« リンク・トラックバック・コメントについて | トップページ | JUKI ロックミシン MO-103 »

JUKI TL-82

jukimishin専門学校生時代に自分で買った職業用ミシン。(直線縫い専用)購入からもうすぐ20年が経とうとしています・・・
もともと足踏み式のものに、モーターをつけてもらってフットコントロールできるようにしてあります。押さえがねも色々揃えました。ニーレバー(膝で押す)で押さえがねが上がるので便利。
見ての通り、常に出しっぱなしの広げっぱなしです。
実際の机まわりはもっととっちらかっていますが(汗)
(1985年購入)   

« リンク・トラックバック・コメントについて | トップページ | JUKI ロックミシン MO-103 »

コメント

JUKI TL-82 
このミシンを中古で買おうか迷っている者です。
ひとつ質問させてください。

帆布のような厚物はどの程度まで縫えるものでしょうか?

分かる範囲で結構です。
ぜひ教えてください。

ちょっとでもこのミシンについての情報を必要としているんです。

とつぜん、こんなメール送ったりして申し訳ありません。

よろしくおねがいします。

首を長くして待ってます。


......

ヨシカワさま

まずはじめに。
ここはお客様は少ないので大丈夫だと思いますが、万が一のトラブル防止のため
コメント内に記載されていたメールアドレスを削除させていただきました。
ご了承願います。

次にご質問のお答えを。
帆布はあまり扱ったことがないのですが、よっぽど分厚いものでなければ大丈夫
だと思います。
このブログで紹介している作品はほとんど全てTL-82で縫ったものです。
厚手の布を使用したものは
デニムオーバーオール
http://tanatomo.way-nifty.com/darlingmishin/2006/04/post_c972.html
デニムパンツ
http://tanatomo.way-nifty.com/darlingmishin/2009/11/post-685a.html
等がありますが、どちらも14oz程度のデニム地(水通し1回)で、縫い代の重なる
ベルト通しつけなどはプーリー手回しで縫うような所もありました。
記事本文にありますように、別付けのモーターをつけているのですが、モーターの
パワーによってここら辺は違ってくるかもしれません。
適切な縫い代処理(余分をカット)と厚物用の針・糸を使うことで、普通に売られている
生地には対応できると思います。
ヨシカワさまがどの程度の生地でどんなものを縫うのを想定しているのかわからないので
何ともお答えするのが難しいのですが、まあこのブログ紹介している程度のものは
縫えますよって事で。
こんなんでおわかりいただけますでしょうか?

ご回答どうもありがとうございました。
デニム地の参考画像の方も、拝見させていただきました。
できたら6号帆布に革を縫いつけたりしたいとも思っています。
本当は工業用の上下送りミシンこそ「本命」、なのですが、何分今は場所も予算も持ち合わせておりません。そこで、まずは少しずつ…と思い、いろいろなミシンを探して来た結果、こちらのJUKI TL-82に目が止まったんです。
たなかさんからのコメントを読ませて頂いて、まずはじめはあまり気負わずに
11号や9号程度の帆布から扱っていくことも考えようかな?と思いました。

たいへん参考になりました。

本当にこの度はどうもありがとうございました。

たいへんに嬉しかったです。。
これからもたくさん良いもの、作り続けていって下さい。
またときどきたなかさんのブログ、覗きに伺います。


ヨシカワ

★ヨシカワさま

6号帆布に革ですか。バッグを作るのでしょうか?
2枚を合わせて縫うだけなら、結構な厚みのものまで大丈夫だと思いますが
やっぱり「縫い代の重なるところ」と「段差」が問題かなと思います。
今までいろんなもの縫ってきましたが、「これは縫えない・・・」ってのは
なかったです。工夫次第でなんとかなるもんです。
自分が使っているからというわけではないけど、TL-82はいいミシンだと
思いますよ。
そしていつかは工業用ミシンを!

またお気軽にコメント書いてくださいね。

はじめまして
大阪でファッションの勉強している学生です。

つい最近、知人からTL-82をゆずってもらいました。
ただ、モーターの動力をミシンに伝えるベルトが無い状態で
実はまだなにも縫えていません 笑
いまのことろ、ベルトがホームセンターで入手できることだけは
わかったのですが、規格の数がすごくて。。
お店の人にもきっちり規格を合わせないと機械の故障の原因になると
いわれました。
知人も10年以上放置の状態だけに、製品の内容を示す用紙ない
状態で、、
よろしければ、わかる範囲で使用中のTL-82のベルトの規格を
おしえていいただけないでしょうか?

突然、こんなメールすいません。
返事をいただければ、非常に幸いです。
よろしくお願いします。

カドタさま

えーと、足踏み用のベルトではなく、別付けのモーターのベルトのお話ですよね?
先ほど確認しましたところ、うちのミシンについているモーターは「YDK YM-61」でした。

こちら参照してください
http://victorkk.com/product/shosai/code/9112601.html

このモーターがついているなら、ベルトは35センチ(MB-350)ですね。
自分が使っているからというわけではありませんが、TL-82はいいミシンだと思います。
うまく縫えるようになるといいですね。ファッションの勉強がんばってください。

JUKI TL-82の足踏みミシンをミシンの修理販売店で見つけ、
購入予定なのですが、質問させて下さい。

1.アタッチメントのボタンホールの器具を装着してきれいにぬえますか?

2.今家庭用の足踏みミシンを使っているのですが、同じ足踏みでも
  家庭用に比べ パワーはかなりあるのでしょうか?

  どこかで足踏みミシンは家庭用も職業用もあまり馬力に差はないということを  読みました。角に期待するのも期待はずれになると悲しいので・・。

  

お時間があるときにでも教えて頂ければと思います。

ヤマモト様

1.ボタンホーラーは持っていないのでわかりません。すみません。

2.このミシンを買う前、母の嫁入り道具だったシンガーの足踏みミシン(家庭用)を
 使っていました。学校の課題でステッチを活かしたデザインを縫うことになって、
 それを機にこのTL-82を買ったのです。それまではあまり厚物を縫うことがなかったので
 足踏みミシンのパワーはどうだったかなぁ?もう20年以上前の話なので、はっきりと
 お答えするのは難しいです。
 でもシンガー足踏みでも「縫えない!」と思ったことはないんですよね。
 職業用の良さはパワーがどうこうよりも、豊富なアタッチメント類や用途に応じた
 ミシン針が選べるところにあると思います。
 
ご期待に添えずに申し訳ありません。それでもTL-82は名品だと思います。

はじめまして。
TLー82のミシンを買ったのですが、糸の調節が全く上手くいかなく、上糸がキレたり下糸がぐちゃぐちゃになったり全然調子よく縫えません。
主にジーンスなどの裾直しに使いたいのですが、2つ折りした一番分厚い山も糸が切れてしまったりして縫えないです。

糸は厚地用スパンミシン糸、針は16を使っています。

どうしたら上手く糸調子がとれるのでしょうか?
ド素人なのでなにをどうしたらいいのかわかりません。

また糸のかけ方で糸調子のツマミ後ろにかけるのか、その後ろの細い部分の糸調子皿の間にかけるのか?どちらにかけるのでしょう?

教えてください。お願いします。

★大西さま

TL-82を最近購入されたと言うことは、中古品ですよね。
まず、動作確認をした上で購入されましたか?実際縫ってみた、もしくは
縫製サンプルが付いていたなど、「縫える状態」のものを買ったのかどうかです。

縫える状態のものなのに糸調子が上手く取れないのは、糸通しが間違っている
可能性が高いです。
お手元に取扱説明書はありますか?
糸調子皿に糸を通すときは押さえを上げた状態で(糸調子皿が開きます)
かけて下さい。
厚手の生地×太い糸の場合、糸調子をかなりきつめに調節しないときれいに
縫えないことが多いです。

針は職業用専用のものを使っていますか?(DB品番)
針の取り付け方向も良く確認して下さい。
長い溝がある方を左手に、糸は左から右に通して下さい。

これまで書いたこと、全部やってるわよ!という場合は、私にはお手上げです。
お近くのミシン店に相談して下さい。

こんにちは。大西です。
ご丁寧にお答えいただきありがとうございます。
どうやら糸通しが間違っていたようで糸通皿の手前部分に通していました・・・

ただ、それに気づかず糸調節ができないと思い、説明書に書かれている糸取りバネの調節や糸調子のツマミなどいろいろ回したりしてしまったので、
元に戻らなくなり今困ってます。

このミシンはオークションで中古購入しました。
縫製のサンプルは付いており調節済みでしたので私がおかしくしてしまったのだと思います。
最初はキレイに縫えてましたので・・・

やはりミシン屋さんにみてもらった方がいいでしょうか?
それとも何かいい方法がありましたら教えてください。

★大西さま

糸とりバネも触ってしまいましたか。
取説にも一応調整方法がかいてありますが、正直、私もそこは触ったことがありません。
取説を見ながらいろいろ試行錯誤してみるか、わからないならプロの手を借りるのが
一番確実です。

お役に立てなくてすみません。

たなか様
こんにちは。大西です。
何ども質問してしまいスミマセンでしたm(_ _)m
糸取りバネもたぶん触っています。。。。
ミシン屋さんにお願いしてみようと思います。

いろいろとありがとうございました。
とても参考になりました。
またわからないことがあれば教えてくださいね。
失礼します。

以前質問させていただいた山本ともうします。
オークションでTL-82を買って、ミシンやさんで調整してもらいました(結局新品の
職業用が買えるくらい費用かかってしまいましたが、あこがれのTL-82は
どっしりしててかっこいいですね。
アタッチメントを色々物色していますが、バインダー押さえというのでしょうか?
バイヤステープを付ける時に使う器具ですが、もしお持ちでしたら、どういうのが使いやすいのかご教示頂ければと思います。

山本さま

バインダーについては正直私も詳しくないのですが
バインダー用の押さえは2通りあるようで
こちらを参考に
http://item.rakuten.co.jp/andomishin/c/0000000234/

段付きのものの方が段差がガイドになって安定して縫えるとなってます。
(値段も高い)
テープ巾に適合する押さえで、段付きかナシかを選べばいいのかなと
思います。
私が持っているのは三巻回転ラッパ(専用の押さえがセットになってました)と
2つ折りテープのバインダーだけなのですが、←このときは段付きの方を
買いました。
三巻の方の押さえも段付きタイプなので、どちらがどうとか比べられないです。
買うときに、お店の方に相談してみてはどうでしょう。
役立たずで申し訳ないです。

はじめまして 

JUKI TL-82 の取り説が欲しいのですがHPを見ても古すぎるのか
見当たりません。

ここ数年間はボタンホールがしたくて中古の家庭用ミシンを使っていたのですが、壊してしまいTL-82を取り出してきて“ボタンホーラー”を購入し挑戦中!

縫えたり、糸が切れたり、針が折れたりと散々な目にあってます糸通しとか間違ってるのでは?と(ρ_;)
そこで取説の必要性を感じたのですがこのミシンが長く押入れに眠っていたので取説も行方不明down
入手方法をご存知なら教えてください。

壊した家庭用からTL-82に変えた時の縫い心地のよさは目を見張るものがありました。たなかともこさんの「ともかく良いミシンです。」の言葉に賛同しますhappy01

国沢さま

お返事遅くなってすみません。
取説そのものは4ページほどのペラッとした簡単なものですから
たいしたことは書いてないかと。
上糸の通し方や下糸の巻き方などごく基本的な使い方だけなので
一般的な「職業用ミシンの使い方」で間に合いそうな気がします。
きちんと縫えていた時期があって、今調子が悪いのですよね?
釦ホーラー使用時にのみトラブルが出るのなら、ホーラーの方に問題有り。
普通に縫う時にもトラブルが出るようでしたら、まず確認するのは

・ミシン本体
 送り歯や糸調子皿にゴミがたまっていないか
・ミシン針(DB)
 針は曲がっていないか、取り付ける向きは正しいか、取り付け位置を
 奥まできちんと納めているか、生地にあった太さのものか
・糸調子
 糸調子は適切か、糸の通し方が間違っていないか、ボビンの向きは
 正しいか

この辺をチェックすればだいたいいけると思うのですが。
長いことしまい込んであったなら、油ぎれなどもありそうですね。
本気で使うならいちどオーバーホールに出されてもいいかもしれません。
お返事遅い上にあまりお役に立てずにすみません。

詳しいご説明ありがとうございます。
縫い心地がよかったのは出してきたばかりの時です。

何度かチェックしたのですがお返事が無かったのでミシン屋さんにも問い合わせました。
送料込みで735円ということ。
気持ちは注文しよう! 
が、まずはこちらを再チェックしてから、と思って見たところです(笑)
4ページですか~~ 悩みますね。
個人的には取説好きなもんで・・・・・
たなか様に教わった順にやってみて、うまくできなかったら取説購入とします。

ご丁寧にありがとうございましたm(_ _)m

国沢 淑代

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171523/9236655

この記事へのトラックバック一覧です: JUKI TL-82:

« リンク・トラックバック・コメントについて | トップページ | JUKI ロックミシン MO-103 »

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ