« 06/06/20 下駄箱カバー量産 | トップページ | 【買い物メモ】押さえがね&針板セット »

高密度織物縫製対策・針を変えてみる

今回、保育所の下駄箱カバーを縫うにあたって起きた縫製トラブルのまとめです。

まずは素材を見ていただきましょう。(クリックで大きくなります)
060622sozai
具体的に言うと、第一織物さんのDICROS(ディクロス)という生地です。
マイクロ糸を使用した超高密度織物(メーカー記載)で、コーティングなどによる防水ではなく織り糸の密度を上げることで防水する仕様。高級な傘やレインコートの素材を思い浮かべてくださればよいかと。
写真の通り、超撥水・防水生地です。

で、試し縫いをしたところ、表から見ると美しいのですが裏面にブツブツと織り糸が飛び出し、場所によっては飛び出した織り糸がほぐれたように見えていました。地糸切れか・・・
ここで針を細くし、ニット用に替えてみたのですが(DB×1KN 9番)様子はあまり変わらない。
手持ちの中で一番細い8番に替えてみて、うーん、少しマシになったか。

下駄箱正面からの雨風を防ぐのが最大の目的で、縫い目からの浸水はそれほど気にすることもないだろうと、1枚は縫ってみたのですがやはり納得いかないので、いつもお世話になっている島田ミシン商会のエイジさんメールで相談してみました。

「何か一つの要素だけでトラブルが起きているとは限らないが、、主原因が針にあると仮定するなら、このケースではNSタイプ(パッカリング防止・新合繊用針)をおすすめする」
「生地密度が高く、伸縮はないのですから、ボールポイントにするメリットは考えにくい」

という回答。そういわれてよくよく見れば、糸が切れていると言うよりは糸引け・(裏面への)突き出しが問題の様な気がしてきた・・・でも細かすぎてよく見えない(爆)

ともかく、エイジさんおすすめのDB×1NSの8番と、NSタイプにコーティングを施したDB×1NS ASU9番(化繊用スーパー表面処理タイプ・生地への抵抗値を軽減する効果がある)を注文。

届いてさっそく試し縫い。(クリックで大きくなります)
060622mihon
繊維の突き出しがわかりやすいように、一部糸をほどいてみました。針が細くなると、あきらかに裏面への突き出しがマシになります(無くならないけど)

DB×1 の9番で縫った物と、この中では一番細いDB×1NSの8番で縫った物とを比べてみればその差は一目瞭然。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622mihondai_1

裏面の突き出しが見えやすいようにもう一枚。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622tukidasi
縫い目を山にして折ってみました。繊維の突き出し具合がわかるでしょうか?この写真を見ると、やっぱり地糸切れも起こしてるような気がするなぁ・・・

ついでに、普通の8番とNSタイプの8番を比較。
(クリックでものすごく大きくなります)
060622hari
肉眼でもわかるくらい、NSの方があきらかに細く、針先も鋭いです。

NSタイプのASU9番(化繊用スーパー表面処理タイプ)は9番ということもありますが、見た目に太い感じ。裏面への突き出しも、生地抵抗軽減の効果が見えなかったので今回はパス。

とりあえず、針幹が一番細いDB×1NSの8番を使うことにしました。
これでも裏面への繊維の突き出しを完全には抑えられないのですが、一番マシってことで。

エイジさんとのやりとりの中で、
・シリコン塗布
・針穴の状態
というヒントも戴きましたが、これについてはまた後日。

*追記*
参考までに、ミシン針の情報を。
オルガン針株式会社 新製品情報
http://www.organ-needles.com/japan/product/index.html
pdfファイルで、NSタイプの針のカタログが見られます。

関連記事
高密度織物縫製対策・糸を変えてみる

« 06/06/20 下駄箱カバー量産 | トップページ | 【買い物メモ】押さえがね&針板セット »

コメント

えらい!
やはり貴女は只者じゃないな。

不精な縫製工場の担当に貴女の爪垢を飲ませたい。

お褒めにあずかり光栄です・・・・っが。
小難しく考えてる割には詰めが甘いのが問題だったりします。
この件も、何か基本的なところで大間違いしている可能性もあり。
何か情報がありましたらよろしくです。

針穴、ですか~
あれってやっぱり違うんでしょか?
拙宅のヌーベルには標準で薄物用針板というのが付いてきたのですが、肉眼ではおおっ小さい!と判るほどの違いはありません。並べてみたら判るかな?
いつだったかの機会にその、薄物用に取り替えたのはいいのですが、以来私はデニムでもなんでもそのまんま縫っちゃってます~(^o^;)
最近は根性なしのジョーゼットだの、うっす~いオーガンディだのばかりを縫ってるので、マ、いいのですが。これらを縫う時に、針板を普通・厚物用を使ってみると違いが出るでしょうか。。。

針板に関してはねー 実験してみないとわからない、ってことなんですよ。
んで、買ってみたんだけど(もはや間に合わないけど)ちょっと問題があって。
記事書いたからそれ読んでー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/10634121

この記事へのトラックバック一覧です: 高密度織物縫製対策・針を変えてみる:

« 06/06/20 下駄箱カバー量産 | トップページ | 【買い物メモ】押さえがね&針板セット »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ