« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ボタンホール 外注

最近、私の行動範囲内にハトメ穴かがりを即日してくれるお店がある(しかもわりと安い)ということを知り、ものは試しにと本日行ってきましたの。
距離的には車でオッケーな場所なのですが、駐車スペースの問題や道幅など、やっぱり一度確認しておかないと・・・いきなり車で出かけてどひゃーって目に合うのはいやなので、今日は電車で行きました(相変わらず弱虫)
駅前の、普通の手芸店。どちらかというと時代に取り残された風の、今流行の手芸的要素は全くないお店。

「ボタンホールお願いしたいんですけど・・・」
「はいはい~」
持ち込んだのは裂き織りの微妙な色合いの生地。
「糸の色、濃紺になるけどええかなぁ」
「ん~大丈夫やと思うけど、一応色見せてもらえますか?」
「じゃあこちらへどうぞ~」
店員さんについて2階へ上がると、在庫品の奥にミシンスペースがあって、糸の色も結構揃ってるやんか。
何色か乗せてみて、結局濃紺に決定。
「下でお待ち下さいねー」

待っている間、お店を探索。
ひととおりは揃うけど、わざわざ来るほどでもないか。でもシャッペは全色揃ってるなー。
私が待っている間にも、ボタンホールのお客が来てました。

10分もかからないうちに、店員さんが降りてきて「これでいいですかー?」
あ、後メスなのね・・・
確認後、穴開けポンチとボタンノミで穴を開けてくれました。
070131b_1
ハトメ穴2.8センチ×3ヶで651円(税込み)。税抜きだと620円。どういう計算なんだろう?
後メスゆえ、切り込み位置の毛羽が美しくないのがムムムッとは思うけど、手でかがると時間がかかるし目が揃わないし糸色が合い辛いってのもあるし。
何より、預けなくても持ち込み即加工っては大変ありがたい。

問題の駐車スペースも、店の真ん前にガラガラのコインパーキングがあるのを確認。道幅も気後れするほど狭くはない。次回からは車でオッケーだ。

ボタンホール加工:かわちや泉佐野店

*追記*
以下俺様メモ

続きを読む "ボタンホール 外注" »

07/01/31 またまた裂き織りベスト

070131え~ 月曜日にパターン作って裁断および端始末。火曜日に縫い上がり。本日釦穴開けてボタンつけて完成なり。
出来はあんまりよろしくない。
義母のリクエストなのですが、ちょっと地味よねー。
横縞を合わせてみたのですが、いっそはずした方が良かったかな。ボタンをもっと面白くするか。ウエストもっと絞っても良かったかなー。
お気に召さなかったらまた違う生地で縫うさ!

追記:
さっき納品したんですが・・・
「出来上がったんですけど、地味です」
「地味やね・・・はっきりした縞やし、派手になると思ったんやけどなぁ」
結局、これは義母の年長の友人に差し上げて、義母にはまた別のを縫うことになりました。

07/01/23 袷ゴムパンツ

070123手持ちのパジャマ用パンツパターンを修正して作成。
着物地で幅が狭いのであちこち接ぎを入れながら裁断→縫製、でパターンから始まって完成まで3時間ってところかな。
ウエストあたりにちらっと見えるブルーは藍染めの木綿地。裏の方が厚い生地だったりします。
パンツに裏地をつける場合は、ゆとり分を切り開いたりキセを多めにとったりあれこれ操作が必要なのですが、「裏地」じゃないし、ゆったりシルエットだから今回は全くの同型で。裏生地が厚いだけに、下手にゆとり入れて内側でモタモタするのも困るし。どうなることかちょっと心配でしたけど大丈夫でした。

07/01/19 描いた切った縫った

070119なんか勢いづいたようで、朝から有り型のパターン操作して(前下がり無くしてサイドダーツ入れる)裁断して夕食後も縫って2枚完成。わーすごい。

・・・素直にスタンドカラーにしておけば良かったかなーと少し思ってみたりもします。

あんまり映りも良くないので、写真は小さいままで。

07/01/18 裂き織りベスト(婆)完成

070118ab
基本同型ですが、生地の都合で着丈が微妙に違ったりボタンバランスが違ったりポケットがあったりなかったりします。
手元に合うボタンがなくて、いつものお店に買いに行ったのですが、そこでも店員をかなり悩ませてしまいました。

「だいたいこういう裂き織りや着物リメイク物には木のボタンとかでちょっと細工してあるような天然素材クラフト系の物を合わせるんやけど、色がなぁ。木はどうしても茶色とかやろ。これにはあわへんわ~」
で、3人がかりであれこれ悩んだ結果、貝ボタンの細工物をチョイス。高かった・・・

07/01/17 縫った縫った

070117今回は衿をちょっとだけ立ち上げてみました。後ろは衿ぐりで切り替えて、細いバンドカラー状態です。
1枚だけ仕上げるつもりだったけど、二枚とも縫っちゃったわ。やればできるじゃーん♪
まとめはまだやけど。
全体像はボタンつけてからね。

バックがごちゃごちゃなのは気にするな!

07/01/16 裁断中

070116裂き織りって結構重みがあるので、自重で伸びちゃうのですな。
見返しのパターンを合わせてみるとこんなに差が。

前端がまっすぐなら裾で調整するんやけど、見返しに別生地(あまり伸びない)を使うこともあるし、今回はパターンを切り開いておきましょう。

07/01/15 裂き織りベスト4連発

070115縦糸共通の横糸(生地)違いの裂き織り4色。
この生地で、ベストを4枚縫います。シニアL寸2枚とヤングミセス(死語)M寸2枚。
ババア向けはともかくとして、この生地で若向きは難しいな・・・

さあ、この4色をどう振り分けるか。
生地長さや幅も考慮して(織り上がったあとに洗うと横の素材によって縮み方が違うのです)
 ・ピンクと水色→シニア
 ・濃紺と薄紫→ヤングミセス
に決定。ババアほどきれいな色を着るべきだし~

とりあえずババア向きパターンを作成。今週のノルマはこの2枚。

07/01/11 衿付きベスト完成

070111特に語るべきところもなし。
昨日のうちに服の形になって、今日はボタンホールとボタン付け。
こんなのに3日もかけてちゃダメだ~根を詰めれば1日の仕事だし。
せめて2日で終わらせたい。

07/01/09 2007年初仕事

070109初縫いとしては、昨日学校提出用の雑巾を縫っていますが・・・そんなものブログに書いてもねぇ。

えー、「小さい衿付きのゆったり目でベストポケットは必ずつけてね丈は長目がいいわ」です。
生地幅に合わせて切り替え位置決めて、パターンは出来上がったけど、生地の上に並べてみたら(生地が)ちょっと足りないかも。
きちきちカツカツに裁断したらなんとかなるか。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ