« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

【買い物メモ】ボタンまとめ買い

061226パック売りばら売りあわせて7種、計50個で4623円(消費税含む)なり。
本来ならば、出来上がった服を持ってボタンを買いに行くのが筋なのですが、時間とか値段とか店舗在庫とかの都合で、リスクはありますがわりと使えそうなヤツを在庫として持つことにしています。
手織り布の仕立てが多いので、雰囲気を併せやすい天然素材でちょっとクラフト系の物が多いかな。

購入先:クラフトショップヒント実店舗

06/12/13 ボトルネックのベスト

061213aいつぞやに縫ったコートの残り生地で簡単ベスト。
パターン無しで適当に縫った割には上出来♪アームホールのライン、やや刳りすぎたか。でもまあ許容範囲。
あき無しでは頭が入らないので、左肩ファスナーあきにしてます。依頼主様は釦あきとおっしゃったけど、この厚みで重ね分をとるのはちょっとな~ で、勝手に変更。
ポケットの上端も生地の耳を使って薄く仕上げてます。

06/12/12 裂き織りコートJK完成

061212途中経過はどうなってんだよヲイ。と、むなしくひとりツッコミ。

えーと、たしか
12/8(金)本裁断
12/10(日)表身頃・裏身頃それぞれ縫い合わせる
12/12(火)どんでん・まとめ作業
だったような気がします。

ベースの形はこれで、背中の丸み分を展開して、打ち合わせを深くしてみました。大叔母は寒がり&織り上がりの都合上裏付きの方がよさそうって事で、今回は総裏仕立てです。
生地は黒留め袖をほどいた裂き織り。各パーツを縦に切って織ったので、黒の部分と柄の部分が交互に出て縞模様になってます。地味なような派手なような。

06/12/06 裂き織りコートJK粗裁ち

午前中に裁断用パターンを作って、午後から裁断。
前にも書いたけど、裂き織りはとってもとってもほつれやすいので、生地にチャコで外枠を描いて、ほつれ止めのテープを貼ってから裁断という非常に面倒くさい手順を踏まなくていけないわけで、そのほかにも今回は総裏なので前身頃・見返し・パッチポケット布は全面芯を貼ってから裁断するし、粗裁ちの芯貼り・テープ貼りだけで作業終了。
ここをきっちりやっておけば、縫い始めたら早いと思うんだー。
でも週末納品はもう無理。

06/12/05 裂き織りコートJKパターン修正

061205_1前に縫ったコートジャケットと同じ形でってことで頼まれたのですが(こういう依頼って多いのよ~人様の出来上がりをみて「私もこれがいい♪」ってやつ)依頼主様の体型は全く違う・・・今回のクライアント様は齢八十を超えて、かなり背中が丸いので、後ろ身頃を展開修正。ついでに生地幅に合わせて袖の切り替え位置替えたり前の打ち合わせ深くしてみたり、裏地つけるために裏地用のパターン描いたり、基本同型とはいえ結構な手間でゴワスよ。(すでに同型ではない)

今日はパターン描いただけ。
今週末納品したいけど、無理だろうなぁ


雑事に追われる

割烹着は12/1(金)に完成。特筆すべき点は無し。完成写真も無し。
こんなのいくらでも安くで売ってるのに、わざわざ生地買って、自分で縫うならまだしも人に頼んで仕立ててもらったりしたら高うついてしゃーないやん。と思うとお仕立て代は取りにくいんだよなー。でもあんまり安く言うとまた仕事持ってこられるから、そこそこの金額を提示しておく。

12/3(日)は、インコの夜間保温用の鳥かごカバーを作成。
本日12/4(月)は、義父のぬくぬくベストに袖を付ける。
↑ふたつはどちらも義母の依頼。お昼にモノを渡されて「今晩いるからお願いね」ですよ。
裾上げだの袖丈詰めだの、頼めばすぐにやってくれる人が家に一人いると便利よね(爆)

【買い物メモ】滑脱防止テープとか

061204次の仕事、裂き織りジャケット用に買ってみました。
裂き織りはほつれやすいので、テープ幅が広い方が安定するかなと思って。裂き織りでなくても、手織り布を使うことの多い私には持ってて損はないだろうという判断。
端打ちテープは、実は使ったことなくて。試しに買ってみました。良さそうだったら巻きで買うつもり。
ICテープはドレーピング後の補正用。細いのが好き(1mm幅)

購入先:takatomi

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ