのブース。
家庭用では「絵物語」なんてミシンが売られていますが、そのニードルパンチを使った作品がすごく良かったのよ。物欲むくむくむく(爆)
家庭用は針数7本(だったかな)ですが、工業用は36本とか72本とかとんでもない数で、生地全体を裏打ちするようにパンチするにはやっぱこれぐらいないとねー。
「個人でお仕立てしてはるの?オリジナリティーとか、差別化を図る意味でもこれはすごくいいですよ。(サンプルを指して)これなんか売り値つけたら何十万とするんですよ。よろしくご検討くださいねー」
絵物語ぐらいならなんとか・・・って、買うつもりかよ!
(※今はちょっと冷静になってます)

と、ここでオット会社から呼び出し。「ごめん、ちょっと行ってくるわ」
帰りは電車だな・・・

さてここからはひとり。
もはや工業用には用がないので、家庭用ミシンやホームソーイングのブースを探してうろうろ。

ジャノメのブースでうわさのカバーステッチミシン発見。をを、懐が広い。
ユリウス師匠の日記で「手前のテーブルが狭い・ネジ穴有り」というコメントを読んでいたので、ふむふむなるほどねーっと眺めていたら営業さんが話しかけてくる。
「これはねー、カバーステッチって言って、ヨーロッパの方ではよく使われているんですよ」
早いうちに、こちらにある程度の知識がある事を匂わせつつ、いろいろ突っ込んだお話も。
ネジ穴は、市販のバインダー類が装着出来るそうでっせ~
純正バインダーなどの話は出ませんでしたよ。と、横浜方面に向かってひとりごと。

ついでに、職業用ミシン(コスチューラ)も踏ませてもらいました。
今のミシン(TL-82)に不満があるわけじゃないけど、ま、ものは試しに。
感想は・・・やっぱり新しいのはいいなぁ。物欲むくむくむくむく(爆)
さすがに新しいだけあって、いろいろ考えられてるのよ。
今のが壊れたらこれにしようかな・・・でも壊れないだろうなぁ。
さをりの教室に一台持ち込んで・・・とか。いやいや、何を贅沢な。
カタログもらってジャノメのブースを辞す。

ミシンメーカーのブースは各社いろいろでていましたが、大手家庭用ミシンに限って言えばジャノメが一番充実してたかなぁ。その次がJUKIで、ブラザーはすみっこのほんの一角にイノヴィス置いてただけでした。
刺繍ミシンも、各社展示に力が入っていたけれど、私はユーザーでないので何がどうとか比較しようがないのよね~
シュプールとかヌーベルシリーズも踏んでみたかったけど、ちょっと気が引けちゃってさ。ひとりだと逃げるのも難しいし(爆)

「ホームソーイング」のブースが一ヵ所に固まっているのでなく、各メーカーのブースの一角に展開という感じだったので、私のようにホームソーイングブース目当てに行った人はちょっとわかりづらかっただろうなぁ。

ハスクバーナーとかベルニナなんかも出てるかなと思ったけど、さすがにそれはなかったです。
「ホビーショー」には出展してるんだろうなぁ。
ここで一句「いつの日か行ってみたいなホビーショー
やっぱり東京ですな、東京。
大阪でも「てづくりフェアー」なんてのやってるけど、規模が違うよ規模が。
東西交互開催のはずのJIAMはいつの間にか大阪開催ばっかりになってしまってるけど、JIAMよりもホビーショーのほうがいいな~

JIAMは「アパレルマシンショー」なので、ミシンばかりでなくCADなんかも出展されてます。
私にも買えるCAD無いかしら?(ねぇよっ!)
旭化成や・伊藤忠CTC・東レなどは敷居が高くてなんだか近寄れず、丁度デモ説明が始まっていたユカアンドアルファのブースに入ってみる。
デモは袖の自動作図のような事をやっていて、そういうのは別にどうでもいいんだけどなー と思いつつ見ていたら、マスターからの裏地パターンの展開が楽々出来るようになっていて、ほほぉ~こりゃええわと。
デモ説明よりもCADそのものの操作説明が聞きたくなったので、インストラクターひとり捕まえてマンツーマンでざっとした説明をしてもらう事に。

話を聞けば聞くほど「CAD欲しいな・・・」物欲がむくむくむくむくむく(爆)
一通り説明が済んだら営業さんが登場。
いやあの私そんなCAD導入出来るほどの稼ぎは(汗)

「個人でやってらっしゃる方、先月3名お買いあげいただきましたよ」
「CADを導入する事で生産性も上がりますし、その分こなせる量も増えますしね」

あの~ずばりおいくらなんでしょうか?

「個人様向けの価格というのが決まっておりまして、一般的なセットで250万円です」

にひゃくごじゅうまん~~~~~~~っ!?

ぷしゅぅ~~~~~~~~~~へなへなへな・・・(ふくらんだ夢がしぼむ音)

「もちろんリースという形態もありますし」
「ローンも、月4万ちょっとを6年とかね」

現状、月4万稼げる事など滅多にないのですが(涙)

ん~ 私の仕事がパターンだけならCAD導入も意味があるのかもしれないけどなぁ。
それこそパターン屋でもするか。Lパターンけんきゅ(略)←まだ言うか

「よろしくご検討ください~ またお電話差し上げますので」

良いお返事は出来ないと思います・・・カタログいただいてブースをあとにする私。
はぁ・・・まだまだだな。
いつか私にも買えるぐらいに値段が下がる日が来ますように。

ぶらぶらと他のブースも見て回る・・・
東レのブースでは、プロッター出力専用シーチングというものが出展されてました。
トワルに直接線を引いてくれるとは。一手間省けるな~ でも地の目ちゃんと通ってるのかな~?ちょっと信用ならん・・・
ほかにも、シーチングにラインどころかテクスチャマッピングまでするプリンターまでありました。ひょえー。

電車で帰る都合上、時間にはゆとりを持って行動しなければ。
車ならもう1時間はゆっくり出来ただろうなぁと思いつつ、会場を後にする。

帰りの電車の中で、戴いたカタログ見返してみたりして。
でもやっぱり、カタログだけではわからないもんだなぁとしみじみ「実物を見る」事の大切さを実感。
250万の金策考えてみたりもしたけど、あー無理無理。
宝くじか、totoか、万馬券か。どれにしてもコツコツ働いて払える額じゃないよ。
それに本気でCAD導入するなら、もっとじっくり比較検討する必要があるではないか。

実はこのインテックス大阪、私の実家のすぐ近くなんです。
帰りの電車で、懐かしの実家最寄り駅を通過。立ち寄っている時間はないのだ。
薄暗い、小汚い地下鉄駅構内もなんだか久しぶり~
お盆には実家に帰って、仏壇に手を合わせる事にしよう・・・

さて、あまり時間に余裕はないがせっかくなので生地屋にも(!)
種類豊富すぎて選べません・・・それよりも在庫の段ボールが頭をよぎって、副資材だけちょびっと購入。

おみやげに551の豚まんを買って電車に乗り込む。

お迎え間に合うかなーどうかなー いったん家に帰る時間あるかなー直接行かな間に合えへんかなー という電車に乗ったのですが、いったん家に帰ってギリギリ間に合うぐらいでした。
よし、14時12分発まで大丈夫だな。24分の急行だと直接お迎えに行く事になるか。
来月あたり、船場まで行ってみようかな。

結局お昼食べ損ねてしまった私。
膝の上の豚まんの匂いが・・・空腹感をよりいっそう刺激してつらかったです。
さすがに電車の中で食べる勇気はありません。

帰宅後、オットにCAD250万の話をしたら
「車買えるなぁ」
「2台買えるでなぁ」
「いや、一台やろ」
夫婦間で、車に対する金銭感覚の違いがくっきり出ましたな・・・

さすがのオットも「買うたらええやん」とは言いませんでした。はい。
CADの営業さんから電話が来たら「オットにダメって言われました」とでも言ってやろう(方便)
でも
「(ニードルパンチの)ミシンはいくらやった?」
「え~ 聞いてない」
「聞いとけよ!」
これは「買うたらええやん」のゾーンですな(笑)
でもどうせならあの針36本のが欲しいな(爆)

とまあ、駆け足ながらも見たいもの見る事が出来て、なかなか楽しかったです。
欲を言えばもうちょっと時間が欲しいってのと、一緒に楽しめる同好の士がお供に欲しいかな。
ユリウスさん、大阪まで来ませんか~?宿も食事も用意しまっせ~関空なら送迎出来まっせ~問屋街も案内しまっせ~
3年後、考えておいてくださいね。
って、次回は東京開催か?


急ぎ足で歩いていたせいか、腰と足が痛いです。
鍛え直さないと・・・

« 07/02/14 紳士シャツJKパターン作成 | トップページ | 値段を付けるのは難しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/13908657

この記事へのトラックバック一覧です: JIAM2005:

« 07/02/14 紳士シャツJKパターン作成 | トップページ | 値段を付けるのは難しい »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ