トップページ | 2006年4月 »

七彩 FairLady(9A)(17AB)

Body勤め人時代からの愛用ボディ。
退職後、会社で体型の見直しがあり、それに伴って従来のボディを処分することになり、その時に格安で譲ってもらいました(1997年)。
他社のものと比べ、腰骨や肩胛骨のあたりが張っていて(実際の人の体型に近いということ)ものづくりの面から言えば「使いにくい」、できあがった物は「着やすい」という、なんともめんどくさいヤツです。

2003年にはLサイズも仲間入り。首のところに13(size)と書いてありますが、実はJIS規格17ABなのです。
首を前に倒した会社別注品です。

ふらっとろっく BL72S

flockついに買ってしまいました♪カバーステッチ専用機です。
島田ミシン商会様にバインダーの調整をしていただいてます
(注・本体購入者のみのサービスです)
これで既製品のごとく美しいTシャツがばんばん縫えるはず~(妄想)
(2004年9月購入)

ジューキベビーロック BL4-838DF

lock2ニットソーイングをするようになって、下のMO-103では物足りなくなってしまい、2本針4本糸の機種の購入を決意。
機種選定では島田ミシン商会様とまこん様にお世話になりました。
エアスルーなどの便利な機能はありませんが、昔のモデルのことを思えば、糸通しは楽々~ 糸通しガイドが付いてます。
押さえ金のセットも購入したけれど、あまり使いこなせてません・・・
(2000年9月購入)

エレクトロラックス・プリズマ990

huskスウェーデン製のミシン。海外では「ハスクバーナー」の名称で知られています。
ジグザグミシンが欲しいと思っていたときに、たまたま訪問販売でうちに来たセールスマンの口車に乗ってローンで買ってしまいました。
話によると、手入れ不要の故障知らず、50年は使えるそうです。とりあえず15年使ってますが、故障したことはありません。とは言っても、ボタンホールやジグザグステッチ・飾りステッチなどでしか出番がなく、あまり使いこなされていないのが現状です。
職業用を使ったあとでもあまり違和感なく使えるので、きっとパワーはあるんだと思われます。
cardピクトグラム(刺繍機能)を使用するときは、本体右の部分のカセットを取り替えます。(カセットはリバーシブル)
通常は一番左のカセットをセットして縫います。その隣はひらがな、次は模様縫い・特殊なボタンホール、一番右はアルファベットに使用します。
模様縫いをうまく組み合わせることで刺繍(と呼んでいいのか)も楽しめます。・・・と、説明書に書いてあります。
(1989年春頃購入)

関連記事:驚愕のボビンケース価格

JUKI ロックミシン MO-103

lock学生の時からずっと欲しいと思っていたけれど、当時はお金が無くて就職してから買いました。当時の一般的な品、1本針3本糸です。ほとんどの生地に糸調子を変える必要もなく、きれいに縁かがりできます。
なんせ昔のものなので「自動糸通し」「差動送り」などの機能はありません。糸色を変えるときは、糸をはずさずに上の方でカットして新しい糸とはた結びしそのままから縫いします。(結び目がほどけると悲惨・・・)
アタッチメントを交換することで巻き縫いも可。(したことないけど)
今はさをり織りの教室で第2の人生を送っています。
(1987年5月購入)

JUKI TL-82

jukimishin専門学校生時代に自分で買った職業用ミシン。(直線縫い専用)購入からもうすぐ20年が経とうとしています・・・
もともと足踏み式のものに、モーターをつけてもらってフットコントロールできるようにしてあります。押さえがねも色々揃えました。ニーレバー(膝で押す)で押さえがねが上がるので便利。
見ての通り、常に出しっぱなしの広げっぱなしです。
実際の机まわりはもっととっちらかっていますが(汗)
(1985年購入)   

リンク・トラックバック・コメントについて

リンクはどこのページでもご自由にどうぞ。連絡も不要です。
ただ、悪意を持っての紹介はいやです。

記事内容の引用もOKですが、前後の文脈を無視して一文だけを抜き出し、結果的に誤解を招くようなやり方はしないでください。

記事内容に関係のないトラックバックは削除することがあります。コメントも同様。
うちはあまりアクセス数多くないので、宣伝目的ならあまり意味がないですよー。

コメント・トラックバックの重複はこちらで適当に削除させてもらいます。削除依頼のコメントは不要です。

blogダーリンミシンの正しい活用法

サブタイトルに「極私的ソーイング虎の巻」とありますように、こちらではソーイングに関するあれこれについて「私は」こうやってます・「私は」こんなの使ってます・「私は」こんな工夫をしてます・「私は」こうして(以下略)など、私の個人的見解をつらつら書き連ねていくつもりです。
もしかしたら皆さんの役に立つかも知れないし、何かの参考になるかもしれません。

が。
ソーイングと一口に言っても人それぞれ、体型も違えば使うパターン選んだ生地ソーイング経験器用不器用買ったミシン好みのシルエットも千差万別。私のやり方が絶対に正しいとは言えません。というより、絶対的な正解など無いのです。

というわけで、
「ふーん、こんなやりかたもあるのねぇ」「へ~、こんなことする人がいるのかー」「はぁー、こんな考え方もあるのか」ぐらいの軽い気持ちでご覧ください。ご利用は自己責任で。

各記事に対する質問や疑問点は、コメント欄にどうぞお気軽に~。
記事と関係ないお話には右サイドバーにあるBBSをご利用ください。

ご挨拶

ようこそいらっしゃいました。blogダーリンミシン管理人のたなかともこです。

1999年4月にソーイングサイト「ダーリンミシン」を開設し、ソーイング作品など紹介して参りましたが、最近は忙しさにかまけてほとんど日記しか更新されない状態でありました。
日記は更新できているわけだから、blog形式ならもうちょっと頻繁に更新できるかも?と、本家サイトはお休みにして、blog形式で新たにスタートです。

これから追々、過去のページの焼き直し記事を書き連ねていくことになると思います。
実は過去にもこのタイトルでblogを作ったことがあるのですが、本家サイトとどっちつかずになり、皆さんに見ていただくこともなく消してしまったことがありまして・・・ 今回は本家サイトをお休みして、まさに背水の陣(大袈裟) いえいえ、ちょっとでも楽しようという安易な気持ちで、細く長く続けていくための再スタートです。

こちらのblogダーリンミシンでは主にソーイング作品の紹介と四方山話・あとはソーイング関係で役に立つ記事を書いていきたいなあと思っています。
私のぐうたら日常はいままでどおり「つれづれ縫い縫い日記」の方で綴っていくつもりです。
日記の過去ログで役に立ちそうな話・反響の大きかった話題はこちらにぼちぼち再録していく予定。 ちょっとでも誰かの参考になりそうな話(虎の巻)&ソーイング作品制作過程自分メモ(備忘録)などはこちらで、なんの役にも立たない馬鹿話はあちらで、という感じですかね。とか何とかいいつつ、そのうち統合するかも知れませんが。

いつまで続くかわからない実験ページのようなものではありますが、しばらくおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。

更新情報

  • 10/10/15
    Twitterはじめてみました。つれづれ縫い縫い日記の更新がどうも面倒で(爆)気軽につぶやいていくつもり~

つぶやき

最近のトラックバック

2014年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

こちらもご覧ください

thank you

無料ブログはココログ