« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

07/02/28 着物そのまんまブラウス

070228これは過去作品。1年ぐらい前かな~?
着物の丈をぶった切って、袂を切って、そのまんまブラウスにしてます。
クライアント様はB115センチ超の方で、もうちょっとゆとりが欲しいって事でフロントのみプリーツとって、プリーツ奥にあき作ってえりぐりはバイヤス始末(この部分が私の仕事)。

パターンメーカーとしては、こういう服を作るのは抵抗があるのですな・・・
つーか、何をどうすればいいのかわからないのですよ、正直。
シルエットより機能性より何より雰囲気重視でしょ、こういうのって。イメージつかめないんですよ。どういう仕上がりでどういう着こなしになるのか。ボディに着せたらあきらかに洋服として変なんだもん。(人が着るとそんなに変じゃないのが不思議)
だからクライアント様が(最初から最後まで)私に縫って欲しそうにしてたのを、話そらしてそらして、フロントとえりぐり部分だけ引き受けたの。

何故こんなものを今頃紹介するかと言いますと、これの第2弾を引き受けたから。
「同じにしたいんやけど、身頃の巾が違うからどうしたらいいかわかれへんねん~」
で、途中まで中途半端に縫ったものもらって帰ってきました。同じで良いって言うなら同じに縫いますよ。まあ、いろいろ違うので全く同じにはならないのですが。

07/02/27 パッチワークワンピース完成

070227ワンピースと書きましたが、一枚着ではなく重ね着用なのです。
クライアント様のおっしゃるとおりに作ったのですが、衿のバランスがあまりよろしくない。
一度見てもらって、場合によっては修正有り、か。

ついでに言い訳させていただきますと、パッチ生地がフラットに出来上がっていないのはもともとがそうなのであって、きちんと裏打ちするのにも限界があるのですよ。私の技術じゃこれが限界。

07/02/26 パッチワーク生地でワンピース下準備

070226写真をご覧戴ければわかりますように、裁ちっぱなしの縫いっぱなしなので、何とかしなくてはいけません。
この前買ったオーガンジーで裏打ちして仕立てるのです。面倒。

そんでもって、預かった生地が微妙に足りないので、裁ち屑を集めてつなぎ直して袖分の生地を確保。面倒。

前にも同じ様なのを縫ったとき、裏打ち布を固定するのに「刺し子」を施したのですが、今回はパッチ生地自体に柄物が多いので刺し子もちょっとなぁ・・・面倒(←しつこい)
同系色でミシンステッチ(模様縫い)をちょこちょこ入れようかなと思ってます。

とりあえず今日は裁断まで。なんか疲れてます。

07/02/25 マオカラーJK完成

070225さすがにちょっと疲れてきて、週末はペースが落ちました。
一応これで今週の予定はクリア。

ハスクバーナー バイキング

070222v昨日生地を買うのにパンドラハウスに立ち寄ったら、そろそろ新入園対策でしょうか、ミシンがたくさん展示してありました。

その中に「ハスクバーナー」のミシンが!
ハスクバーナーといえば超高級コンピューターミシンのデザイナーシリーズが有名ですが、こちらのは「Emerald」シリーズは実売価格にして6~8万ってところ。このタイプは初めて見ました。ハスクバーナーの日本法人がその業務を(株)ジューキに委託したことで販売戦略が変わったのかな。

で、カタログをいただいてきたのですが・・・もうちょっと何とかならないか?(笑)
カタログの作りそのものが古くさい。レイアウトとか字体とか。そして極めつけがテストの回答欄のような直訳文。

「気に入っていただける数多くの実用的な機能を持っています」
「あなたのソーイングの速度に適応します」
「このチャートが(中略)押さえの圧力を推薦します」
「あなたのソーイングの要望にあったEmeraldが、長きにわたる楽しく簡単なソーイングの世界にお連れします!」

ミシンのデザインはスッキリしていてわりと好み。でもこのカタログではなかなか売れないんじゃ無かろうかといらぬ心配をしています。

私のこのミシン、エレクトロラックス・プリズマ990は確かにハスクバーナーなんですが、販売はエレクトロラックス社(現ルックス・ジャパン)なんですね。で、これの購入当時エレクトロラックス社が扱っていたミシンはこれ1種類だけ。そしてハスクバーナーなんてブランドは見たことも聞いたこともなかった20年前の私。
自分のミシンがハスクバーナーのものだと知ったけど、ハスクバーナーブランドのミシンのどれに該当するのかがわからない。ハスクバーナーの代理店でもアクセサリーや付属品が買えるんだろうけど、自分のミシンの品番を言って、わかってもらえるかどうかもわからない。エレクトロラックス社がミシンの取り扱いを辞めたらどうしようという不安がありました。

今回、ボビンケースを購入するにあたっていろいろ調べたところ、ハスクバーナーブランドのなかにプリズマシリーズがちゃんとありましたわ。
適合するアクセサリーなんかも調べられたし、ボビンケースの代金は痛かったけど、まあいろいろ勉強になりました。

ハスクバーナーの低(~中)価格帯の商品が出たことで、ユーザーが増えて、身近にある手芸店でも専用の付属品などが買えるようになったら嬉しいんだけどなー。
(株)ジューキさんにはぜひがんばって欲しいところです。

07/02/22 やや適当プルオーバー

070222適当プルオーバーとおんなじ形で、ってことなんですが、前回いろいろと回り道をしていることと、今回ややサイズアップするということで、パターン作りました。衿だけじか裁ち。
形はどうってことないので、手織り生地の風合いでも見てください。

【買い物メモ】久しぶりに生地を買う

070222s白のニット地はパンドラハウスの300円1.5mカットのものです。
去年縫った息子の肌着、横着して兄弟同サイズで縫ったらば、兄には丈が短く弟には幅が狭いという、帯に短したすきに長し、いったいなんのために手作りしたんですか状態(爆) むー。縫った直後は許容範囲だったんやけどなー。枚数をとるためにいろいろケチったのが災いしたようで。
今度はちゃんと差をつけて縫いますよ。ケチらないために2カット購入だ。

黒いのは次の仕事用、カネボウのベルオーガン。あとミシン糸と。

07/02/21 じか裁ちプルオーバーみたび

070221これと同じ様な感じで」って依頼されたけど、生地巾が違ったり生地長さが違ったり希望サイズが違ったりで、大概は同じやり方ではできません。
生地を見て、それに合わせていろいろ決めるのです。

基本ウール糸で、ところどころに着物地を裂いたものを織り込んでます。
このパターンの裁断図を、時間のあるときにupしようかな。
手織りをしている人の参考になるかも。

07/02/20 ベスト2枚完成

070220o
特に目新しい形でもないので、衿元のアップだけ。
肩線をやや前に寄せてます。

070220t
紳士LLベストは以前縫ったものの同型。
パターンがあれば仕事は速いです。

【買い物メモ】ボビンケース6300円也(税込み)

やっと手に入りました~

070220b

わざわざ持ってきてくださったサービス担当のW様、また掃除機を売りつけられそうになるんじゃないかなんて疑ってすみませんでした。ボビンケースを交換して、合うかどうかの試し縫いと、差額の1050円の返金を済ませたらすんなりお帰りになりました。
(ちょうどこちら方面に来る予定があってのついでのようなことをおっしゃってました)

いろいろ断る理由も考えていたんだけどなぁ。
「主人が休みでくつろいでおりますので」
「病人がいますので」
「内職広げてますんで」
ま、いやな気分にならずにすんで幸いでした。

きょうはさっそくミシンでボタンホール。
あーやれやれ、もう無くしませんよ。

ボビンケース届いたんやけど・・・

驚愕のボビンケース価格の続きです。

いろいろ考えて、清水ミシンさんの方に発注するつもりで価格と納期問い合わせをしたのね。そしたら3日ほど待たされたその返事でまたひっくり返りそうになりました。

価格は¥7350(税込み・送料別)です


ななせんさんびゃくごじゅうえん~?
高くなってるではないか。しかも取り寄せなので注文してから4~5日かかるという。

それなら素直に販売店の大阪営業所に頼むよ・・・
で、発注の電話を大阪営業所にかけたのが一昨日。
値段は「すいません、7000円に消費税で7350円です」はあ、そうですか・・・もはや驚かないよ。
ただ、即日発送&送料と代引き手数料は向こう持ちなので、まあこっちに頼んで正解かな。

で、今日届いたの。
さっそく使うべ~ と箱を開けたら、なんか違う。ボビンケースの形が変わってる。
多少の違いがあっても使えりゃいいのよ、と中に入っていたボビン(白糸巻き済み)を取り出して目が点。

070219

ボビンの形が違う・・・・

ボビンケース奥にあたる部分が、すり鉢状にえぐれているのです。ボビンケースをよくよく見ると、ラッチ(ボビンケース出し入れの際につまむところ)が大きくなって、内側にも張り出している感じ。当然、今まで使っていたボビンは入らない。

がーん・・・・困る。非常に困る。
このミシンの何が便利って、このミシンのボビンの高さが職業用のボビンとおなじで、わざわざ下糸巻き直さなくてもそのまま使える(非推奨)のが便利だったのに。

うーーーーーーーーーーーーーーーーーんと考えて、ラッチの部品を取り外してみました。
これで縫えるなら、それでもいいかと思って。

でも縫えない。下糸の引き上げすらできない。

ラッチの部品を元に戻して、えぐれたボビンをセットしてもう一度チャレンジ。

やっぱり縫えない。下糸の引き上げすらできない。


よくよく観察してみると、針位置が最下点に落ちる直前に針がしなって曲がっている。
これは、ボビンケースの形そのものが合わないんだわ・・・
並べて見たわけじゃないから絶対とは言えないけど、ボビンケースの針落ちの穴が前のより小さいような気がするし。


え~ もしかしてボビンケースが新タイプに代わって、旧タイプは供給停止?20年前の部品はもう無いの?
大阪営業所に即電話入れてみたけど、日曜は休みよね、やっぱり。
明日朝イチで連絡だー。

今日ボタンホール開けようと思っていたプルオーバー、しょうがないので手かがりしましたよ。

さーて、ボビンケースが入手できなかったらどうするかなー。
新しいミシン買うならやっぱベルニナかな♪(←無理)

07/02/18 適当プルオーバー

070218パターンもひかずにじか裁ちで縫ったプルオーバー。やっぱり手織りの生地で、2/16のベストの縦糸共通横糸違い。(ベストは横地につかってます。裾が耳)
最初適当に縫ったらえりぐりがきつすぎて首の絞まる服になってしまったのでほどいてやり直したり、生地幅そのまま身幅で作りかけていたら、義母に「キツイ」とダメ出しされて急遽脇マチ付けたり、そしたら思ったよりも袖幅が太くなってしまい、袖口寸がやたらと細く見えてしまうので縫い代ギリギリまで袖口巾出したり(ここまでが昨日の作業)最後にボタンホールでひっかかって、やたらと時間がかかりました。ふぅ。
全体像は今イチなので、生地の風合いでも見てください。

07/02/16 ベストも縫った

070216f午後からの半日でこちらも。義母用。
有り型でなんとか済ませたかったけど、諸般の事情で新たにパターン作成。といってもコレコレを合体させて微修正した感じ。
手織りの生地はいろいろ制限があるので大変。
あ、写真とったあとポケットもつけました。

07/02/16 紳士シャツJK完成

070216k午前中にボタンホール加工に持って行って、帰宅後即ボタンつけて完成。
こちらも手織りの生地。ウール混で、厚みのあるタイプ。ネルシャツのイメージで縫いました。

実物大型紙ほぼそのまま使用(袖丈のみカット)なのですが、後ろのヨーク幅もうちょっと広くしても良かったかも。
つーか、グレーディングで着丈はずんずん伸びてるのにヨーク幅ほぼ一定ってのが納得いかない。
つくづく、他人のパターンは難しい・・・

07/02/15 紳士シャツJK形になった

070215明日ボタンホール加工に持って行きたいので、がんばりました。
午前裁断午後縫製。やればできるやんか私。

写真は、ボタンホール位置に増し芯してる様子。
こういうほつれやすい生地は、表地側も芯貼っておかないとあとで泣きを見るのです。
見返しなんかに貼ってるのと同じ芯でも良いけど、幅が手頃なので滑脱防止テープを使ってます。ニット地のボタンホールの伸び止めにもいいよこれ。

手作り感・考

*つれづれ縫い縫い日記(2005/02/25)より転載*

ユリウス師匠のブログをきっかけに、いろいろ考えてみました。

続きを読む "手作り感・考" »

値段を付けるのは難しい

*つれづれ縫い縫い日記(2005/07/07)より転載*

ユリウス師匠のブログに先日、「時給換算」の話が載ってたんやけど、ほんとに値段つけるのは難しいよ~

続きを読む "値段を付けるのは難しい" »

JIAM2005

*つれづれ縫い縫い日記(2005/05/18)より転載*


JIAM 2005
に行ってきました。

続きを読む "JIAM2005" »

07/02/14 紳士シャツJKパターン作成

070214メンズは専門でないので、実物大型紙が頼り。
とはいっても、ただ写し取るだけだと納得のいかないことが多々あるので、ぼちぼちと修正しつつトレース。
そしてトレース後の各パーツのマッチングと合い印の確認は必須。
パターンに縫い代つけてカットして、準備完了。
明日裁断します。

07/02/13 絣染めゴムパンツ

070213生地のおもしろさだけが見所のゴムパンツ。
手織りの布なのですが、縦糸を整経した状態で部分的に染めるているのです。カラフルな縦糸を藍色に染めています。
うまく写っていませんが、実物はもっときれいな色です。地味なような派手なような。
サイズはかなーり大きめの方用です。
写真では見えませんが、股ずれによる生地の損傷を回避するべく、股の内側の擦れるところを別生地で補強しています。


070213upjpg
生地アップ。
こちらの方が実物と色味が近いかな。


ミセスのスタイルブック2007春号


表紙写真を著作権等気にすることなく載せたいというだけの理由で、アマゾンのアフェリエイト契約してみました。
こんなんで小銭稼げるわけないし。つーかそんなつもりもないし。
毎号買っているミセスのスタイルブックですが、隅から隅まで目を通しているのですが、実際本を参考に何か縫うのかというとむにゃむにゃ・・・

【買い物メモ】送り歯スペーサー&目盛りつき針板

070208m半年ほど前に、押さえがねと針板のセットをオークションで買ったところ、針板の厚みが厚くて送り歯が埋もれてしまい、そのままでは使えないということがありました。
(その時の記事はこちら

そしたら最近、同じ出品者が送り歯の下にかませて高さを上げるスペーサーを出していたので、またオットに頼んで落札してもらいました。ついでに目盛りつきの針板も。

スペーサーは1mm・0.5mm・0.25mmの3枚セット。
本来の使い方としては、0.5mmを送り歯の下にかませた状態で送り歯高さを調整し、高さを上げたいときは0.25mmを重ね(足りなければ0.5mmをはずして1mmを挿入)下げたいときは0.5mmをはずして0.25mmを挿入、という形になります。

形を見てもらえばわかりますが、ネジを避ける形で切り込みが入っているので、針板&送り歯をはずさなくてもネジをゆるめるだけで横から差し込める様になってます。


ついでに頼んだ目盛りつきの針板も、やっぱり厚みのあるタイプでした。
こちらを標準装備にして送り歯の高さを調節するか、針板は現状のままで、薄物を縫うときに薄物用針板(厚)+スペーサーで調節するか、ちょっと迷ってます。
目盛りつきの針板、いいんだけどやっぱり厚いので、テーブルとの段差が気になって。こころなしか面取りが甘いような気もするし。

07/02/08 じか裁ちプルオーバー再び

070208今回は少し退化(爆)
生地幅が広かったので、衿と見頃を続け裁ち(ボトルネック)、マチは取らず、キモノスリーブをぶった切った形です。かろうじて肩傾斜は有り。
出来上がりをちょっと着てみたけど、軽いし暖かいし、重ね着するにはちょうどいいわ。
大叔母がこの形ばかり着ているのもわかった気がします。

驚愕のボビンケース価格

ジグザグミシンのボビンケースが行方不明になりまして、購入先にメールで問い合わせてみました。
ミシンはコレね。

サイトを見るに、現在はミシンの取り扱い(新規販売)はしてない様子。アフターはどうなっているのか?

夕方、電話がかかってきました。
「ミシンのボビンケースですが、はい、取り扱ってますのでご注文いただけます。でね、値段が6000円なんですよ」


ろくせんえん?

ぷしゅ~(買う気のしぼむ音)
「あのー、よそで買ってもその値段ですか?」(←なんてストレートな質問)
「まあ、お店によって上下はすると思いますが」
「大阪営業所の方にご注文いただければ、ほかのアクセサリー等も買えますので」

あのちっちゃいボビンケースが6000円・・・ちゃちな作りのあれが6000円・・・
職業用のボビンケースが1ダース買えちゃうよ。高くてもせいぜい2000円ぐらいだろうと思っていたのに、6000円ですか。

う~~~ もうちょっと探してみるか。

ついでにいろいろ聞いてみたところ
・現在、備品の扱いはあるが修理等は清水ミシンさんに依頼している
・ボビンケースも、うちに在庫がなければ清水ミシンさんからの取り寄せになる

ということは、清水ミシン様でいつでも買えるという事ね。
そんで、アフターも見てもらえるのね。
それがわかっただけでも収穫だ。

ボビンケースは引き続き室内大捜索。6000円はあまりにも痛い。

07/02/06 紳士ベスト足踏み中

070206昨日裁断、今日朝から縫い始めて、あとはボタンホール&ボタンだけ~
ジグザグのボタンホールでいいかな、とミシンをセットしようとしたら・・・

ボビンケースがない!ない!ない!どこにもない!

がーん。そこら辺に落ちてるかも・・・と探してみたけど見あたらない。
小さいものだし、たまたまゴミ箱の中に落ちたりなんかしたら、気づかないで捨てちゃうよな。
あ~ どこかにあるとは思うんだけど・・・なんせ魔窟のような部屋なので(爆)

とりあえずミシン購入先に問い合わせしてみたけど、今ミシン扱ってないみたいなんだよなー
ハスクバーナーのなら合うかな。合うとしても、それがどこで売ってるのかわからないではないか。
引き続き根気よく探しつつ、情報収集に努めます・・・

ボタンホールは明日にでも外注で。

07/02/02 じか裁ちプルオーバー

070202今日もじか裁ちパターン無し直線裁断服。

肩線に傾斜がついているのと袖下~脇に続きマチが入っているあたりは昨日より進化してます。昨日のはホントまっすぐ&直角裁断オンリーだったからねー。
着やすさ美しさを追求するなら、肩傾斜を前後で変えるとか天巾の差をつけるとか切り替えでなんとか胸グセを処理するとか、やるべき事は色々あってそうなってくるとパターン作った方が確実なのですが、これは手織り生地を生かした作りって事で。いいのこれで。


070202a脇のマチはこんな感じ。カクカクして箱みたいね。


これとは別に、ウエストゴムのパンツ(ズボンの方ね)も1本縫ったけど、特に見所もないので写真は無し。

07/02/01 裂き織りじか裁ちチュニック

070201裂き織りが続きます。

カーブのラインが全く無い、直線じか裁ちT字型のチュニック。パタンナーの仕事じゃないよ(爆)
本当はベストを縫おうと思っていたのですが、大叔母がこの形がいい(以前別の手織り生地で縫ってさしあげたことがある)って言うものですから。簡単でいいんですけど。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ